赤ちゃんの新幹線での抱き方!抱っこ紐がいい?オムツ交換や席のことなど

赤ちゃんを連れて新幹線を利用する際に悩みは沢山ありますよね。

「電車内で泣き出しらどうしよう〜? 」

「オムツ交換はどこでやればいいんだろ?」とママの悩みは尽きません。

泣く時にあると便利なのが「抱っこ紐」です。赤ちゃんの新幹線内での「抱っこ紐」の利用の仕方やママから人気のある商品ついてご紹介させて頂きます。

さらに、車内でのオムツ交換や座席を取る際のポイントも一緒に見て行きましょう。

新幹線に乗るときに抱っこ紐は必要?

結論から言うと必要です。電車を乗り降りする際に抱っこして移動した方が楽ですよ。

抱っこ紐で移動した方がよい訳3つ

1、赤ちゃん連れでベビーカーを畳んだり、組み立てるのは大変。

2、赤ちゃんに加え、着替えやおむつ、おもちゃと荷物がたっぷりあるので、ベビーカーよりも抱っこして移動した方が楽。

3、ベビーカーだと「邪魔!」扱いされ、周囲の冷たい視線も気になる部分。

 

目的地でベビーカーを利用したい方もいるでしょう。しかし、その場合でも抱っこ紐は必要です。

駅や新幹線内で抱っこ紐が、必要な訳2つ

1、赤ちゃんがぐずった時にあやすため。2、駅や電車内は、人も多く赤ちゃんも落ち着きません。抱っこ紐でママとピタッと密着することで、ぬくもりを感じられるので赤ちゃんもリラックスできるため。

 

長時間の移動に先輩ママおススメの抱っこ紐

抱っこ紐も用途や月数に応じて、いろいろな種類があります。

こればかりは、ママの体型などもあるので実際に店舗で試着して、使い勝手を踏まえて購入しましょう!

長時間に渡る新幹線の移動ということで、お子さんの首に負荷が掛からず、さらにママからも好評のものを2点ほど御紹介させて頂きます。

ベビービョルン

・対象年齢は、新生児〜3歳まで
・首が座らないお子さんに使える。
・使っていて体が楽
・前向き抱っこをはじめ4通りの使い方できる
・安定性があり、しっかりしている

ニンナナンナ(コンビ)

・生後1ヶ月〜3歳まで
・横抱きをはじめ、用途に応じて4通りの使い方ができる
・ホールドベルトでしっかりと支えられる
・日本人の体系に合わせて設計されており、フィットしやすい

新幹線の中でぐずった時のことを考えると、横抱っこできる物が断然便利というママも多いです!

逆に赤ちゃんによっては、ママと向かい合う縦抱っこがいい子もいます。お子さんの好きな方法で抱っこしてあげましょう。

スポンサーリンク

オムツ交換は新幹線の中のどこでするの?

時々目にするのが、新幹線内でオムツ替えをされている、ママの姿です。

他のお客さんが、気分を害することもあるのでマナーとして控えましょう。

以下の3つの場所を使うといいです。

多目的室

・広々としているので月数が大きい赤ちゃんでもオムツ替えが楽に行える。

・授乳もできるので人目を気にせずに済む。

・利用する時には車掌さんの認可が必要。ただし、捕まえにくいので販売スタッフなどに声を掛ければOK。

・あくまでも体調が悪い方優先なので使えないこともある。

 

多目的トイレ

・多目室の側にあることが多い。

・普通のトイレよりも広いのでオムツ替えが楽。

・ベビーキープがあるので、ママがトイレをする時にも使える。

・オムツダストがある。

 

トイレ

・扉に「赤ちゃんのマーク」があるのが、オムツの交換台が設置されているトイレ。

・乗車する新幹線により、トイレがある車両が異なるので、事前にチェックしておく。

・おむつ替えの台が狭いので、月数が大きい赤ちゃんは辛い。

・北陸新幹線では、ベビーベッドも設置されている。

 

乗車する新幹線により設備などは、かなり異なります。

利用される前にネットなどで一度確認しておきましょう!

赤ちゃん連れで乗る場合の新幹線のおすすめの席は?

意外と長く感じられるが、新幹線の移動!

赤ちゃんと少しでも快適に過ごすためには、席にもポイントがあります。指定席、自由席に分けて見て行きましょう!

指定席のポイント

・多目室や多目トイレがある車両を選ぶ。

・座席は、一番後ろか一番前がおすすめ。足下がゆったりとしていて、荷物や折り畳んだベビーカーを収納しやすい。赤ちゃんが泣いた時にデッキにすぐ出てあやしやすい。

・窓際だと景色を見せて、すれ違う電車に「バイバイ」などしてご機嫌をとれる。

 

ただし、指定席だとママやパパの膝の上で、ずっと過ごすことになりますね。

ゆったりとお子さんを寝かしたり、遊ばせるにはもう1席欲しいですが、指定席だと赤ちゃんでも運賃を取られてしまいます。

そんな時には、時間帯や乗る電車を選べば、自由席でしっかりと赤ちゃんの席を確保できます。

自由席のポイント

・新幹線の時間帯などによっては、比較的空いていることもあるので、赤ちゃんの席を確保出来る。

・自由席だと、大人1人に対して乳幼児2人までは無料なのでコスパが良い。

・トイレがある車両を選んで席を確保する。

・好みの席を取るには、早めに並ばないと行けず、赤ちゃん連れではきつい。

・帰省ラッシュ時や時間帯によっても早めに出掛けないといけない。

 

やはり、赤ちゃん連れということを考えると指定席の方が無難だと思われます。

まとめ

長時間の移動は、赤ちゃん連れだととても大変です。

まして、はじめての新幹線だとママも「どうしよう〜!」と思うことばかりです。いざ外出先でそうならにためにも、事前にしっかりと計画を立てておきましょう。

大変ですが、かわいい赤ちゃんとご旅行を楽しんで下さいね!