成人式のお祝い金の相場は?贈る時のマナーや祝儀袋の書き方も説明

大人への第一歩への区切りの儀式が、成人式ですね。色とりどりの振り袖姿が、初々しくまぶしく感じられます。

だけど、ちょっと待って下さい。

あなたのお知り合いで成人式を迎える方は、いらっしゃいませんか?「そう言えば、親戚の子が成人式だった。」という時に悩むことは、お金の問題ですね。

「いくらぐらい包んだら良いのか?」とお祝い金の相場が、分からずに困ってしまう時があります。

さらに、贈る際には、のし袋や渡し方にも細かいマナーがあることをご存知でしょうか?

ここでは、お祝い金の相場そして渡す時に気をつけるべきマナーについてご紹介して行きます。

成人式で渡すお祝いの金額の相場は?

お祝いを贈る側と受け取る方との関係により、渡す金額が異なります。

そこで、一般的な成人式のお祝い金の相場を参考までにまとめてみました。

あなたと成人式を迎えられる方との続柄によるお祝い金額の相場

      お子様       1万円〜5万円
      お孫さん       1万円〜10万円
      兄妹       1万円〜3万円
      甥・姪       1万円〜10万円
  従姉妹などのその他の親戚       5千円〜1万円
    友人の子やその他       3千円〜5千円

この表の金額は、標準的なケースです。

地域により金額にバラツキがある事が多いので、親しい方にご相談されるのもおススメです。

また、「日頃からどのくらい親しくお付き合いされているのか?」によっても金額が異なります。

成人式のお祝いを贈る時のマナーは?

お祝いなのでなるべく早めに渡すことを心掛けましょう。

お祝いを贈る時のマナーは、以下のようになります。

スポンサーリンク

・成人式の前日までには、贈ること

・間に合わなかった時には、成人式の当日に渡しても大丈夫

お互いに遠く離れた場所にいると、なかなか難しいですね。しかし、お祝い事なので先に延ばすのは避けましょう。

そのような時には、郵便書留を利用されるのをおススメします。この時に、お祝いのメッセージを一言添えると受け取った方もより一層喜ばれるでしょう。

成人式の祝儀袋の書き方は?

御祝儀袋も日本ならではの、様々なしきたりがあるので難しいですよね。

「どれを選んだ良いのか分からない。」、「表書きをどう書いたら良いのか分からない。」という方のために、簡単にまとめてみました。

成人式のお祝いで使用するご祝儀袋は、「紅白の蝶結びの水引」もしくは「紅白のあわび結びの水引」です。

御祝儀袋に入れるお札にも注意しましょう。

ヨレヨレ、シワシワのお札を頂いたら気持ちがいいものでは、ありませんね。

必ず、新札を入れて下さいね。ちょっとした気遣いで相手が受けるあなたの印象もグッと変わりますよ。

表書きには以下のどれかを書きます。

・御成人

・祝御成人

・御祝祝成人式

・成人お祝い

 

この時に使う筆記用具は、以下のどちらかです。

・墨と筆

・筆ペン

ボールペンで表書きを書くこともエチケット違反になりますので、注意が必要です。

もちろん、いくら親しい間柄でもお金をそのまま渡すのは、ルール違反です。

例え、親子間でもきちんと御祝儀袋を使いましょう。

まとめ

成人式は、人生の一大イベントです。そこで、贈られる側にとって記念となるようなプレゼントをお祝い金と一緒に渡すのもおススメです。

あなたの相手を思いやる気持ちが、さらによく伝わります。

新成人のお手本となるように、社会人として基本的な作法をしっかりと日頃から身に付けて行くことも必要ですね。