鏡開きの日程はいつ?関東と関西の違いや意味・由来・マナーなども紹介

鏡餅は、新年を迎えるために欠かせないお正月飾りですね。そして、松の内が終わり、行われる行事が「鏡開き」です。

ところで、鏡開きをいつやるのか知っていますか?

「1月中だったけど…、よく分からないなぁ〜。」という方も意外と多かったりします。

さらに、鏡開きの意味やその由来まで知っている人って、少ないですよね!

ここでは、鏡開きについて詳しくご説明させて頂きますね。豆知識として知っていていると得ですよ〜。

鏡開きはいつ?

鏡開きの日は、毎年同じです。ただし、関東や関西によって異なります。

・関東 1月11日
・関西 1月15日又は、20日

同じ日本なのに日程が、「なぜ違うの?」と思いますよね。それは、関東と関西で松の内の期間が異なるためです。

・関東 12月13日〜1月7日
・関西 12月13日〜1月20日

しかし、これもおかしな話しだと感じませんか?

年神様をお迎えする一大イベントであるお正月行事の日程が違うのには、ちゃ〜んと理由があるんですよ。

さらに、詳しく見て行きましょうね。

関東と関西の鏡開き及び松の内の期間が異なる訳

昔は、関東でも松の内は1月15日までで、鏡開きは20日でした。

関東は、徳川政権に統治されており、三代将軍家光が亡くなったのが4月20日でした。

そのために、月命日である20日に鏡開きをするのは「縁起が悪い」とされ、11日になったと言い伝えられています。

スポンサーリンク

しかしこれでは1月15日の松の内前に、鏡餅を神様から取り上げることになりますね。そこで、松の内の期間も1月7日に変更されたと謂われています。

そのために、公家社会であった関西と武家社会であった関東では、鏡開きや松の内の期間や日程が、異なります。

鏡開きの意味

天照大神の時代から代々の天皇に継承され続けている三種の神器があります。

その三種の神器のひとつ、八咫(やたか)の鏡をまねて作られたのが「鏡餅」の謂れです。

なぜ、神様に「鏡餅」をお供えするかと言うと…。昔から鏡は、神様が宿る場所とされ神事に使われたものだからです。

そのため「八咫の鏡」の代用品として、庶民は「鏡餅」を神様にお供えするようになりました。

鏡開きの由来

鏡餅が、神様にお供えされるようになったのは、室町幕府以降です。

さらに、鏡開きが行われるようになったのは、江戸時代の初期に武士の間ではじまってからです。

武士は、自死する際に「刀で切腹」をしますね。だから、神様に捧げた神物を刃物で切るのは、縁起が悪いとされました。

さらに、「切る」という言葉も「切腹」を連想させるので「開き」という言葉を使うようになり「鏡開き」と言われるようになりました。

鏡開きのマナー

「鏡餅」は、神様が宿る神聖な物です。しっかりとマナーを守って鏡開きをしましょうね。

今では「鏡餅を下げて来て、鏡開きをするから…。」と言いますね。

この言葉使いが、そもそもNGです。

「鏡餅を下げて」という部分ですよ〜。神様に対して「下げる」という言葉を使うのは、罰が当たります。

正しくは、「鏡餅を頂いて」と言いますので注意しましょう。

鏡餅を頂き体内に入れることで「神様のご利益を受け、健康に過ごせますよに!」という、意味があるからです。

また、年神様がお帰りにならい内に鏡餅を食べてしまうなんて絶対にダメです!

松の内を終えて、鏡餅に宿った、年神様を送り出すために行われるのが、鏡開きだからです。

さらに、ずっと神棚に置いておくと「カチコチ」で固いですよね。

しかし、前述したように包丁などの刃物を使うのは、タブーとされています。必ず、木槌で細かくしたり、手で割るようにしましょうね。

神様に「今年も家族みんなが、無病息災で1年を送れますように!」とお願いをしながら、ありがたく頂くことも大切です。

まとめ

毎年、何も考えずに当たり前のように行っていた「鏡開き」ですが…。

調べてみると歴史等とも関係していて奥深いですよね!

日本人として昔からの風習や考えをしっかりと学ぶことも大切です。ぜひ、お子さんにも「鏡開き」のお餅を美味しく頂きながらその由来を教えてあげて下さいね。