【ガチでキレイ!】関東の2018初日の出のおすすめ穴場スポット7選!


お正月のイベントの一つにかかせないのが「初日の出」ですよね。雄大な初日の出を全身に浴びることができ、気持ちよく新年のスタートを切ることができそうです。

初日の出だけでなく、初詣や初売りセールを一緒に楽しめるスポットもありますよ。少し寄り道してみるのも楽しそうですよね。

今回は関東の初日の出おすすめの人気・穴場スポットをご紹介したいと思います。

犬吠崎灯台・銚子(千葉)

海岸沿いから、美しい初日の出が見られるといわれている銚子。犬吠崎灯台周辺の海岸が初日の出おススメスポットになります。

ここは人気のスポットなので、混雑を避けたいのであれば、前日か元日の午前1時ごろには到着しておくことがベストでしょう。

午前5時には臨時の銚子電鉄のお客さんや地元の人が徒歩で多く見に来るので、交通規制がかかり道路が大変混雑します。渋滞に巻き込まれないように、早めに車を停めて待機しておくと良いでしょう。

君ヶ浜しおさい公園などに臨時で無料駐車場が設けられます。また銚子駅付近のコインパーキングに停めて、臨時電車で向かうことも混雑を避けられるポイントです。

また銚子には地球が丸く見える展望館といって高台から360度見渡せるスポットもあります。晴れた日には富士山も見える絶景が楽しめます。こちらは、126台ある駐車場が前日の夕方には満車になってしまうので、電車を利用していきましょう。

そしてイオンモール銚子店でも駐車場から初日の出の絶景をご覧いただくことができます。元日は5:30~駐車場が開放されていますよ。お店は7:00~開店しますので、初日の出を見た後は初売りセールまで楽しむことができますね。

・アクセス:電車・・・銚子電鉄犬吠崎駅から徒歩7分

・料金・・・大人200円 小学生以下無料

大洗海岸(茨城)

大洗は毎年多くの人が初日の出を見に来る人気のスポットなのですが、「日本の渚100選」にも選ばれるほど、素晴らしい景色なのでぜひおススメしたいですね。

大海原にたたずむ鳥居があって、その神磯鳥居の間から登る初日の出が美しいのです。初日の出に照らされて、鳥居が色濃く浮かび上がっているように見えます。

特に「御祭神御出現の地」といわれる神磯付近から初日の出を眺めることがおススメですよ。

また駐車場は早めに埋まってしまいますので、初日の出の時間より早く訪れることをおススメします。初日の出は6:50ごろになります。かなり冷え込みますので、防寒対策を万全にしてお出かけくださいね。

アクセス:電車・・・鹿島臨海鉄道大洗駅より徒歩1分
JR常磐線水戸駅より車で30分

車・・・東水戸道路水戸大洗ICから国道51号経由6km15分
100台停められる駐車場があります。入場料はありません。

明智平駐車場(栃木)

明智平とは、日光にあるいろは坂を登りきったところにあります。標高1273mの高い山から見る初日の出は、海から見えるものとはまた違った感動を与えてくれることでしょう。

さらにロープウエイで3分ほど登ったところにある明智平展望台からは、中禅寺湖や華厳の滝など日光の有名観光スポットが見渡すことができますよ。

空気が澄んでいるので、きれいな初日の出を見ることができると思います。

またかなりの冷え込みが予想されるので、いつもの服装に加えて1枚多く着ていくと良いでしょう。

アクセス:電車・・・JR日光駅・東武日光線東武日光駅から

東武バス約40分「明智平」下車すぐ

車・・・日光宇都宮道路清滝ICからいろは坂へ約20分
100台停められる無料の駐車場です。終日開放されています。

スポンサーリンク

小笠原諸島母島(東京)

東京から南に1000km以上離れたところにある東京の楽園です。赤道に最も近いことから日本で1番最初に、初日の出が見られるといわれている人口450人の小笠原諸島母島。

初日の出は6:17頃とされています。

毎年元旦に海開きが行われ、楽しめるようなイベントも同時に開催されています。初日の出を毎年ここから見る人もいるくらい、きれいに見えるスポットとして人気のあるところです。

東京湾竹芝客船ターミナルから定期便で訪れることができますので、ぜひ1度は小笠原諸島母島からの絶景を堪能してみてくださいね。アクセスの大変さからゆっくりと初日の出を楽しむことができます。

年末年始の旅行がてら小笠原諸島での初日の出を計画すると良いでしょう。

アクセス:東京港竹芝客船ターミナル小笠原定期便おがさわら丸で父島25時間30分(片道)→ははじま丸で2時間10分
飛行機はありませんので、アクセスは船のみになります。30日には船に乗らないと初日の出に間に合いません。

観音崎(神奈川)

東京湾の入り口・三浦半島の東端にある観音崎。「県立観音崎公園」は東京湾に突き出し広がっている公園です。

また日本初の洋式灯台といわれる白い灯台がシンボルになっています。視界をさえぎるものがないので、房総半島の山々を背景にして登る素晴らしい初日の出は、見る人を魅了します。

たたら浜や観音崎大橋付近から見るのもおススメです。朝日が東京湾を照らしてキラキラと輝く絶景を楽しめるでしょう。公園は終日開放されていますので、早めに到着することで、ベストポイントを確保することができますよ。

アクセス:電車・・・京急浦賀駅からバスで15分「観音崎」下車徒歩15分
車・・・横浜横須賀道路馬掘海岸ICから国道16号経由4km5分
300台停められる駐車場があります。

雲取山・三峯神社(埼玉)

埼玉県にあるパワースポットとして有名な神社です。山の上にあるため空気が澄んでおり、初日の出の雄大な景色をご覧いただけます。

ただ車でしかいけないスポットになり、山の運転に慣れていない方には、大変かもしれません。初日の出を見た後は、初詣も一緒に行くことができますよ。

また日本百名山としてゆうめいな雲取山には、初日の出を一目見ようと、元旦から登山客でにぎわうところでもあります。

雲取山は三峯神社から7時間ほどかかりますので、普段から山に慣れ親しんでいる人や本格的な登山を楽しみたい人には、おススメできるスポットです。山頂から息を呑むような素晴らしい絶景をご覧いただくことができますよ。

アクセス:公共交通機関・・・秩父鉄道三峰口駅からタクシーで40分

車・・・関越自動車道花園ICから国道140号・皆野寄居バイパス・国道140号経由
県道278号を三峰方面へ61km
250台停められる市営駐車場があります。1日500円です。

榛名山(群馬)

榛名山の山頂からは、上州の山々や関東平野を一望できます。東京から車で2時間ほど到着しますし、ロープウエイで上がることができますので、山から日の出を見たいという方にはおススメのスポットです。

初日の出が見られるのは、6:50ごろからとなります。

ロープウエイは5:45~運転が開始されます。片道大人が440円、小人が230円になります。ロープウエイから朝日に照らされた景色を見下ろしながら、下山でき爽快感を味わうことができるでしょう。

アクセス:電車・・・JR高崎駅から群馬バス榛名湖行き1時間30分、終点下車徒歩10分
車・・・関越道渋川伊香保ICから国道17号・県道33号経由25km1時間
800台停められる駐車場があります。

まとめ

関東には初日の出を見られる多くのスポットがあります。東京タワーやスカイツリーなどの高い建物から楽しむのも良いですが、少し足を伸ばして大自然の中から初日の出の絶景を見るのも、新年から心が澄みわたりそうですよね。

山と海でも、それぞれ違った良さが味わえますよ。初日の出から雄大な自然のパワーを全身に浴びて、2018年を気持ちよくスタートしたいですよね。

混雑するスポットもありますから、事前に駐車場やアクセスなど細かくチェックしておくと、当日ゆとりを持って初日の出を楽しむことができますね。