にんにくの口臭の臭い消しに劇的に効果のあるのは牛乳・梨・リンゴ等どれ?

にんにく料理を食べた後に気になるのが、口臭!翌日まであの「プ〜ン…」とした臭いが残っていると、周囲にとても迷惑です。

今は、タブレットなどの便利な口臭対策グッズもありますが、うっかり買い忘れてしまうことも…。

今回は、お家の冷蔵庫にある「牛乳」・「梨」・「りんご」を使って、劇的にお口の臭いを消す方法をご紹介します。

ニンニクが臭いのはなぜなのか理解しておこう

ニンニクは、以下の2種類の食物繊維からできています。

・アリイン
・アンナリーゼ

これらの成分がにんにくを噛む事で、一体化し「アリシン」となり、臭いの元となるのです。

さらに胃に入り消化されることで、「アリルメルカプタン」という物質に再分解され、より強烈な臭いを発し、口臭だけでなく体臭の原因ともされています。

気になるにんにくの臭いについて…。

TV番組「この差ってなんですか?」で効果的な対策が放送されました。早速「口臭を消す方法」について見て行きましょう。

「牛乳・りんご・梨」の中で劇的に口臭を消すのは?

この3つの食材の中で、一番早く臭いを消すのは、「りんご」、次に「梨」と言われています。

ただし、りんごや梨の消臭力が続くのは、たった1〜2時間程度なので、口臭対策としては、物足りないです。

そこで、さらに時間を経過して見て行くと8時間後に、しっかりと臭いを消し去ったのは「牛乳」でした。

即効性のりんご・梨と、持続性の牛乳という感じですね。

気になるのは「これらの食材に、どうして消臭効果があるのか?」です。

早速、見て行きましょう!

スポンサーリンク

なぜ「牛乳、梨、りんご」で口臭を予防できるのか?

まず、りんごから見て行きましょう。

りんご

りんごは、「ポリフェノール」と「食物繊維」をたくさん含んでいる食べ物です。

実は、この2つの成分に劇的な消臭効果があるとされています。

【ポリフェノールの消臭効果】
・にんにくに含まれる臭い成分をしっかりキャッチして臭いを抑えます。

【食物繊維の消臭効果】
・整腸作用が働き、お腹の中にたまった有害物質を外に出し、口臭の原因となる臭いの元も排出します。

ポリフェノールと食物繊維をたっぷりと摂るためにも、皮を剥かずに食べましょう。

生のりんごを頂くのが一番ですが、「りんごジュース」でもOKです。より効果を上げるために、果汁100%を選びましょう。

ジュースでしたらコンビニですぐに買え、外食先でもオーダーできますね。

梨もりんご同様にポリフェノールを含んでいます。ニンニクを食べた後に2切れほど、頂くだけでOKです。

ただし、ポリフェノールが多いのは、皮の部分!りんごは皮付きのまま頂けますが、梨はちょっと無理です。

そのため、りんごよりも消臭力が落ちます。

牛乳

牛乳のたんぱく質が、胃や腸で膜を張って臭いの原因となる成分をキャッチします。ただし、牛乳自体がその力を発揮するには、少し時間が必要です。

そこで飲み方を一工夫しましょう。

にんにくの口臭を予防するには、食前に飲むのが一番です。しかし、職場から外食先にというケースでは、無理な場合も多いと思います。

そのような時には、食事と一緒に飲んだり、食後1時間以内に摂取すれば大丈夫です。

いずれの食材もにんにくの口臭には、バッチリなので組み合わせることにより、高い効果を得られます。

そこで、その組み合わせ方法について見て行きましょう。

おススメの口臭対策!

にんにくを食べる1時間前に牛乳を飲みます。さらに、にんにくを食べた後に皮付きのりんごを食べましょう。

今日は「焼き肉だぞ〜!」という日には、牛乳とりんごを準備することも忘れずに!

まとめ

「牛乳・梨・りんご」は、ニンニクの口臭予防には、欠かせない食べ物です。

ただし、作用するまでに掛かる時間や継続力に違いがあり、メリットもデメリットもあります。

それぞれの良さをうまく活用して、口臭対策に役立てましょう。