永観堂2017の紅葉の見頃やライトアップ時期はいつ?アクセスや駐車場情報も

秋も本格的になってきた今日この頃、もうすぐ紅葉のシーズンがやってきますね。

今回は、京都の浄土宗西山禅林派の総本山、永観堂(正式名称は禅林寺)の紅葉情報をお届けします。

境内の一番高い場所に見える多宝塔を包み込むように生えているもみじの木々の紅葉は、紅葉スポットの多い京都の中でも最も有名な紅葉スポットのひとつに数えられています。

古今和歌集にも「もみじの永観堂」と詠まれるくらい美しい景色で、夜にはライトアップもされています。お昼間に木漏れ日の下で見る紅葉は鮮やかできれいですが、ライトアップされた永観堂の紅葉もまた一味違う幻想的な景色です。

永観堂の紅葉の見頃の時期

天候や気候によって毎年多少の差はありますが、通常11月上旬から色づき始めて、見頃は11月中旬から12月上旬までとなっています。

今年も例年通り見頃は、11月中旬から12月上旬ということです。

永観堂ライトアップの時期と拝観料

永観堂では毎年、夜間ライトアップの紅葉祭りが開催されています。

期間は11月7日(水)から12月6日までの、17:30~21:30です。

年中無休で、夜の拝観料は中学生以上一律600円になります。

また、紅葉祭りと同時期に「寺宝展」も開催されます。

寺宝展は9:00 ~ 16:00(17:00閉門)で拝観料は、大人1000円 小中高生400円になります。

しかし、昼夜入れ替わり制なので、17:00には全員敷地内から出なければいけなく、その後新しく夜の拝観料を払ってからの再入場という形になるので注意してください。

寺宝展では、二十五菩薩来迎図絵扉(重文)、阿弥陀二十五菩薩来迎図(重文)、千手観音・二十八部衆像、両界曼荼羅図、往生講私記などを見ることができます。

永観堂へのアクセス方法

正確な住所は京都府京都市左京区永観堂町48です。車で行かれる場合の駐車場情報、飛行機・電車・バスで全国各地からの京都市内へのアクセス方法を紹介します。

電車でのアクセス方法

新幹線をご利用の場合は、「京都駅」で下車してください。

京都市営鳥丸線国際会館行きに乗り換え、3つ目の駅の「鳥丸御池駅」で下車、地下鉄東西線六地蔵方面行きで「蹴上駅」に到着後に、徒歩15分です。

車で行く場合の駐車場情報

通常は永観堂の駐車場が利用できますが、ライトアップの期間中は自家用車の駐車はできなくなっています。

この期間中は、京都市営岡崎公園駐車場の利用をお勧めします。しかし、営業時間が22:30までとなっているので注意してください。

【京都市営岡崎公園駐車場】

料金:

・(7:30~23:00)最初の1時間まで500円 以降30分/200円
・1日上限料金 1,300円(日・祝除く)

・一泊(23:00~7:30)700円

地図:

 

バスでのアクセス方法

市内からのアクセス

  • 「JR京都駅」から市バスの5系統で「南禅寺・永観堂道」下車後に、徒歩5分。
  • 「JR京都駅」から市バスの100系統で「東天王町」下車後に、徒歩8分。
  • 京阪本線「三条駅」・市営地下鉄東西線「三条京阪駅」(三条京阪)から市バス5系統で「南禅寺・永観堂道」下車後に、徒歩5分。
  • 阪急京都線「河原町駅」・京阪本線「祇園四条駅」(四条河原町)から市バス5系統で「南禅寺・永観堂道」下車後に徒歩5分。
  • 京阪電車「神宮丸太町」から市バス204、93系統で「東天王町」下車後に、徒歩8分。

全国各地から京都市内へのアクセス

全国各地から京都まで、高速バスが運行されています。京都市の高速バスのターミナルは8箇所あります。

・鳥丸口の正面側にあるターミナル 鳥丸口前

・新阪急ホテル前八条口の新幹線側にあるターミナル 八条口前

・ホテル京阪前

・八条口東側

・新都ホテル前

・京都VIPラウンジ

 

バスでのアクセスの注意事項

現在八条口のターミナルが大規模な工事をしています。八条口のターミナルに発着していたバス会社の多くは年内、京都鴨川十条へ駆り移動しているので、確認しておきましょう。

一時的に移動した便名は下記の通りです。(運行会社)

  • アミー号(山一サービス)
  • グレースライナー(グレース観光)
  • KBライナー(三栄交通)
  • ゴーゴーライナー(ユタカコーポレーション)
  • 桜高速バス(桜交通/インフォマティック)
  • サンシャインエクスプレス(サンシャインエクスプレス
  • JAMJAMライナー(ジャムジャムエクスプレス)
  • ミルキーウェイ(さくら観光バス)
  • ムーンスター号(イーグルバス

飛行機でのアクセス方法

京都には空港がないので、大阪国際空港を利用します。大阪国際空港には全国各地32の空港から、ANA・AMX・IBEX とJALが運航しています。

大阪国際空港から京都までは国際リムジンバスが南ターミナルの15番乗り場、または北ターミナの5番乗り場から出ています。料金は、大人1310円、子供660円です。

スポンサーリンク

永観堂紅葉散策コース

永観堂の紅葉を見ながら京都の歴史ある町並みを散策する、とっておきの散策コースがあります。

銀閣寺から永観堂を通って南禅寺まで歩くコースで、琵琶湖疏水沿い銀閣寺から若王子神社まで1.8キロ、京都でも唯一「日本の道100選」に選ばれています。

明治時代には多くの文人がこの周辺に住んでいたため「文人の道」と呼ばれ、その後、哲学者・西田幾太郎が好んで歩いたことから、「哲学の道」と呼ばれるようになりました。

「銀閣寺-法然院-安楽寺-永観堂-南禅寺」の紅葉コースは定番になっていて、30分ほどで回ることができます。このコースの周辺には、真如寺・金戒光明寺・平安神宮などもあるので、余裕のある人は寄り道をしながら紅葉を観賞するのもいいでしょう。

京都のその他の紅葉スポット5選

せっかく京都まで来たんだから、永観堂の紅葉を見るだけではもったいないですよね。京都には他にも有名な紅葉スポットがたくさんあります。

特に、お寺や神社、日本庭園といったような日本の伝統的な景色と一緒に見る紅葉には心を奪われます。先ほどの哲学の道のスポットもあわせて、いくつかのお勧めスポットを紹介するので、是非、こちらにも行ってみてください。

真如堂(真正極楽寺)

石畳の参道の左右から生えるカエデのトンネルの奥に見える三重の塔は絵に書いたよう名美しさです。赤や黄色に紅葉する桜・カエデ・モミジなどが、常緑樹の緑と重なり合う光景には圧巻されます。夕日がとってもきれいに見えるので、日没の時間に行くことをお勧めします。

南禅寺

3000本かえでが美しい南禅寺。境内には、歌舞伎の舞台「三門」・名庭師によって作られた「方丈庭園」・塔頭寺院である「南禅院」「天授庵」・ドラマや映画の撮影にも使われた「水路閣」のように見所が満載です。最低でも半日くらい時間をとって、ゆっくり回れるといいですね。

安楽時

京都左京区の鹿ヶ谷にあり、通常は非公開のお寺です。紅葉時には特別に土曜日・日曜日・祝日に一般公開をするので、普段は見ることのできない安楽寺を訪問するのにこの機会を逃さないように!茅葺の山門前の参道が散紅葉で敷き詰められた情緒ある風景、本道や書院の奥の木々の鮮やかな色に魅了されること間違いありません。11月と12月上旬の土曜日・日曜日・祝日の9:30~16:30まで拝観できます。

法然院

苔生した茅葺の山門がシンボルの法然院。山門周辺の紅葉が美しく、白砂壇(びゃくさだん)の白と紅葉のコントラストは見るものを虜にします。法然院は観光客もあまりいないので、ゆったりと紅葉を楽しめる穴場スポットとなっています。

高台寺

京都で一番人気が高い紅葉のスポットで、永観堂と同じように夜はライトアップもされます。波心庭に映し出される光のアート、臥龍池の鏡のような水面に映り込む紅葉や神秘的な光に満ちた竹林。全国でも紅葉の人気スポット2位に位置する高台寺の紅葉は、京都にいったなら是非見てもらいたい風景です。

紅葉以外のこの時期の注目情報

日本全国だけでなく、世界各国からも観光客が多く訪れる京都は、紅葉の他にも見所満載です。

金閣寺・清水寺・二条城・伏見稲荷大社などの、代表的な観光スポットはもう見飽きた人のために、京都のちょっとマイナーな観光情報を紹介します。

山岳展望列車「天空」

山岳を走る観光列車「天空」で世界遺産の高野山を見に行こう!竜王渓谷を渡る歴史ある丹生川橋梁、大小24のトンネルに、渓谷・山岳風景画楽しめる電車の旅です。この展望列車には、窓に向けて配置された座席や外気に当たることができる展望デッキ、大きな窓など、景色を楽しめる工夫がいっぱいです。

何回鉄道橋本駅から出発して、19.8kmを走り極楽橋駅に到着します。基本的には1日2往復ですが、土曜日・日曜日・祝日には1日3往復します。お問い合わせは、南海鉄道高野線 こうや花鉄道 天空(電話:06-6643-1005南海テレホンセンター 8:30~18:30)まで。

小野小町ゆかりの寺

カエデやイチョウなど、落葉広葉樹の美しい紅葉が広がる名刹・醍醐寺(山全体が境内の真言宗醍醐派の総本山)は京都市の南東に位置します。隨心院は小野小町ゆかりの寺と言われ、境内には絶世の美女・小野小町の史跡がいくつも残っています。

小野小町に贈られた千通の手紙が埋められていると言われる「小町文塚」は、恋文上達・文章上達・恋愛成就などの願いが叶うと言われていて、「化粧の井戸(けわいのいど)」では小野小町が実際に顔を洗ったと言われています。

醍醐寺境内にある「醐山料理 雨月茶屋」では、醍醐山内で採れる山菜を中心に使った精進料理を楽しむことができます。

まとめ

いかがでしたか。2017年永観堂の紅葉の見頃・ライトアップ情報と、その周辺の紅葉・観光情報をお伝えしました。紅葉の時期の永観堂はかなり混雑しますが、それでも見る価値があります。入場するのに並ばなければいけないこともあるくらい、大人気の紅葉スポット。

庭の真ん中にある放生池に架かる橋とその池に映る紅葉、多宝塔から見渡すことができる庭園の紅葉、夜間にライトアップされた幻想的な風景と、色々な楽しみ方ができますね。

そんな永観堂の紅葉をはじめ、京都には寺や神社など、日本の伝統的な建築物と紅葉という最高のコラボレーションが多く見られる街です。今年は、日本の伝統的な「美」を求めて京都へ足を運んでみてはいかがでしょうか。