初正月に羽子板や破魔矢・破魔弓は必要?意味やいつまで飾るのかも紹介

赤ちゃんと初めて迎えるお正月のことを初正月といいます。初正月には、昔から羽子板や破魔矢・破魔弓を飾る風習がありますが、どのような意味があるのでしょうか。

必ずしも行わなければいけない行事?飾っておく時期はいつからいつまでなのか、初正月の風習の様々な疑問について詳しくご紹介いたします。

初正月とは?羽子板や破魔矢・破魔弓を飾ったはじまりは?

初正月とは、江戸時代から続く伝統のある風習の一つです。昔は今ほど医療が発展しておらず、決して十分な環境が整っているとは言えませんでした。

赤ちゃんが無事に1歳まで生きることが大変だった時代なのです。そこで親や近所の人たちが子どもの健やかな成長を願った行事だといわれています。

古来よりお正月の風習として、根付いていた年占いや厄落としがはじまりとされています。男の子が弓と矢を使って年占いをし、女の子が羽根を突いて厄落としをしたことから、初正月の正月飾りとして広まっていきました。

女の子が生まれたら羽子板、男の子が生まれたら破魔矢と破魔弓を飾る風習が現在でも行われているのです。

3月の桃の節句には雛人形を飾り、5月の端午の節句には鯉のぼりや五月人形を飾りますよね。それと同様で子どもの成長を願い、お祝いする節句行事の一つなのです。

羽子板はお正月遊びとしても知られていますが、玩具用と飾る用に分かれています。今でもきれいな装飾をした羽子板を見かけることがありますよね。

羽子板や破魔矢・破魔弓にはどんな意味があるの?

羽子板や破魔矢・破魔弓には、それぞれに邪気を跳ね除けたりや見えない精霊を退散させたりする力があるといわれています。初正月には祖父母から贈り物として、赤ちゃんが無事に成長することを願っていたということです。

羽子板で突く羽には黒くて堅い玉がついていますね。あれは「むくろじ」という大木の種ですが、漢字で「無患子」と書くことから「子どもが患わない」という無病息災の意味が込められています。

スポンサーリンク

破魔矢は神社や棟上げの際、屋根に立てることで魔除けの力があるとされていることから、信じられるようになりました。男の子には、強くたくましく育ってほしいという意味も込められています。

誰が用意するものか決まっている?

一般的には「母方(お嫁さん)の両親」が送るとされています。昔はお嫁に行くということがほとんどだったので、節句などの贈り物は「母方の両親」が贈っていました。反対にお婿さんの場合には「父方(お婿さん)の両親」になります。

昔は、嫁いだ先に子どもや孫の顔を気軽に見に行くことができませんでした。嫁ぎ先のご両親に遠慮していたともいわれています。

子どもの様子や孫の成長を見に行くきっかけとして、お祝い品を贈るようになりました。そのことが今でも風習として残っているのです。ただし、男の子が生まれた際に限っては、嫁ぎ先の両親が贈ると決まっている地域もあります。

贈り物に対してのお返しは必要?

子どもの成長に対するお祝いに対するお返しは不要です。誕生日、初節句、七五三、入学祝いなどがあてはまります。贈っていただいたら、きちんとお礼と感謝の気持ちを伝えることが大切になります。

ご両親と一緒に食事をしたり、記念に写真を撮ったり、家に招くなどお孫さんと過ごす機会を頻繁に作ることも大切ですね。

遠方であればお礼の手紙と共に、贈って頂いた品とお孫さんが一緒に写っている写真を同封すると喜ばれるでしょう。

いつからいつまで飾っておくものなの?

12月の中旬ごろからが良いとされていますが、最近ではクリスマスが終わった26日ごろから飾るのが一般的のようです。正月飾りと同様に29日は「9=苦しみ」の意味から、31日は「一夜飾り」として縁起が悪いといわれていることから、その日を避けて飾ったほうが良いでしょう。

正月飾りはお正月が終わる松の内7日までだといわれています。松の内は関東では7日まで、関西では15日までといわれていますが、地域によって異なる場合もあります。羽子板や破魔矢・破魔弓は15日まで飾ることが良いとされています。

そして基本的には初正月だけでなく、中学2年生の「立志式」まで飾るとされています。

「立志式」とは、15歳を迎えるお祝いの儀式のことです。明治時代には、15歳前後には成人とみなされる「元服の儀」(現在の成人式)まで飾ることが良いとされていたためです。

特にいつまで飾らなくてはいけない決まりもありませんから、家族で相談して決めると良いでしょう。

どこに飾れば良いのか決まっているの?

特に場所は決まっていません。

せっかく贈っていただいた縁起物ですから、お客様がいらしたときに目に付く場所に飾るのが良いでしょう。昔は、破魔弓は凶の方角に飾ることが一般的でしたが、方角などの決まりも今はありません。

今はない家庭もありますが、床の間や客間など格式が高い場所に飾っている家庭が多くありました。現在では家族が集まり、長い時間を過ごすリビングに飾る家庭が多いです。「厄祓い」という意味があるので、玄関に飾るという考え方もあります。

どちらにしろ、お子さんをいつも見守ってくれる場所に飾ると良いようですね。

また直射日光があたる、水や油がかかる、湿気が多い、生活動線の邪魔になってしまうなどの条件は避けるようにしましょう。

絶対に飾らなくてはいけないの?

絶対に飾らなくてはいけないという決まりはありません。赤ちゃんを授かり安産祈願に行く、無事に生まれたことを感謝しお礼するお宮参りをするなどの風習がありますよね。

それも人によって行うか行わないか、信じるか信じないかは自由です。それと同様ですが、赤ちゃんの成長の無事を祈る日本古来の風習。次の世代に引き継いでいくことを大切にしていきたいですよね。

飾った後はどうすれば良いの?

もししまっておくのであれば、紙などに包んで湿気から守りましょう。縁起物ですので、3月の桃の節句や5月の端午の節句の際にも脇に飾っておくこともできます。もちろん年中飾っておいても問題はありませんよ。

処分をする際は、お正月飾り同様の方法で構いません。燃やして供養してもらいましょう。

日本古来の伝統や風習は大切にしていきたいものです。赤ちゃんが健やかに成長していくことができるようにぜひ飾りたいですね。赤ちゃんの成長を願う大事な贈り物を囲み、家族みんなで温かいお正月が迎えられますように。