西宮神社2018年の十日戎の時間は何時まで?混雑状況や駐車場も紹介

毎年たくさんの参拝者で賑わう、西宮神社の十日戎(とおかえびす)、俗称「えべっさん」。

十日戎とは、七福神の一神である「えびす様」に商売繁盛・家内安全・交通安全を願うお祭りですが、西宮神社の十日戎は特に商売繁盛を願って参拝に行かれる方が多いと思います。

全国3500のえびす神社の総本社である西宮神社の十日戎は、2018年も大混雑が予想されます。

そんな十日戎の開催日時や混雑状況・アクセス方法など、気になる情報をお伝えします。

西宮神社2018年十日戎の日程と時間

西宮神社の十日戎は1月9日から11日までの3日間で開催されます。(参拝時間)

• 1月9日 宵えびす 8:00~24:00(5:00~24:00)
• 1月10日 本えびす 6:00~24:00(6:00~24:00)
• 1月11日 残り福 8:00~24:00(5:00~24:00)

1月10日の本えびすには、テレビなどでも毎年決まって放送されている「福男選び」が朝6時から行われます。

十日戎で混雑する時間帯

3日間に渡って行われる西宮神社のえびす祭りには、毎年100万人を越える参拝者が訪れます。

十日戎と言われるくらいですから、もちろん10日がメインで、最も混雑するのは予測できますね。今年の1月10日は水曜日で平日なので、仕事帰りに来る方を考えると19時から21時は動けなくなるぐらいになると思われます。

また10日の朝6時から始まる福男選びには6000人もの参加者と、先着5000名の参拝者に配られる「開門神事参拝之証」のために毎年込み合います。

こんな大混雑の中でも、トイレは駅か神社にしかありませんので注意してください。

混雑を避けるには?

1番すいているのは、9日の朝から夕方にかけてですね。また10日の福男選びが終わった8時から16時までの間なら、入場制限にも引っかかることなくお参りしやすくなります。

11日も朝の早い時間帯、5時から10時くらいまでは比較的すいている方です。分かりやすく箇条書きにするとこうなります。

• 9日 5:00~16:00
• 10日 8:00~16:00
• 11日 8:00~10:00

しかし、この時間帯はあくまでも、3日間の「お祭りの中での」人が少ない時間帯というだけで、お祭りの期間中はいつも混雑しています。人が多いのは当たり前だということを理解しておいてくださいね。

スポンサーリンク

西宮神社周辺の駐車場情報

西宮神社付近にも駐車場はありますが、ここに停めることはお勧めできません。まず無理ですが万が一、駐車できたとしても余りに混雑するので、帰りに出られなくなります。

最寄り駅の阪神西宮駅に520台止められる駐車場がありますが、ここも満車の可能性は大です。

どうしても車で行きたい、と言う人は西宮駅から1駅くらい離れた駐車場にとめて、公共交通機関を利用することをお勧めします。

【香櫨園駅周辺の駐車場】

【今津駅周辺の駐車場】

交通規制

十日戎の開催される3日間の9時から23時まで、下記の場所は歩行者専用道路になります。車で行かれる方はしっかり確認しておきましょう。

• 国道2号・国道43号の神社周辺
• 浜脇小学校・浜脇中学校周辺の道路

西宮神社へのアクセス方法

正確な住所は「兵庫県西宮市社家町1-17」です。

車・飛行機・電車・バスで全国各地からの京都市内へのアクセス方法を紹介します。

電車でのアクセス方法

・新幹線で「新神戸駅」で下車した場合、神戸市営西神・山手線に西神中央行きに乗り換え、1つ目の「三宮駅」で下車、阪神電車「神戸三宮駅」まで歩き、阪神電車で「西宮駅」へ。到着後、南口から南西へ徒歩5分。

・新幹線で「新大阪駅」に下車した場合、JR東海道山陽本線加古川行きに乗り換え、1つ目の「大阪駅」で下車、徒歩8分阪神「梅田駅」から阪神本線山陽姫路行きで「西宮駅」に到着後、南口から南西へ徒歩5分。

・JR神戸線「さくら夙川駅」から南東へ徒歩10分。

・JR神戸線「西宮駅」から南西へ徒歩15分。

・阪急電車・神戸線「夙川駅」から南東へ徒歩15分。

 

バスでのアクセス方法

市内からのアクセス

・「阪急西宮北口駅」の南口広場から阪急バス阪神西宮行きに乗り、「阪神西宮」で下車し、えべっさん筋を南西へ徒歩すぐ。

・「JR西宮駅」のバス北ターミナルまたはバス南ターミナルから阪神バス・阪急バス阪神西宮行きに乗り、「阪神西宮」で下車し、えべっさん筋を南西へ徒歩すぐ。

全国各地から市内へのアクセス

【神戸の高速バスターミナル】
関東・東海・北近畿・山陽・山陰・四国・九州など主要都市からの長距離高速バスの多くは、mint(ミント)神戸の1階にある、「三宮バスターミナル」を利用します。また、中距離高速バスは、神姫バス「三ノ宮バスターミナル」が起点となります。

【大阪の高速バスターミナル】
JRバスグループの高速バスは「JR大阪駅高速バスターミナル」を、阪急バス系の高速バスは「阪急高速バス大阪梅田ターミナル」を利用します。

飛行機でのアクセス方法

大阪国際空港を利用します。大阪国際空港には全国各地32の空港から、ANA・AMX・IBEX とJALが運航しています。大阪国際空港から大阪駅梅田まで640円、神戸三宮まで1050円でリムジンバスが運行しています。

車でのアクセス方法

【神戸方面からの場合】
・阪神高速3号神戸線「西宮出口」を降りてすぐ左手に曲がり、国道43号線沿いの「南門」より。

・国道2号線「産所町交差点」を右に曲がり、えべっさん筋(県道193号線)を南に行き阪神電車高架をくぐり、室川質屋手前の「西宮神社会館入口」、または会館入口より南へ行き、すぐ右手「東門」より。

【大阪方面からの場合】
・阪神高速3号神戸線「武庫川出口」降りて国道43号線を西へ行き、「戎前交差点」を右折、表大門(赤門)を通り過ぎて、すぐ左手「東門」より。

開門神事福男選びについて

福男選びとは、西宮神社の十日戎の10日朝6時で毎年福男を選ぶ行事のことです。

時刻になると「表大門」が開かれ、外で待っていた参加者は230m離れた本堂へ向かって走ります。

本堂に最も早く到着した3人がその年の福男となり、認定証とえびす様の御神像、その他賞品が贈られます。福男選びと呼ばれていますが、女性でも参加は可能です。

しかし、競争なので女性には不利な部分もあって江戸時代から続くこの行事で、女性が「福女」として認証されたことは1度もありません。

以前は、早く来た者はいいスタート位置が確保できましたが、近年は場所取りのために何日もテントを張って野宿する参加者などがいたため、くじ引きでスターと位置を決めることになりました。

10日の0時に先着で1500人にくじが配られ、門前からスタートできる258人が抽選されます。毎年6000人を越える参加者で賑わう福男選び。走りと体力に自信のあるあなた、参加してみてはどうですか?

十日戎の福笹

福笹は、十日戎に販売される、笹に小宝・吉兆と呼ばれる飾り物をつけた縁起物で、商売繁盛のご利益があるとされています。

飾り物には、熊手(福や運をかき集める)・蓑(かき集めた福や運をすくい取る)・丁銀/分銅/袋/千両箱/小判/大判(お金)・鮑熨斗/鯛(海の幸)・俵(豊作)があります。「商売繁盛、笹持って来~い!!」。

商売をしている人は施是非、1年間の商売繁盛を願って福笹を買って帰りましょう。

まとめ

全国各地で行われている十日戎ですが、やっぱりえびす神社総本社の西宮神社は多くの参拝者で込み合います。

今回紹介した混雑の時間帯や、交通規制などを把握した上で訪問することをお勧めします。また、季節柄とっても寒くなると思いますので、しっかり着込んで防寒対策をして出かけましょう。

福男選びに参加するのも良し、福笹を買うのも良し、屋台で何か食べながら参拝するのも良し。西宮神社の十日戎で商売繁盛にあやかっちゃいましょう。それでは、良いお参りを!