【圧倒的に簡単!】厚紙でできるブーメランの作り方|コツや飛ばし方も紹介

子供と遊ぶときに簡単に作れるブーメランがあったら嬉しいですよね。

本格的で面倒なブーメランではなく、めちゃくちゃ簡単にできる厚紙のブーメランの作り方を紹介します。

とはいっても、しっかり手元に戻ってきますので満足に遊べますよ。

厚紙ブーメラン作りで用意するもの

厚紙とホッチキスのみです。絵を描きたい場合は色マジックなども用意しておきます。

厚紙を縦27cm、横3cmに切ったものを2つ作ります。

厚紙ブーメランの作り方

2つの紙の真ん中をホッチキスで止めます。2か所くらい止めておく方が安定します。

真ん中に印をつけておくと正確に真ん中で止めれるのでバランスがとりやすくなります。

お子さんが絵を描きたがったら、描いてもらってもいいでしょう↓

オリジナル感がでて、そっちの方が喜ぶと思います。

ブーメランがうまく返ってくるようにするコツ

何もしないとうまく戻ってこないので、羽を画像のように少し反らせます↓

スポンサーリンク

反らせすぎるとうまく戻ってこなくなるので、上の画像くらいのイメージで両方の羽を反らせます。

また以下の画像のように、羽の先端を少し山折りにします。4か所全て山折りです。

これで戻ってくるブーメランの完成です。

絵を描くところは時間がかかりますが、正直他は一瞬でできます。

ブーメランが返ってくる投げ方

上の写真のように縦に持ちます。手首や指にはあまり力を入れず、スナップをきかせられるようにしておきます。

以下の画像のように、手前から奥に回転させるように縦に振りぬきます。

地面に向けるとうまくいかないので、少し上に向けてやってみてください。

それと家の中では、軽めからがおすすめです。強めにやるとコップとかを倒したりします。

外でやるときは、周りに注意して下さい。木に引っかかったり、よその敷地に飛んで行ったりする場合もあるのでなるべく広いところでやりましょう。

今回は本当に手軽にできる厚紙ブーメランの作り方について紹介しました。

子供が暇しているときにサクっと作れるので重宝しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です