おみくじの吉と末吉はどっちがいい?良い順番と持ち帰るか結ぶかの違いなど

新年と言えば「初詣」ですね。お友達や家族と神社を訪れて「今年の運試しに!」とおみくじを引かれる方も多いはず…。

でも、残念ながら「吉」や「末吉」ってことも多いですよね!

その時にお友達同士で、こんなやり取りをされたことはありませんか?

Aちゃん;「私の方が吉だから○○ちゃんの末吉よりも良かった〜。」

Bちゃん;「えっ!吉より末吉の方が順番が上だよ!」

 

う〜ん…、どちらの方が良いとされているのでしょうか?悩みますね!

そこで、今回はおみくじは吉と末吉はどっちがいいのか等、おみくじに関する豆知識をご紹介させて頂きます。

おみくじの良い順番

ちょっとした遊び心で引きつつも、おみくじって縁起物だけにやはり順番って気になりますね〜。

しかし、おみくじも神社により解釈の仕方が大きく2つに別れます。

1 大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶
2 大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶
(*注意;良い→悪い順番で表記)

この2つに共通しているのは、「末吉よりも吉の方が良いということ!」です。一方で、吉の扱いが大きく異なるのが面白いですよね。

さらに、関東の有名どころ「成田山・浅草寺・明治神宮」は、3カ所それぞれ良い順番が、違います。

これでは、おみくじを引いてもすっきりしませんよね〜。詳しく順番を知りたい方は、おみくじを引いた神社やお寺の方に聞いてみるのが手っ取り早いですよ。

スポンサーリンク

今流行の「御朱印集め」に加え、せっかくなので「おみくじリサーチ」もされてみては、いかがでしょうか?

おみくじで大切なのは、順番よりも内容!

大吉にも関わらずに内容を読むと「えっ、大吉なのに読んでみたらあんまり良くなかった…。」なんてこともありますよね!

なぜ「大吉」なのに内容がイマイチなの?

「おみくじ」の本当の意味は、運勢を占うものではありません。なぜなら、神様や仏様からのメッセージだからです。

さらに、大吉の時には、「今が一番良い時だけれども、油断していると運気が下がりますよ!」という意味もあります。

逆に、末吉であっても「今までの努力が実ってこれからは、運気が開けて行くから安心して下さい。」と解釈することも!

順番だけに固執せずに、中に書かれていることをよく読むことが大切です。

おみくじは持ち帰るべきor結ぶべきなの?

一般的には、「大吉は、縁起が良いからお財布などに入れて肌身離さず持っていましょう。」と言われています。

しかし、順番だけでおみくじにより運勢を判断するのは控え、内容を重視することがベストです。

そのため「持ち帰るかどうか?」は、内容にも大きく左右されます。

さらに、人それぞれ意見や考え方も異なるので「持ち歩く派」と「結び付ける方達」に分かれます。

持ち歩く派の考え方

大凶の順番、内容の良し悪しに関わらず良い順番や内容の時にはお守りとして…。

悪い時には、気を付けようという2通りの考え方から持ち帰ります。

結びつける派の考え方

大吉や内容が良くても、御神木などに結びつけることで「ご縁」を神社と持ち、さらに飛躍できるようにという気持ちからです。

さらには、凶や内容がイマイチな時には、神社でおみくじを結びつけたものが、最終的には、護摩炊きされるので、それにより災いを断ち切るという考えに基づきます。

「大吉だったら持ち帰ると良いですよ!」と神社などで特定の指示がない時には,個人の考え方で、決められるといいですね。

参考までに私の考え方は…。

神社によって大吉が出る確率が非常に少ない所もあるので、その時にはお財布に入れて大切に持ち歩いています。

しかし、大凶や凶の時には、やはりいくら内容が良くても気分的には、ちょっと持ち帰るのは、抵抗がありますよね。

そのため、神社に結びつけて「何事もありませんように!」とお願いをして来ます。

まとめ

「今年の運気は、どうかな?」程度のちょっと軽い気持ちで、おみくじを引かれている方が断然多いですよね!

しかし、詳しく知ってみると「あなどるなかれ、おみくじ!」と思えるほど色々な事に気が付くと思います。

おみくじの順番よりも大切なのは、「日頃から前向きな姿勢で努力や謙虚さを忘れないこと!」ですね。心を新たにして1年を迎え、頑張りましょう。