スタッドレスタイヤの寿命は何年?溝や距離数で分かる?チェック方法を解説


冬のシーズンに大活躍するスタッドレスタイヤ。地域によっては、物置に置いてあるタイヤを今年の冬も使おうという人も多いでしょう。

しかし、スタッドレスタイヤには寿命があります。しっかりとスタッドレスタイヤをチェックしておかないと、大変な事故にもつながりますよ。

正しいチェック方法を解説したいと思います。溝が深くあったとしても、危険な状態であることもありますよ。スタッドレスタイヤについて正しい知識を持つことも大切です。

スタッドレスタイヤの寿命はどれくらいなの?

スタッドレスタイヤは、走行距離や使用年数によって交換すると、決まっているわけではありません。

しかし一般的には、スタッドレスタイヤの寿命は3年といわれています。

ただこの数字は、平均的なものなので、全てのタイヤが当てはまるとは限りません。タイヤの寿命は、走行時の状況や環境によっても変わってくるのです。

スタッドレスタイヤの寿命のチェックポイントは?

スタッドレスタイヤの寿命の重要チェックポイントは、2つあります。これらをチェックして、安全に走行しましょう。夏タイヤとは、また違った判断をしなければなりません。

溝の深さ

タイヤの溝の深さが半分以下になると、スタッドレスタイヤの効果はほぼなくなってしまいます。

つまり一般的に寿命が3年といわれていても、そういう状態になってしまったら寿命になるのです。

溝の深さは「プラットホーム」というものを確認します。タイヤの溝を見ると、タイヤ1つにつき4つほど出っ張りがあるのが分かります。以下の赤丸の部分になりますが、これを「プラットホーム」と呼んでいます。

スタッドレスタイヤのプラットフォームとスリップライン

タイヤの側面には目印になる矢印がありますので、それを目安にプラットホームを確認してみましょう。そのプラットホームと溝の深さが同じくらいになると、溝の深さが半分くらいになったというサインになります。

このサインが出ると、スタッドレスタイヤとしての効果が十分ではなくなってしまい、危険です。

ただし、プラットホームはスリップサインよりも高くなっているので、スリップサインが出るまでは夏タイヤとして使うことはできます。

スリップサインは、夏タイヤ・スタッドレスタイヤの両方についています。タイヤの肩に矢印があり、延長線上の溝の中にあるふくらみのことになります。上の画像の青丸部分です。

しかし、気温が高いときに使用すると、制動距離などに問題が出てきますので、あまりおススメすることはできません。

新品タイヤのプラットホームは、約10mmで半分の高さは約5mmということになります。スリップサインは、約1.6mmです。このスリップサインが露出すると、整備不良として交通法規上の違反となってしまいます。

ゴムの柔らかさ

タイヤの製造から年数が経つにつれて、ゴムが硬くなっていきます。ゴムが硬くなってくると、雪や氷上での摩擦性能が落ちてきてしまうのです。

ゴムの柔らかさは、見た目や感触だけでは確認することができません。一般的には、ゴムの硬度計というものを使って判断します。

しかし硬度計を使っての判断は、かなりの経験を積まないと判断できるものではないのです。それは、メーカーやタイヤの性能によって新品時のゴムの柔らかさが異なるからです。

お近くのタイヤ取扱店で、相談してみることが1番確実だといえるでしょう。

走行距離は寿命のチェックポイントにはならないの?

何万km走ったからといって、交換する時期になるとはハッキリということが出来ません。

プラットホームが半分以下になるのは、1万2000km~1万5000kmだといわれていますが、走行状態によっても変わってくるのです。1万kmで寿命になってしまったり、1万5000km以上に走ったりできることもあります。

お住まいの地域によっても異なります。毎日冬の間は、雪や氷上を走る車と万が一のために、スタッドレスタイヤに交換した車が乾いた道を走る状況では、違ってきますよね。

走行距離とタイヤの寿命は、必ずしも関係しているということではないのです。

スポンサーリンク

危険な偏磨耗や片減りとは?

偏磨耗(へんまもう)とは、表面がきれいに磨り減っていない状態をいいます。片減りとは、タイヤの片側だけが異常に減ってしまっている状態をいうのです。

部分的に溝が深い状態でも、片側が異常に磨り減っていて、プラットホームが露出している場合はとても危険です。スタッドレスタイヤは、シーズンごとにタイヤを付け替えたり方向を入れ替えたりすることが必要になります。

タイヤの状態や劣化具合もチェック?

あまり使用していなくて、溝の深さが十分にあったとしてもタイヤの劣化が進んでいる状態だと危険なこともあるでしょう。

タイヤの側面を見ると、劣化状態をチェックすることができます。4・5年目のタイヤを見てみると、ゴムの硬化が進みひび割れた状態になっているのが分かります。

タイヤの状態とはパンクをしたことがあるか、タイヤの傷み具合のことになります。特にタイヤの切り傷や打ち身が多いです。

深い切り傷や突起物に打ち付けられた跡、タイヤの変形を見逃すと、思わぬ事故につながってしまうこともあるのです。

まだ溝の深さが十分にあり、年数も経っていない状態でも、高速道路を走行時にバーストするということがあります。バーストとは、タイヤが破裂してしまうことをいいます。

このような状態にならないように、こまめにタイヤの状態や劣化具合に気を配ることが大切です。小さなパンクなら修理することも可能ですが、即タイヤ交換することが必要となります。

スタッドレスタイヤを夏も使用するのは危険

タイヤの交換が面倒だし、そのまま走れるから夏もスタッドレスタイヤを使おうという人もいるかもしれませんね。

しかし、スッタドレスタイヤを夏に使用することは、とても危険なことなのです。そして、とてももったいないことでもあるのです。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤと違ってゴムがとても柔らかくできています。そうすることで、グリップ力を失わないようにしているのです。

スタッドレスタイヤで雪の上を1年走り続けた場合と雪と乾いた道路を1年走った場合では、雪の上を1年走った場合のほうがタイヤの状態が良いということになります。乾いた道路を走ると、磨耗がとても激しくなるのです。

溝の深さが低くなってしまっては、すぐにタイヤの寿命がきてしまいますよね。とてももったいない行為だと思います。

また雨の日の濡れた路面は、滑りやすくなっています。スタッドレスタイヤは、夏タイヤに比べてとても滑りやすくなっているのです。夏の雨の日の事故は、スタッドレスタイヤが原因になっていることが多いのです。

スタッドレスタイヤの寿命を伸ばす方法って?

次の冬シーズンでも、良いコンディションのままのタイヤを使用したいですよね。スタッドレスタイヤの保管方法を工夫することで、寿命を伸ばすことができるでしょう。

・タイヤを水洗いして、汚れを落としておきましょう。

・空気圧を半分抜いておきます。

・物置に置いておきましょう。無い場合は、雨や水がかからない風通しの良い日陰で保管しましょう。

・直射日光が当たらない場所に置きます。もし当たってしまう場合には、遮光防水カバーをつけておきましょう。

・タイヤは横にして積んでおきます。縦にしておくと、変形してしまうこともあります。

 

まとめ

スタッドレスタイヤは、シーズンごとにしっかりチェックすることが大切です。

もしも、自分でチェックすることが難しい場合には、お近くのカー用品取扱店に相談に行ってみると良いでしょう。またスタッドレスタイヤの寿命を伸ばすために、タイヤにとって良い状態で保管することも忘れないでくださいね。

環境によってもタイヤの寿命を縮めてしまうことにもつながりますから、スタッドレスタイヤは冬のみ使用するようにしましょう。