新年の会社の挨拶メールの例文!社内や上司・社外など|いつまでに出すかも紹介

年始に出勤して、まず溜まっているビジネスメールを返すということが多いですよね。

年始の挨拶メールは、新しい年を迎え昨年お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える大切なことです。しっかりとした挨拶メールを送ることで、相手の評価もアップするかもしれませんね。

年始初日の出勤が挨拶メールだけで終わってしまわないように、例文を参考に内容を考えておくと良いでしょう。

どんな挨拶メールを送れば良いのか、相手別の例文をご紹介したいと思います。

どんな新年の会社の挨拶メールの例文をご紹介

新年の挨拶メールは、とても重要です。相手にとって失礼のないようにメールの文面を考えましょう。

例文を参考にすると良いでしょう。

社内向けの挨拶メールの例文

「明けましておめでとうございます。年末年始はゆっくり静養されたことと存じます。

昨年は大変お世話になりました。私が担当しましたプロジェクトでは、みなさまの多大なご協力のおかげで、無事目標を達成することができました。深く感謝しております。引き続き、プロジェクト拡大に向けて邁進してまいりたいと思います。

本年も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。」

 

「新年おめでとうございます。
今年は企業の真価が問われる年となります。この1年が正念場だと心得て、私も精一杯努力していく所存です。全員の心を一つにして共に頑張りましょう。
今年もよろしくお願いいたします。 平成○年 正月」

上司向けの挨拶メールの例文

「○○課長
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。総務部の**です。

旧年中は公私に渡り、たいへんお世話になりました。今年もご期待に添えられるよう、より一層努力していく所存でございます。本年も変わらぬご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 平成○年 正月」

 

「新年おめでとうございます。昨年は○○部長には大変お世話になりました。

新しい部署で不慣れなことが多かった私に対し、熱心にご指導いただきありがとうございます。今年は○○部長の働き方を見習い、より成長していきたいと考えております。

本年もご指導の程よろしくお願いいたします。 平成○年 正月 ***(自分の名前)」

 

社外向けの挨拶メールの例文

「株式会社○○部 *****様

謹賀新年
昨年は格別の御厚情を賜り、御礼申し上げます。

本年も社員一同、みなさまにご満足いただけるサービスを心掛ける所存でございますので、何卒昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

みなさまのご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年は○月×日から通常営業をさせていただきます。   平成○年 正月」

 

「お取引様各位
新年おめでとうございます。

昨年は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

メールにて誠に恐縮ではございますが、本年もより一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げ、年始のご挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 平成○年 正月」

 

新年の会社の挨拶メールはいつまでに送れば良いの?

新年の挨拶メールは、年賀状と同様1月7日(松の内)までに送ることが一般的だといわれています。

地域によっては、1月15日(小正月)までに送ることもあります。どちらまでに送れば良いか分からないという方は、松の内までに送るようにしましょう。

一般的な期間は、上記のようになっています。

しかし、年が明けてなるべく早いうちに送るのがベストです。仕事始めの日に送るほうが良いでしょう。

遅くなりすぎると失礼になりますので気をつけましょうね。

特に取引先への挨拶回りをする前に、取り急ぎとして新年の挨拶メールを送っておきます。挨拶メールで新年の挨拶回りのアポイントを取っておくことも良いと思いますよ。

送る時間帯にも気をつけましょう。

メールはお互いの都合に合わせて用件を伝えることができます。しかしメールだからといって、いつでも良いわけではありませんよ。10:00~17:00の間がベストだと思います。

できるだけ日中の明るい時間帯(午前中など)に送ると良いと思います。早朝や夜遅くに送るのは非常識な行為なのです。

スポンサーリンク

挨拶メールを送るときのポイントは?

ビジネスでの新年挨拶メールは、友達に送るようなものとは違います。以下のポイントをしっかり抑えて、相手にとって失礼のないようにしましょうね。

スポンサーリンク

「賀正」「迎春」などの賀詞はNG

年賀状でよく使う賀詞。賀詞には、相手によって使い分ける必要があるのです。

「賀正」や「迎春」などの2文字の賀詞は、目下の人に使うものとされています。

それを知らないで使ってしまうと、常識がないとマイナス評価になってしまうので、気をつけましょう。

「謹賀新年」や「恭賀新年」・「謹んで新年のお祝いを申し上げます」などの賀詞を使います。この賀詞なら、目上目下に関係なく使うことができますよ。

また「明けましておめでとうございます」も間違いではありませんが、少し子どもっぽい印象を与えてしまいます。

目上の人に向けて使える賀詞を使うだけでも、しっかりとした印象を残すことができますよ。賀詞は一番初めに目にする言葉なので、メールの印象を左右するといっても良いでしょう。

「去年」は使ってはいけない?

年賀状では、忌みの言葉を避けることがマナーになっています。「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「失う」「病む」などの縁起の悪い表現を避ける必要があるのです。

「去年は大変お世話になりました」などと書いてしまう人もいますが、「昨年」「旧年」などといった使いまわしをするようにしましょうね。

挨拶メールだけでなく、年賀状にもあたる失礼な表現として知っておくと、良いですよ。

元旦の使い方

年賀状でよく「平成○年 元旦」と書くことが多いですよね。「元旦」の意味を理解して使っていますか?

「元旦」は新年初め(1月1日)の朝という意味になります。1月1日の朝ではないのに「元旦」と使ったり、「一月一日元旦」という表現をしたりするのは誤りになりますので、注意しましょうね。

一斉送信は絶対にしない

共有する情報を「CC」や「BCC」などで送付することが多いと思います。しかし新年の挨拶メールは「CC」や「BCC」を使って一斉送信することは、絶対にやめましょう。

相手にも一斉送信メールだということが分かり、大変失礼な行為にあたってしまいますよ。ちょっとしたことかもしれませんが、ビジネスマンとして差が出てしまうポイントでもあるのです。

たくさんのメールを送らなければいけないときには、面倒かもしれません。本文はコピーしても良いのですが、件名や宛先は相手に合わせたもので送ることが大切ですね。

件名も「新年のご挨拶」とするだけではなく「新年のご挨拶 株式会社○○ ***より」と相手が誰であるのか分かるようにすると、とても親切だと思います。

<件名他の例>

「年頭のご挨拶 有限会社**:○○(名前)」
「新年のご挨拶を申し上げます 株式会社○×:**(名前)」

<依頼があるとき>

「年始のご挨拶とご依頼 株式会社○○ ***より」
「新年のご挨拶とお願い 有限会社×× ***より」

宛名は正しく

宛名はしっかりと明記しましょう。肩書きや役職がある場合は、必ず名前の前に書きます。相手の名前をフルネームで書くとより丁寧な印象を与えることができますよ。

また個人宛のメールの場合「御中」は使うことができませんので、注意が必要です。

<例>
「株式会社*** 代表取締役 ○○××様」
「株式会社*** ○×部 部長****様」
「有限会社○×御中」

メールでの新年の挨拶不愉快に思う上司もいる?

新年の挨拶は、直接足を運ぶのが礼儀とされてきましたが、最近ではメールでの挨拶が一般的になってきました。

しかし、中にはまだメールでの挨拶を良く思っていない人がいることを忘れてはいけません。

仕事始めの前にまずは年賀状で挨拶をする人が減っています。最近は個人情報保護の観点から、直属の上司でも住所を教えてくれない人もいます。その場合は、メールでの新年の挨拶になってしまっても仕方がありません。

しかしそうでない場合は、こちらから上司や目上の人に住所を聞いておくことが必要になりますよ。年賀状を送らずにメールで新年の挨拶を済ませると怒る上司もいるということを心の隅においておくと良いでしょう。

年賀状でもメールでも、上司・目上の人には失礼のないように、しっかりしたものを送りましょうね。新年から自分の評価をさげないようにすることも大切ですよね。

まとめ

新年の挨拶メールのポイントをしっかり抑えて、これからも相手側と心地の良い関係を築いていきましょう。

たった一通のメールですが、常識やマナーがなっていないと今後の取引に影響が出る場合もあるでしょう。顔が見えない分、メールには慎重にならなければいけませんね。

日頃からビジネスマナーを心得ておくことで、いざというときに必ず役に立つと思います。