鼻の中がカサカサで痛いのはドライノーズが原因?症状や対策を紹介!

空気が乾燥が厳しい冬に耳鼻科に行くと、「鼻の中がカサついて痛い!」という、患者さんをよく見かけます。

その原因は、ドライノーズによるものです。

さらに、年々患者数も増えています。言葉では言い表せない不快な症状なので、なんとかしたいですね!

そこで、しっかり原因を突き止めてつらい症状を取り除けるように、今回はドライノーズについて説明します。

ドライノーズの原因

ドライノーズの主な原因は、空気の乾燥と点鼻薬の使いすぎの2つです。

家や職場のエアコンの使用により、湿度が低くなり、室内が乾燥することで鼻腔の粘膜に影響を及ぼします。

エアコンを使っていると、のどが乾燥するのと全く同じです。

さらに、点鼻薬の使い過ぎも問題となっています。

点鼻薬は、鼻水の量を抑えるために使うので、鼻の粘液の水分量が減少してしまい、ドライノーズの原因となるためです。

この2つの他に、シェーグレン症候群、萎縮性鼻炎、老人性鼻炎の影響で、ドライノーズになることもあります。

鼻の乾燥以外にも気になる症状がある時には、早めに耳鼻科を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

次に、ドライノーズの症状について見て行きましょう。

ドライノーズの主な症状

人によって症状に差があります。

 

【ドライノーズの症状】
・鼻の中がカサカサ、又はヒリヒリとして痛い

・鼻の中がムズムズしてかゆい

・鼻に異物感を感じ、かみたくなる

・出血する

・大きな鼻くそが出る

・サラサラとした鼻水

 

症状自体は、それほど深刻なものではありません。そのため、ドライノーズであっても医学的には「特に悪いところはない。」と判断されます。

私もドライノーズで耳鼻科を受診した時に、「空気が乾燥しているから、仕方ないんだよね!」で終わってしまいました。

しかし、ドライノーズで悩んでいる方にとっては、「どうにかして欲しい!」と思うのが当たり前です。

そこで、少しでも症状が緩和し楽になるために…!対策方法をいくつかご紹介させて頂きます。

ドライノーズの対策方法

鼻の中の乾燥を防いで潤いを与えてあげれば、症状も落ち着きます。

「どのような方法があるのか?」具体的に見て行きましょう!

マスクを付ける

ドライノーズ対策の中で、手軽にでき、効果も一番高いと言われています。

マスクが乾燥からしっかりと守ってくれるので、適度な湿度を維持でき、さらに風邪やインフルエンザ予防にもなるので、おススメです。

ワセリンを塗る

ワセリンは低刺激なので、鼻腔内にも使えます。

あまり塗り過ぎるとベタ付いて逆に不快なので、少なめの量を付けるようにしましょう。

湯船にしっかり浸かる

お風呂の蒸気が、鼻の粘膜を保湿してくれます。

さらに、湯船に浸かりながら歌を歌うと、鼻呼吸をしっかりと行えるので、保湿効果がより高いです。

スポンサーリンク

皮膚の粘膜を保護する栄養を食事でしっかりと摂る

粘膜を保護し強くするために、ビタミンAを多く含む食品をしっかりと食べるようにしましょう。

ビタミンAの含有量が多いものは、

・かぼちゃ、ビーマンなどの緑黄色野菜
・うなぎ
・レバー
・みかん

です。

これらの食べ物は、風邪予防にも良いとされていますね。ただし、栄養の偏り過ぎもいけないので、色々な食材を食べることも必要です。

室内の湿度を50〜60%に維持する

今は、どこでもエアコンにより空調が管理されています。加湿器をしっかりと使って乾燥から体を守りましょう。

ただし、オフィスだと加湿器を置けないこともあります。

その時には、濡れタオルを引き出しに挟んで置くだけでも大丈夫です。

自宅でしたら、ストーブの上にやかんをかけて置くと、保湿効果もありお部屋も暖まりますね。

ただし、あまり湿度を高くすると、かびやダニの繁殖の原因となるので気を付けましょう。

ドライノーズ用のスプレーをする

塩化ナトリウムでしっかりと鼻の粘膜を乾燥から守ります。

携帯でき、どこでも「シュッ…。」とスプレーできるので、1本あると便利です。

また以下のようなジェルもあります。

まとめ

鼻には、細菌やウィルスなどが、体に侵入するのを防ぐ「フィルター」と「加湿」の2つの役目があります。

風邪やインフルエンザなどを予防するために、鼻が乾燥したと感じた時には、早めに保湿しましょう。

さらに、ドライノースと思っても思いがけない病気の可能性もあるので、症状が長引く時には、耳鼻科を受診して下さい。

忘れがちな鼻もしっかりと乾燥対策をして、元気に楽しく過ごしましょう!