正月飾り(しめ縄・門松・鏡餅)はいつからいつまで飾る?処分の方法も

日本人だからこそ知っておきたいのが、昔からのしきたりです。意外と知らないことが多く「あれっ?」と行事の時に思うことってありますね。

お正月は「今年も何事もなく家族みんなが健康に過ごせますように!」と神様をお迎えする準備をしないといけません。

その時に神様にお供えするのが、「しめ縄、門松、鏡餅」の3つです。

これっていつからいつまで飾ったらいいのか毎年分からなくなりますよね。

そして、「どうやって処分すればいいの〜?」と悩んだこともあるかと思います。

この記事では、お正月飾りのしきたりについて紹介しています。

お正月飾りを飾る期間は?

地域により様々ですが、ここでは関東と関西地域に大まかに分けて説明させて頂きますね。

しめ縄と門松

関東

12月28、30日〜1月7日まで飾るのが一般的です。

関西

12月28日、30日〜1月15日まで飾ります。

鏡餅

関東

12月28日、30日〜1月11日までが標準的です。

関西

12月28日〜1月20日までです。

面白いのは、同じ関西でも京都周辺は、4日までと飾る期間が短いことです!

*注意 ; 同じ関東や関西地域でも地方により異なることもあります。

スポンサーリンク

絶対に飾ってはいけない日がある!

絶対にいずれのお正月飾りも取り付けてはダメな日があるので覚えておきましょう。

・29日(二重苦になるという意味でNG)

・31日(一夜飾りは縁起が悪いのでダメ)

と、どちらも避けられています。

飾るのにおススメの日は?

逆に、28日は末広がりで縁起が良いことから飾り付けをされる方が多いです。

しかし、忙しくって「28日に飾るの忘れた〜!」っていう方は、30日があるので大丈夫ですよ。

お正月飾りの処分方法

縁起ものだけにどうやって片付けようと困まりますよね〜。

門松&しめ縄の処分方法

最近では「エコだから!」と毎年使い回す家庭が多いです。

しかし、「年ごとに新たな物を使う。」というのが本来のしきたりとされています。

処分の方法は、「どんど焼きに持って行き、焚き上げて頂く」のが正式です。

どんど焼きは、1月15日に行われることが多いです。これも地域により日程にズレがありますので事前に「いつ開催されるのか?」をチェクすることをお忘れなく!

その他には,

・予定の合う時に神社に持って行き護摩炊きしてもらう

・ゴミとして出す

というやり方もあります。

ゴミとして出す時には、お清めのお塩を添えて燃えるゴミに出しましょう。地域によっては、門松は、大型ゴミとして扱われることもあるので注意が必要です。

鏡餅の処分方法

神様の食べ物としてお供えしたものなので、その恩恵を受けるために、鏡開きの日に頂きます。

鏡餅開きで注意するポイント

鏡餅を小さくする時に「刃物=切腹」というイメージがあるので、包丁などで切ってはいけません。必ず、木槌などで叩いて細かくしましょうね。

しかし、真空パックの物は、固過ぎてそのままでは無理です。軽くレンジでチンしてから細かくすると良いという裏技情報がありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

鏡開きの日にちも

・関東 1月11日

・関西 1月20日

・京都周辺地域 1月4日

とかなり地域差があります。

さらに、食べ方も焼き餅、お雑煮、お汁粉と地方により違うのも興味深いですね!

まとめ

普段の生活では、なかなか昔から伝わる日本特有の風習に触れる機会が減っています。

1年のスタートであるお正月ぐらい、日本古来のしきたりやマナーを守ってみませんか?

気持ちもリフレッシュし、幸先の良い年を迎えられますよ。