小正月の時期っていつ?どんな行事をして何を食べるの?由来も紹介

「お正月」は、1月1日ですよね。一方で「小正月」って聞いたことがあっても何月何日なのか良く分からないと思います。

「小正月」も実は、新年を迎える上で欠かせない行事の一つです。

お子さんに「ママ、お正月と小正月って何が違うの〜?」と聞かれた時に困らないためにもしっかりと意味を理解しましょうね。

今回は小正月の時期や行事、由来などについて説明させて頂きますね。

小正月っていつなの?

「小正月」は、1月15日です。しかし、時期として1月14日〜1月16日を示すこともあります。

お正月との意味の違いをしっかりと理解することも必要です。

「小正月」に対してお正月は「大正月」と呼ばれます。「大正月」の時期は、1月1日〜1月7日までです。

年神様やご先祖を迎えるためのその年初の大切な行事です。

これに対して「小正月」は、豊作祈願などの農業に関する行事やお正月で忙しく働いた主婦が、体を休める日とされています。

そのため「女正月」とも呼ばれます。

さらに、「15日でお正月は終わり、16日からは日常生活に戻りますよ!」という意味もあります。

小正月に行われる行事は?

粥占い

神社で行われ「粥神事」や「筒粥神事」と呼ばれています。

お粥でその年の吉凶や、農作物の出来具合、さらに天候について占う行事です。

「棒に付いたお米の数」や「お粥を数日間放置して生えたカビの状態」などで占うなど地域や神社により、異なります。

スポンサーリンク

今でも、各地の神社で大切な風習の1つとして毎年開催されています。

豊作祈願

玄関先や床の間に「餅花」を収穫物に見立てて飾り、「今年も実り多い1年でありますように!」と農作物が、たくさん収穫できるように神様にお願いをします。

養蚕が盛んな地域では、「餅花」の代わりに、米粉で作られた「蚕玉」を飾ります。

東北地方では「庭田植え」や「皐月祝い」が豊作祈願に当たります。

雪が積もった田んぼに、松の葉や稲藁を植えて秋の豊作をお祈りする伝統行事です。

どんど焼き

とんど焼きと言う地域もあります。意味としては悪霊払いです。

この時にお正月飾りや、昨年度の神社等で承けたお札やお守りを燃やします。

どんど焼きの時に棒に差した餅を食べると「無病息災に1年を過ごせる。」と言い伝えられており、今も頂く地域が残っています。

鏡開き(関西)

関西では、幕の内は1月15日なので、小正月と鏡開きが同じ日になります。

小正月に食べるものは?

小正月には、小豆粥を食べます。中国から伝わって来た、昔からの風習です。

地域によっては、小豆粥に鏡開きのお餅を入れて頂く所もあります。

「なぜ、小豆粥を頂くの?」と思いますね。小豆は、とても小さいですよね。

そこで、「家族が、今年も1年を豆々しく働くことができ、健康に過ごせますように!」という願いを込めて頂くようになったと言われています。

「七草粥」を食べたのに「小豆粥」を食べないと「方粥」と言われ、縁起が悪いとされます。注意して下さいね!

 

 

小正月の由来は?

なぜ「小正月」があるのかを知って豆知識をよりアップさせちゃいましょう!

少し難しいお話になりますが…。

今、私達が使っているカレンダーは、「新暦」に基づいて作られています。しかし、昔は月の満ち欠けを利用して作った「旧暦」を利用していました。

旧暦では、満月から次の満月の日までが1ヶ月とされています。

そのため、1月の最初の満月の日が、1月15日で「お正月」だったのです。

その昔の風習が、今も「小正月」として受け継がれています。

まとめ

「小正月」って時々聞くことはあっても、その由来までを知っている方って少ないですよね。

昔から伝わる日本ならではの行事なだけに、お子さんにもその意味をしっかりと教えてあげることも大切ですね。

ぜひご家族で温かい小豆粥を頂いて、寒さを蹴飛ばして、元気に1年を過ごして下さいね。