寒さ対策で窓にプチプチを貼るのは内側と外側どっちが効果的?貼り方も紹介

冬になってくると窓の近くがすごく寒くなってきますよね。窓から冷気が入り込んできて、部屋全体が寒くなり暖房費用も高くなってしまいます。

そこで安くできる寒さ対策として我が家では「窓にプチプチを貼る」という方法をとっています。

今回は窓にプチプチを貼ることに意味があるのかなどを説明した後、貼り方も紹介していきます。

寒さ対策で窓にプチプチを貼るのって意味あるの?

窓にプチプチを貼って意味があるかどうかですが、まず体感的に結構変わります。

窓の近くの温度が全然違います。

次に原理的な話をします。

北海道などの寒い地域では2重窓が取り入れられていますが、間に空気の層を作ることで、熱の伝導率を下げるという効果がります。

同じようにプチプチを貼った窓には空気の層ができているので、2重窓までの効果とはいかないものの、ちゃんと効果があるわけです。

家の中で最も大きな熱の放出場所は窓です。ですのでその窓に寒さ対策をするのは家全体の寒さ対策として効果的です。

 

プチプチは非常に安価で購入できますので、試しにやってみて体感してみるといいですよ。

寒さ対策で窓にプチプチを貼るのは内側と外側のどちらが効果がある?

窓にプチプチを貼る場合、内側と外側のどちらの方が効果的なのか気になりますよね。

内断熱と外断熱を比べると、一般的には外断熱の方が効果的だといわれています。

ですので、プチプチの場合も外側に貼る方が断熱の意味では良いと思います。

ただし原理的にはそうなのですが、正直体感できるほどの差はないかと思います。

それよりも、内側に貼ること、外側に貼ることにそれぞれメリットデメリットがあるので、それを参考にして考えてみてください。

内側い貼る場合のメリットデメリット

窓の外側に貼るより内側に貼った方が結露しやすくなります。

どんなにきれいに貼っても、隙間から結露した水が入っていきますので、はがれたり暖房効果が薄くなったりする可能性はあります。

そういう意味ではデメリットです。

一方で貼りやすさを考えたときには、家の中から落ち着いて貼ることができます。

外側に貼ることのメリットデメリット

内側に貼る場合に比べて、結露しにくくなります。これが一番のメリットです。

その代わり、外側は汚れやすく、雨や風にさらされます。そうなると内側よりさらにはがれやすくなったり、断熱効果が下がる可能性があります。

簡単にまとめますと、結露をできる限り減らしたいなら外側に貼る。手軽に貼りたいなら内側に貼る。この基準で選ぶのが良いと思います。
スポンサーリンク

窓へのプチプチの貼り方を詳しく紹介

プチプチを適当に貼ってしまうと剥がれやすくなるので、正しい方法でしっかり密着させましょう。

まずプチプチの種類ですが、通常のプチプチではなく、プチプチ型の断熱シートを使用するのが効果的です。結露もしにくくなります。

粘着のない普通のプチプチで窓を覆った場合、結露とカビで大変なことになりますので要注意です。

プチプチの断熱シートは楽天やアマゾンなどで売られています。

内側専用ですが、プチプチ型断熱シートで人気なのはこれです。

【貼り方】
1、場合によってはカットして売ってくれるところもありますが、普通に買ったプチプチ断熱シートは窓の大きさに合っていないと思います。ですのでこれを窓の大きさに合わせてカットします。

窓にプチプチを当てて線を引くか、定規で長さを測って切ってください。

この時窓の大きさピッタリに合わせないのがコツです。窓の大きさから上下左右5mmずつくらい小さくなるようにカットしておきましょう。

2、窓が汚れていると隙間にほこりなどが入ってしまいますので、窓用洗剤などでしっかりきれいに洗います。その時にほこりが出ないようなタオルを使用してください。

また窓の下にティッシュやタオルなど垂れた水を吸い取るものを置いておきます。

3、プチプチの断熱シートは水がないとつかないので、窓にまんべんなく水を吹き付けます。スプレーのようなものを使用しましょう。

思っている以上に多めに吹きかけるのがコツです。

4、プチプチ断熱シートをガラスに貼り付けます。上の辺を合わせて空気を抜きながら下に貼っていきます。水がたっぷりとついている場合には、この状態で軽く移動できるので、もし斜めになったりずれている場合はこのタイミングでしっかり位置を合わせましょう。

全体的に空気を抜いて、乾かしていきます。

 

今回は水貼りタイプを紹介しましたが、両面テープで貼り付ける場合もあります。両面テープの方がしっかりつきますが、はがすのが大変ですので水貼りの方をオススメしています。

非常に安価ですが、しっかり寒さ対策になる窓のプチプチなので試してみる価値ありですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です