網戸の掃除でほこりをとる方法!ダイソーの道具や掃除機でもうまくできる

網戸の汚れは洗剤やスプレーで取れますが、ほこりは水拭きなどではうまく取れない場合があります。

ほこりが丸まって固まり、逆に汚くなったりしてしますよね。

ほこりをうまくとるためには内側についているのか、外側についているのかなども重要なポイントです。

ここではダイソーで売られている道具や掃除機を使って網戸のほこりキレイに取る方法を紹介します。

網戸の掃除でほこりをとる方法!

あなたの家の網戸についているほこりは、内側と外側のどちらについていますか?

部屋の中の風の流れによって外についていたり内側についていたりします。

でもたいてい場合、内側についている事が多いかと思います。

この時、内側から外側に向かって取ろうと思ってもなかなかとることができません。

ほこりが網戸に引っかかっているから取れないわけです。

逆に内側から内側に引き出すか、外側から内側に向かって取ろうとすれば取りやすくなります。

一般的に業者などがやる方法ですが、網戸を取り外して洗剤で洗います。

この場合は両面から水を流すので、どちらについていても取れるんですよね。

 

でも網戸を取り外して洗うのって結構面倒じゃないですか?

外さずに手軽に洗いたいですよね。そこでダイソーで売られている道具や掃除機でもできる方法を紹介します。

網戸の掃除でほこりをとるならダイソーのマイクロファイバータオルやエチケットブラシで

ダイソーに行けば「起毛タイプのマイクロファイバータオル」が売られています。

これを水に濡らしてしっかり絞ります。絞ったタオルを開いて拭きやすい大きさにたたみます。

そして網戸の外側と内側から挟んで拭くだけでOKです。

この時あまり力を入れないことがコツです。力を入れると、ほこりが網戸から離れなかったり、網戸を伸ばしたり傷つけたりします。

マイクロファイバータオルには細かい繊維があるので、軽く拭いただけでそれに取り込まれるように取れていきます。

スポンサーリンク
ほこりだけでなく、油汚れがある場合にはアルカリ性のスプレー洗剤をマイクロファイバータオルに軽くつけてから同様の作業をすると一緒に取れますよ。

またほこりをとるだけなら、ダイソーに売られているエチケットブラシでも十分です。

エチケットブラシを水に濡らして、ほこりがついている面を軽くブラッシングしてください。

内側にほこりがついているなら内側をブラッシングです。

ほこりがついているだけなら、これが一番簡単に取れると思います。

この時も軽くやるのがコツです。網戸を傷つけないようにして下さい。

網戸の掃除でほこりをとるなら掃除機でもうまくできる

網戸を濡らしたくない場合や、ダイソーまで行く時間がない場合は、家にある掃除機でも網戸のほこりをとることができます。

掃除機の先端はブラシ型のものに変更しておいてください。

パワーですが、一番弱い「弱」を選択します。

内側にほこりがついている場合は内側に掃除機のブラシ部分をあて、外側には新聞紙などをあてます。

何もあてないと吸引力が弱いので、うまくとることができません。新聞紙をあてることで隙間をなくし、吸引力をアップさせることができます。

 

掃除機のパワーだけを強くしても、ほこりはうまく取れませんし、網戸を傷つけてしまう可能性があります。

パワーは弱で、掃除機の反対側に新聞紙をあてる方法で試してみてください。

まとめ

ダイソーの道具を使った方法と掃除機でとる方法を上げましたが、ほこりをとるだけならエチケットブラシが一番簡単です。

汚れもあるなら、マイクロファイバータオルを選択してみてください。

掃除機もうまくできますが、先端がブラシに交換すると大きさが小さくなると思います。

それで網戸全体を掃除するのが大変ですし、反対側に新聞紙をあてるのも1人では難しい場合があります。

そのあたりを考慮してあっているものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です