松の内の期間はいつまでなの?その間にする事や意味・由来など

お正月の三が日と呼ばれているのは1月3日までの三日間ですね。

小正月は1月15日までのことですが、松の内はいつまでなのか気になりますよね。また松の内までにしておくことはあるのでしょうか。

意味や由来なども含めて、松の内について気になることを詳しくご紹介したいと思います。

松の内はいつから?

松の内が1月1日からであると思っている人が多いのではないでしょうか。正しくは12月13日からお正月飾りを飾って良いとされています。

クリスマスが終わり、年末の大掃除が終わってから飾る人が多いと思いますが、こんなにも早くお正月に歳神様を迎える準備をして良いとされているのですね。

松の内はいつまでのこと?

一般的に1月7日までのことを松の内と呼びます。

地域によって10日や15日までのところもあるといわれています。元々は小正月である15日とされていましたが、今では関東地方は7日、関西地方は15日まで松の内と呼んでいるところが多いですね。

なぜ地域によって違うのでしょうか。関東地方で松の内が7日となっているのは、2つの説があるといわれています。

そもそも昔は鏡開きを20日に行っていました。鏡開きとはお供えしていた鏡餅を下げて、家族みんなでいただく日のことです。しかし徳川家光が4月20日に亡くなったことにより、月命日である20日を幕府が避けるようになりました。

そして鏡開きはぞろ目で縁起の良いとされる11日に行われるようになったのです。それに合わせて関東地方では、松の内も7日になったといわれています。

また明暦3年正月(18日~20日)に「明暦の大火」と呼ばれる大火災が起こりました。江戸の街がほとんど焼失してしまったのです。これを教訓として、燃えやすいお正月飾りは7日までに飾り納めをするようにと幕府から通達があったためという説もあるといわれています。

江戸時代までは全国共通で松の内が15日まででした。幕府の影響をほとんど受けなかった関西地方では、昔のまま15日までの期間を松の内と呼んでいるようですね。

九州地方では7日に「鬼夜」と呼ばれる行事が久留米市の大善寺玉垂宮で行われています。昔から日本三大火祭の一つとして、きちんとお正月飾りを燃やして始末をする行事が残り、松の内を強く意識することができるのです。

 

松の内の意味・由来

松の内はあまり知られていませんが「松七日(まつなのか)」とも呼ばれることがあります。

松の内とは、お正月飾りを飾っておく期間のことです。今はあまり見かけなくなりましたが、本来は門松(松飾)を飾っておく期間のことなのです。

門松は歳神様がやってくる目印になるといわれています。豊作の神様である歳神様は、大切に扱うことで食べ物に不自由なく1年を暮らすことができるのです。

スポンサーリンク

汚いところを嫌う歳神様は、掃除が行き届いていて、お正月飾りをきちんと飾ってある家にだけやってくるといわれています。年末に大掃除をして、お正月飾りをつけるのは歳神様をお迎えする準備だということですね。

また門松が歳神様の滞在を表わす印でもあります。お正月飾りを飾っている間だけ、歳神様が滞在されるのです。

歳神様は滞在中、鏡餅に宿っているといわれ、お正月飾りを片付けた後も魂だけが鏡餅に残ります。1月11日の鏡開きに歳神様の魂が宿った鏡餅を食べることで、歳神様の力も一緒にいただけるといわれているのです。

松の内にしておくことは?

松の内は歳神様をお迎えして、おもてなしをする期間だといわれています。おせち料理は歳神様に対するお供え物で、不思議な力が宿るといわれているのです。お正月には、おせち料理を食べて1年の健康や幸せをお祈りしましょう。

7日の朝には七草粥を食べるという風習があります。七草粥とは、春の七草(セリ・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)が入ったおかゆのことですね。ちなみにすずなはカブ、すずしろは大根のことです。

七草粥には1年間の無病息災の願いが込められているのです。また年末年始にご馳走をたくさん食べて働かなかった身体を労わる意味もありますよ。胃腸に優しく野菜をたっぷりと取ることができ、栄養満点ですよね。最近ではスーパーに七草粥セットというものが売っているので、手軽に作ることができますよ。

新年を迎えてから、初めて会った人に新年の挨拶をするのも松の内までといわれています。それ以降も新年の挨拶をしても問題はありませんが、松の内までであるということを覚えておきましょう。遅くとも新年の挨拶回りは1月15日ごろまでに済ませておくことが良いでしょう。

また年賀状を出して良い期間も松の内までです。年賀状の返事はお正月中に送るのが礼儀ですが、どうしても送れなかった場合、8日以降に出すのなら「寒中見舞い」として送りましょうね。「寒中見舞い」は2月4日立春まで使うことができます。

お正月飾りを片付けるのは7日じゃ遅いの?

松の内は7日もしくは15日までなのだから、最終日もしくは翌日の朝に片付ければ良いと思っている人が多いのではないでしょうか。

正しくは前日(6日か14日)の深夜か当日(7日か15日)の早朝に片付けることが一般的ですよ。片付けそびれることのないように気をつけましょうね。

お正月飾りの処分はどうする?

お正月飾りは歳神様がやってくる目印とされているので、神具なのです。松の内が終わり片付けるとき、そのままゴミ袋に入れて捨てるようなことは絶対にいけません。

神社に持っていくのがベストになります。一般的には1月15日ごろに「どんど焼き」といって神社でお正月飾りを燃やしてくれる行事がありますよ。

どうしても神社に行くことができない場合には、家庭での処分になりますね。そのまま捨てるのではなく、塩を振って紙に包む方法が良いでしょう。もちろん他のごみとは袋を分けてくださいね。

最低限のマナーは守りましょう。

まとめ

松の内の期間は地域によって異なりますが、歳神様のおもてなしをして、お正月をお祝いする期間であることに変わりはありません。

お正月の挨拶や年賀状などの松の内までのマナーを身に着けておくことも大切ですよね。

七草粥など昔からある風習を松の内の由来と共に受け継いでいきましょう。最近ではお正月にやってくる歳神様を知らない人が多いそうです。年末の大掃除からお正月を迎えるまでの意味や由来を深く知ることも楽しいですよね。