【みじん切りも怖くない!】手についたニンニクの臭いをサッと消す5つの方法!

料理のスパイスとして、かかせないニンニク。しかしニンニクをスライスしたりみじん切りしたりすると、手が臭くなって嫌ですよね。

手が臭くなるから、料理に使いたいけど使えないという人も多いのではないでしょうか。

そんなニンニクの嫌なニオイを一瞬で消す方法があったら、ニンニクをどんどん料理に活用したいですよね。ニオイを消す5つの方法をご紹介したいと思います。

ニンニクのニオイを消す方法は?

手についた強烈なニオイは、手を洗ってもなかなか取れないです。ニオイが取れないと他の料理にもニオイが移ってしまいそうで、いち早く落としたいと思いますよね。

以下の方法を実践すれば、一瞬でニオイを撃退することができますよ。

ステンレスでニンニクの臭いを撃退

ニオイを撃退する方法で、最もポピュラーなのがステンレスを使う方法です。

ステンレスでできたものを触ると鉄イオンとニオイ物質が反応して、ニオイを取ってくれるといわれています。ステンレスでできているのは、蛇口・シンク・ボウルなどです。

どんなステンレスでも良いので、触ってみるとすぐにニオイを解消することができるでしょう。ニンニクのニオイのついた手で他のものを触りたくないという人は、ステンレスでできたソープもおススメですよ。

ステンレスの塊で石鹸の形をしています。それで手を洗うことによって、ステンレスが作用しニオイを消し去ることができるでしょう。

ステンレスは、水に濡れていないと効果がありません。乾いた状態で触っても意味が無いのです。

ステンレスソープは、100円ショップにもありますので、チェックしてみましょう。ニンニクのニオイ以外にも魚や玉ねぎなどのニオイもすぐに消し去ることができますよ。

レモン汁を使って洗う

レモン汁などの柑橘系のエキスもニオイに効果があるといわれています。

レモンには、リモネンという芳香効果がある成分が含まれています。ニンニクのニオイは酸性のものと中和する性質があるので、すぐにニオイを取ることができますよ。

レモン汁がなくても、余ったオレンジやみかん、グレープフルーツで十分です。実や皮を絞って汁を出し、手に塗って洗ってみましょう。

ポイントは、手を拭いてからレモンを使うことです。手に水気が残っていると十分な効果が得られないといわれていますよ。手だけでなく、指や爪の間にも刷り込むと、より効果があります。

 

しかし手に柑橘系エキスを付け過ぎてしまったり長時間放置してしまったりすると、手がヒリヒリしてしまうことがあります。手に傷がある場合は、かなり染みますので注意しましょうね。

またレモンにはクエン酸が含まれているので、殺菌効果もあるといわれています。消臭効果とWで効果があるのは、嬉しいですよね。

レモンなどの柑橘系のエキスは、ニンニクのニオイ意外にも魚や灯油のニオイも取ることができるので、とても重宝するのではないでしょうか。

歯磨き粉で洗う

歯磨き粉は、消臭効果に優れています。本来は歯を磨くためのものですが、強烈なニンニクのニオイを撃退する効果もあるので、ぜひ試してみると良いでしょう。

ニンニクのニオイのほかにも料理で手についた頑固なニオイは、消し去ることができます。歯磨き粉で手を洗ってすぐは、歯磨き粉のニオイがします。

しかしニンニク臭いよりはマシですし、すぐに歯磨き粉のニオイは消えるので大丈夫です。終わりかけの歯磨き粉をキッチンに置いておくと、すぐに対処できるので、良いかもしれませんね。

お茶の出がらしで洗う

お茶には、殺菌消臭効果があるというのは、広く知られていますよね。ニンニクの強烈なニオイにも、この効果は抜群だということです。

お茶を飲んだ後の出がらしがあれば、手に馴染ませたり握ったりすると、ニオイを取ることができます。捨ててしまうものでニオイが取れたら、とても便利で良いですよね。

乾いたお茶の葉では効果がないので、きちんと湿らせてから使用するようにしましょうね。

キッチン用ハンドソープを使う

普通のハンドソープでは、なかなかニオイを取ることはできません。しかし、キッチン用のハンドソープは頑固なニオイや油汚れなどを落とすためのものです。

普通に手を洗うだけで、ニオイを消し去ることができるのでとても簡単です。ただし他のものに比べると少し効果は落ちます。

最近では、さまざまな種類のキッチン用ハンドソープが発売されていますから、自分に合うものを探してみるのも良いでしょう。キッチン用ハンドソープなら、キッチンに常時置いておくことができますし、料理の合間に利用しやすいので、とても便利だと思いますよ。

スポンサーリンク

にんにくのニオイの原因ってなに?

ニンニクの強烈なニオイを発生させているのは「アリシン」という物質なのです。

ところが、ニンニク自体にはこの物質は含まれていません。ニンニクに含まれているのは「アリイン」という物質です。

名前がよく似ていますが、まったく違う物質です。アリインは、まったくの無臭で、硫黄が含まれるアミノ酸の一種なのです。

このアリインがスライス・みじん切りなどの刺激を受けると、細胞が壊れ分解されます。このときにニオイ物質であるアリシンに変化するのです。

他にアリシンが多く含まれるのは、ねぎ・玉ねぎ・ニラなどです。ニオイが強い食べ物に多く含まれているということですね。

ニンニクのニオイを予防しよう

始めから手にニンニクの強烈なニオイをつけないように、あらかじめ予防することも大切ですよね。

ゴム手袋

直接ニンニクを手で触ると、必ずニオイがついてしまいます。ゴム手袋をつけて調理すれば、そのような心配はないので、安心ですよね。

少し手がごわついたり毎回用意するのは面倒だったりもしますが、透明の使い捨てできる手袋が便利でしょう。

冷凍して切る

ニンニクをあらかじめ冷凍しておくと、ニオイを含んだ汁が飛び散ることがありません。そうすると、手にニオイがつくことはないでしょう。

冷凍された状態でも、よく切れる包丁でチャレンジしてみましょうね。冷凍することで、ニンニクが長期保存できるというメリットもありますよ。

まとめ

調理中に手に付いたニンニクのニオイをすぐ取れたら、抵抗があったニンニクをどんどん活用できそうですよね。

わざわざ用意しなくても、ご家庭にあるものですぐに解決することができるのが嬉しいところです。

ニンニクにニオイ以外にも、頑固なニオイに効果がある方法もあるので、覚えておくと便利だと思いますよ。