入園式のママの服がスカートやワンピースなら丈の長さは?マナーなど

入園式はお子さんにとってもママにとっても、集団生活を迎えるための第一歩です。お子さんは決まった制服があるからいいとして、ママはどのような服装で行ったら良いのか悩みますよね。

ママになっても、きれいでおしゃれでいたいという女性も多いでしょう。しかし手持ちのワンピースは、若いときに着ていたものだから丈が短いかな?ちょっと飾りが派手かな?なんて周りの目も気になりますよね。

入園式にふさわしいママの服装ってどんなものなのでしょうか。マナーも合わせてご紹介したいと思います。

入園式のママの服装がスカートやワンピースなら丈の長さは?

膝が隠れる(ミモレ丈)のものを選ぶと良いでしょう。

膝上のスカート丈が短いものは、周りの人からも浮いてしまいますよ。イスに座ったり立ち上がったりする状況なので、スカート丈は長いほうが安心ですね。

特に下に兄弟姉妹がいる場合は、抱っこすることも想定されます。極端に短いスカートは、場にふさわしくないので辞めましょう。

周りの保護者からも「非常識な親」というレッテルを初日から貼られてしまったら、大変ですよね。子どもの友達づくりにも関わってくることもありますよ。

また反対にふくらはぎくらいの丈の長いスカートも動きづらいでしょう。丈が長いことは安心なのですが、階段を登ったり自転車に乗ったりする状況を考えてみてください。ちょうど良い長さのスカートを選びましょうね。

入園式のママにふさわしい服装ってどんな感じ?服装のマナーは?

入園式のママのスーツやワンピースは何色を選ぶ?

入園式の主役は「子ども」です。ママは、豪華な服装をする必要はありません。

しかし、普段着で出席するわけにはいきませんよね。せっかく子どもにとって晴れの日ですから、セレモニースーツやワンピースなどのインフォーマルを用意しましょう。

スーツというと、黒や紺、グレーなどが無難ですが、入園式の季節は春です。パパのスーツは濃い色になりますから、ママは明るい色を選ぶと良いでしょう。

ベージュや淡いパステルカラーがベストだと思いますよ。また季節感も大切にしましょう。ツイードなどの冬っぽい生地は避けたほうが良いですよ。

色濃いワンピースでも上に明るい色のジャケットを羽織るだけでも、だいぶ印象が変わります。また濃い色のスーツでもコサージュやアクセサリーをつけるだけでも、華やかさが演出できるでしょう。

入園式のママにはコサージュって絶対必要なの?

必ず必要というわけではありませんが、コサージュがあるととても華やかになります。一気にセレモニーにふさわしい服装に仕上がるでしょう。

コサージュは「相手に喜びを伝える」という意味があります。コサージュの相場は3000~5000円くらいで少し高いですが、門出をお祝いする気持ちで1つ用意しておくと、何かとつけることができますよね。

コサージュの色は、黒は喪を表わすので避けましょう。またラメやビジューがついているものも華やかで素敵なのですが、入園式には控えましょうね。

大きくて華やかなものより、小さく控えめなコサージュのほうが入園式には向いていますよ。そして一般的にコサージュは、左胸につけるとされていますが、特に決まっているわけはないので工夫してみても良いでしょう。

スポンサーリンク

入園式のママの靴はどんなものを履いたら良い?

靴とバックの色を合わせると、全体的にまとまりますよ。たいていは、靴は脱いでしまいますので、カジュアルすぎず服装に合ったものを選べば大丈夫です。

寒い地方はロングブーツやファーのついたものを履きたくなりますが、避けたほうが無難です。雨の日のレインブーツもあまり好ましくありませんが、入り口で脱いでしまうのなら良いかもしれませんね。

足元が濡れないためにもその方が懸命かもしれません。あまり気にしすぎる必要はありません。

入園式のママのバックはどうする?

バックは、パーティバックのように煌びやかなものではなく、皮や布の無地のバックが良いでしょう。肩にかけるタイプより、ハンドバックのほうが無難です。

またスリッパや配布物もありますから、A4サイズが入るくらいのサブバックがあると重宝しますよ。あまりに大きすぎると、会場で邪魔になってしまう場合もありますから注意しましょうね。

幼稚園や保育園によっては、保護者の荷物置き場を用意してくれていることもあります。事前に確認してみましょう。

入園式のママのタイツやストッキング

黒は喪を連想させるので、基本的にはベージュを選びましょう。

また柄や網タイツはふさわしくありませんので、絶対に辞めましょうね。伝線してしまったときに、すぐ変えられるよう予備のものを用意しておくと良いでしょう。

入園式のママのアクセサリーやヘアスタイル・メイクは?

アクセサリーはコサージュをつけているので、パールネックレスやピアスなどで十分ですよ。あまり華美になり過ぎないようにしましょう。

ヘアスタイルは、長い髪の毛はまとめて行きましょう。ハーフアップでも清潔感が出るので良いと思います。

メイクは、あまり濃くなりすぎないように気をつけましょう。誰にでも好感を持たれるようなナチュラルメイクが良いですよ。初日から化粧に気合を入れすぎて、話しかけにくいムードを作ってしまったら大変ですよね。

入園式での親の立ち振る舞いについて

服装のマナーをきちんと守っていても、当日の振る舞いが非常識な行動であったなら、全てが台無しになってしまいますよ。ポイントになるのは以下の3つです。

・入園式は子どもたちが主役です。
・自分の子どもだけが主役ではありません。
・周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。

当たり前のポイントですが我が子を溺愛するあまり、周りが見えなくなってしまう保護者もいますよ。

これから友達になるお子さんたちやその保護者の方々です。付き合っていくことになりますから、悪目立ちしないようにしましょうね。以下のようなあからさまな態度もいけませんよ。

・我が子を見たいがために立ち上がってしまう
・カメラを持って我が子のベストポジションを探して動く
・式の最中にも関わらず、我が子に話しかけたり手を振ったりする

自分の子どもが1番かわいいという親心は、十分に分かります。しかし、常識のない保護者は冷ややかな目で見られるでしょう。

親元を離れて、子どもを構いたくなったり写真に納めたりしたいと思いますが、そっと我が子の晴れの日を見守りましょうね。保護者の身勝手な行動は絶対にいけません。

入園式での常識マナー

・携帯電話やスマートフォンはマナーモードにしましょう。
・話したり大きな声を出したりするのは辞めましょう。
・会場から無意味に出たり入ったりするのはやめましょう。

これは、入園式のみならず当たり前のマナーですよね。常識のある行動を心掛けましょうね。

まとめ

保護者にとって華々しい日である入園式。これから始まる集団生活の第一歩ですよね。

保護者の服装やマナーによって、初日から悪い印象が出来てしまうと大変ですよ。これからの友達付き合いに影響してくることもあります。

常識を守って無難なスタイルが良いかもしれませんね。清潔感を大切にして、好感が持てるような服装で出かけましょう。

⇒入園式の父親(パパ)の服装は?スーツやネクタイの色・柄や靴・髪型など