おせち料理の食材の種類や意味を徹底解説!祝い肴三種や各段に入れる物など

お正月にはおせち料理を食べる人も多いですよね。おせち料理は毎日忙しくしているお母さんがお正月くらいは、のんびりできるようにと保存が利くものになっています。

その他にも昔の人がさまざまな願いを込めた料理がつまっているのです。

最近ではご家庭で作る人も減ってしまいましたが、重箱に詰められたおせち料理について徹底解説したいと思います。

おせち料理の一つひとつに込められた意味を知ったら、来年のお正月は手作りしてみたくなるかもしれませんね。

おせち料理の由来・はじまりって?

おせち料理の原型ができたのは、弥生時代までさかのぼるといわれています。当時の人々は作物の収穫や天候など生活の節々で神の存在を信じてきました。

自然の恵みや収穫物への感謝を神様に供えた物を「節供(せっく)」と呼んでいたのです。またその供えた物を料理したものが「節供料理」と呼ばれ、おせち料理の始まりだとされています。

時代は流れ、中国から節句行事が伝わりました。宮中で元旦や五節句の行事の際に行われる宴のことを「節会(せちえ)」と呼んでいました。

そこで振舞われた料理のことを「御節供(おせちく)」といわれ、略されて「おせち」という今の名前になったのです。おせち料理を感じで書くと「御節料理」と書くのもこのことから来ているのですね。

五節句(ごせっく)とは・・・1月7日(人日)・3月3日(上巳)・5月5日(端午)・7月7日(七夕)・9月9日(重陽)のことで、1年に5回ある季節の節目の日のことです。

おせち料理の意味は?

お正月に各家にやってくるとされる歳神様をおもてなしするための料理といわれています。

歳神様とは豊作を願う神様のことで、大切に扱うことでこの1年が食べ物に困ることなく、生活できるといわれています。

重箱に詰められる料理や素材そのものに意味があり、願いが込められています。お弁当のように、ただ隙間をうめて美味しそうに詰めていけば良いのではなく、詰める順番なども決められているのです。

地域によってさまざまなおせち料理があると思いますが、一般的なおせち料理の意味や願いについてご紹介します。

どんな願いがある?詰め方の決まりって?祝肴三種 -一の重~三の重-

三段のお重を例にして、それぞれに込められている意味や願い、詰め方の決まりについて詳しくご紹介したいと思います。

一の重

重箱の1番上になるところです。おせち料理と聞いて思い浮かぶものが詰められます。

祝肴(数の子・田作り・黒豆・たたきごぼう)、口取り(かまぼこ・伊達巻・栗きんとん)を詰めます。よくいわれる祝肴の三種は、数の子・田作り・黒豆のことを指します。

<祝肴>

●数の子
ニシンの卵が数の子です。ニシンは卵を多く産み、たくさん産まれることから子孫繁栄や子宝を願う縁起物として食べられます。

●田作り
田植えの肥料として、乾燥させたいわしを使っていました。そのいわしを肥料にした田んぼが豊作になったことから作物の豊作を願うものです。

別名ごまめ(五万米)とも呼ばれますが、田を作るという意味から田作りと呼ばれることがポピュラーのようです。

●黒豆
黒は魔除けの色とされており、邪気を払うことができるとされています。1年間をまめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにと無病息災の願いがあります。

スポンサーリンク

また「黒く(日焼けして真っ黒なるほど健康に)まめに暮らす」という語呂合わせから来ているという説もあります。関東では「しわしわになるまで長生きするように」という意味から、黒豆がしわしわになるまで煮込むと良いとされています。

●たたきごぼう
別名は開きごぼうともいわれることから、運が開く(開運)の意味があります。ごぼうは地中深くに根を張る習性があるため、家庭や家業などがその土地に根を張って安泰に過ごせようにという願いが込められています。

<口取り>

●紅白かまぼこ
かまぼこの半月の形が初日の出に似ていることから、縁起物といわれています。赤は魔除け、白は清浄や神聖の意味があることから、紅白のかまぼこが詰められます。

●伊達巻
「伊達」という言葉は、華やかさや派手さを表わしています。お正月に食べるとても華やかな卵焼きという意味で「伊達巻」という名前がつけられたといわれています。また伊達政宗が卵に魚のすり身を混ぜたものを好んで食べたという説もあるといわれていますよ。

伊達巻が巻物の形に似ていることから、学問や習い事の成就や文化の発展を願っています。

●栗きんとん
栗きんとんの鮮やかな黄色は財宝を表わしています。金運を運んできてくれる食べ物という意味があります。

二の重

酢の物や焼き物を詰めていきます。一の重で詰められなかったものを詰めても良いとされています。

<酢の物>

●紅白なます
紅白は、水引を表わしています。平安と平和の願いが込められています。

●ちょろぎ
ちょろぎは漢字にすると「長老木」「長老喜」などとおめでたい意味で表わされます。その漢字の意味どおりで、長寿の願いが込められています。

●酢蓮
レンコンの穴のあいている様子から先々が見通せて、将来の見通しができるといわれています。また仏教では、仏様がいる極楽の池にある植物としてけがれのないものとされています。

●菊花かぶ
かぶを菊の花のように飾り切りをして、紅白の酢の物にしたものです。長寿を願う縁起物として詰められています。また武家社会ではかぶが頭という意味を持つことから、頭(かしら)を目指すようにという意味もあるといわれています。

<焼き物>

●海老
海老が腰の曲がった様子に見えることから、腰が曲がるまで長生きできますようにという長寿の願いが込められているのです。海老の朱色がおせち料理を華やかにしてくれることから詰められているといわれています。

●ぶり
ぶりは成長と共に名前が変わっていく出生魚ということで、出世の願う意味があります。

●鯛
祝いの席にはよく用いられる魚です。「おめでたい」という語呂合わせから詰められるようになったといわれています。

●うなぎ
ごく最近のおせち料理には、うなぎも入っているようです。うなぎは、うなぎのぼりにあやかって、出世を願うものです。

三の重

重箱の1番したになる部分です。筑前煮や煮しめなど季節の野菜を使った煮物が詰められます。

●昆布巻き
養老昆布からよろこぶという意味があり、不老長寿の縁起物として詰められます。また「子生(こぶ)」という漢字を当てて、子孫繁栄の願いも込められています。また巻いてある様子から伊達巻のように文化発展や学問成就の願いもあるといわれていますよ。

●煮しめ
さまざまな野菜を一緒に煮た煮しめは、家族が仲良く結ばれますようにという願いがあります。それぞれの素材にも願いが込められています。

里芋は小芋がたくさんつくので子宝、くわいは大きな目が出るので出世、椎茸は元気や健康、豆腐には家が守られるように、こんにゃくは結んである様子から円満や良縁などの縁結び、にんじんは鮮やかな色から寿を表わす縁起物、たけのこはすくすく育つ様子から子どもの成長と家の繁栄という意味です。

まとめ

おせち料理には、さまざまな意味や願いが込められています。お正月は毎日おせち料理が出てくるので飽きてしまうことも多いですが、それぞれの料理や素材に込められている意味を知ると、より美味しく食べられそうですね。

1年間の開運のためにもおせち料理を食べて、おだやかなお正月を過ごしましょう。願いを知ることで、おせち料理作りに挑戦してみるきっかけにもなりそうですよね。