丸の内イルミネーション2017-18|期間や点灯時間・アクセス見どころなど

2017年で16回目をむかえ、2016年には「日本夜景遺産」にも認定された冬の風物詩、東京・丸の内イルミネーション。

丸の内と言えば、東京でも屈指のオフィス街として知られるほか、ブランドショップが並び、巨大ビルがそびえ立ちます。

そんな丸の内のメインストリート、有楽町と大手町をつなぐ約1.2Kmにもおよぶ丸の内仲通りを、93万の電球が「シャンパンゴールド」に彩ります。仕事帰りに友達と一緒に見に行くのも楽しいし、デートで彼・彼女と散歩するのもロマンチックですね。

今回は丸の内イルミネーションの期間と点灯時間、見どころにアクセス方法など、気になる情報をお伝えします。

丸の内イルミネーションの開催期間と点灯時間

丸の内イルミネーション2017-2018の開催期間が正式に発表されました。

開催期間:
2017年11月9日(木)~2018年2月18日(日)
点灯時間:
17:30~23:00

夜も比較的遅い時間まで点灯されているので、お食事の後でも充分に楽しむことができますね。

昨年は、1番混雑する12月中は17:00~24:00まで点灯されていました。今年の12月も同様に、延長した点灯時間が予定されています。

点灯式については、今のところ「有り」という情報だけで詳細の発表はありませんが、街中がいっせいに点灯される様子は見る価値があります。

料金が気になるところですが、店頭や街路樹などを利用したイルミネーションとなるので、入場料などはかかりません。嬉しいですね。

丸の内イルミネーションの開催場所とアクセス方法

開催エリア:丸の内仲通り 東京駅周辺 ほか

丸の内へは車でもいけないことはありませんが、都心ということもあり混雑が予想されるので、公共交通機関のご利用をおすすめします。南北約1.2KMにわたる丸の内仲通りにはいくつかの最寄り駅が存在するので、アクセスし易い駅を利用してください。

【東京駅エリア】
・JR東京駅
・JR京葉線東京駅
・東京メトロ丸の内線東京駅
・東京メトロ丸の内線大手町駅
・京メトロ東西線大手町駅
・東京メトロ千代田線大手町駅
・京メトロ都営三田線大手町駅
・京メトロ半蔵門線大手町駅

【有楽町エリア】
・東京メトロJR有楽町駅
・東京メトロ有楽町線有楽町駅

 

丸の内エリアにあまり馴染みのない人は、東京駅丸の内南口から出て丸の内ビルを目指して歩くのが1番分かりやすいと思います。

広いエリアで開催されているので、丸の内に到着する前からイルミネーションがほどこされています。東京メトロ二重橋駅か東京メトロ日比谷駅で降りてから、丸の内へ向かって歩くのも良いですよ。

丸の内イルミネーションの見どころ

シャンパンゴールドの街路樹

有楽町から大手町を結ぶ「丸の内仲通り」と昨年から加わった「大手仲通り」の250本もの街路樹が、丸の内オリジナルカラーの「シャンパンゴールド」に輝く様子は、丸の内イルミネーション一番の見どころです。

スポンサーリンク

光のゲート

今年は新たに、アール・ヌーボー調のデザインをモチーフとした、高さ6mにも及ぶ「光のゲート」が登場します。国際ビルと新国際ビルに挟まれた、丸の内仲通りに2つのゲートが見られる予定です。

ディズニーとコラボ!?

2013年、2014年には丸の内イルミネーションとディズニーがコラボして「隠れミッキー」が現れたこともあります。華やかな電球に混ざってあちこちにミッキーが隠れているということで、その隠れミッキーを探す人たちで盛り上がりました。今年はどんなイベントがあるのでしょうか。楽しみですね。

花で彩るクリスマス

丸の内ブリックスクエアのイルミネーションも必見です。例年、イルミネーションと一緒にクリスマスツリーが飾られます。

今年は開業15周年を迎えた丸ビルと、10周年を迎えた新丸ビルのアニバーサリーイヤーということで、2017年11月9日(木)~12月25日(月)までの間「Marunouchi Bright Christmas 2017-Blooming Anniversary~花で彩るクリスマス」と題して、「花」をテーマにしたイベントが開催されます。

メイン会場の丸ビルの1階には、世界的に有名なフラワーアーティスト、ニコライ・バークマン氏がデザインしたクリスマスツリーが登場します。10mを超えるクリスマスツリーは音と光による照明演出がほどこされ、幻想的な雰囲気を楽しむことができるでしょう。

また、新丸ビルや丸の内ブリックスクエア各所でも、ニコラス氏による「花」をモチーフにしたオブジェを見ることができます。詳しいお問い合わせは、丸の内コールセンター(Tel:03-5218-5100)まで。

花と光のシンフォニー

新丸ビル開業10周年・丸ビル開業15周年・国際フォーラム会館20周年・東京駅丸の内駅前広場のグランドオープンを一緒に祝う、「セレブレーション」をテーマに「東京ミチテラス」が開催されます。

期間は2017年12月24日(日)~12月28日(木)の5日間。「花とひかりのシンフォニー」と題され、このエリアにふさわしい上品でスタイリッシュなアート作品が展開されます。

行幸通りでは花と光が一体となったフラワーガーデンが、丸の内仲通りには花と光を組み合わせたフラワーアートが設置される予定です。

お問い合わせは、東京ミチテラス2017実行委員会事務局(Tel:0180-993-771)まで。

エコイルミネーション

この丸の内イルミネーション、電気の使いすぎで環境に悪い影響を与えるのでは...と心配になる方もいるのではないでしょうか。

このイルミネーションには従来の電球の使用電力を65%カットした「エコイルミネーション」が使われています。また、2014年度からは、エコイルミネーションの使用電力をさらに30%削減するという「NEWエコイルミネーション」が一部のエリアで使われるようになりました。

今年はNEWエコイルミネーションの設置エリアをさらに拡大して使用電力を一層削減することを目標にしています。また、期間中に使用するエネルギーは全て、太陽光や風力などの自然エネルギーで発電されたグリーン電力なので、100日間という長期間・広範囲での点灯でも安心です。

まとめ

このシーズン、やっぱりイルミネーションは欠かせません。

丸の内という場所柄もあるのか大人の雰囲気のイルミネーションで、100日間という長期に渡って開催されます。

クリスマスはもちろん、バレンタインにも彼氏・彼女とのロマンチックなデートに使えそうですね。それでは、素敵な年末年始をお過ごしください。