初詣はいつまでに行けばいいの?混む時間や初詣の意味・由来など

お正月には今年の開運を願って、初詣に行く人が多いですよね。初詣に行かないと今年1年が無事に送れないような気がしてそわそわするものです。

ところで、初詣っていつまでに行けばいいのか詳しく分からないですよね。

有名な神社は参拝客でとてもにぎわい混雑していますが、お参りしやすい時間もあるのでしょうか。

また初詣のはじまりや由来は何なのかも詳しく分からないと思います。初詣に関する正しい知識を得て、来年の初詣へ出かけたいものですね。初詣の気になることについてご紹介します。

初詣はいつからいつまで行くもの?

初詣に行くタイミングは人それぞれですよね。大晦日の夜から並んで年明けと共に、元日に行くなど家族内で決まっている人も多いかもしれません。お正月は混んでいるから避けて違う日に行くなんて人もいるでしょう。

一般的には三が日や松の内である7日までに行くといわれていることが多いです。

しかし、どちらも正しい期間ではありません。初詣に行く期間には諸説あるので、明確には決まっていないのです。

神社本庁の方によると元日のみ、三が日、松の内、自分が今年初めて社寺に参拝したときに「初詣」と呼べるとのことです。何となくお正月に行かないと運気が遠のいてしまいそうな気もしますが、極端に言えば2月や3月に行っても問題ないということになります。

「初詣」というと1月の行事である印象が強いですから、小正月と呼ばれる15日までには参拝したほうが気分が良いかもしれませんね。

お参りすると良い時間ってあるの?

これも特に決まりはないといわれています。大晦日の夜から年明けにかけての初詣は「二年参り」といって縁起が良いといわれていることもあります。

また年越しそばを食べると厄が落とせるといわれ、食べてすぐに初詣に行くと願いが叶いやすいという話もあります。

しかし深夜の初詣が広がったのは、1950年ごろに電車が遅くまで運転するようになってからです。ですのでこれも決まりではないのです。

行きやすい時間にいくという考えで問題ありません。

初詣に行くのは神社とお寺のどっち?違いはあるの?

初詣に行くとき神社かお寺か違いはあるのでしょうか。そもそもの違いは知っていますか?

神社

・神様を祀っている(神道)
・祈願するとき、二礼二拍手一礼
・鳥居がある

お寺

・仏様を祀っている(仏教)
・祈願するとき、静かに手を合わせる(合掌)
・仏像がある

神社とお寺の大きな違いですが、初詣に行くのにどちらが良いということはないのです。自分にとって縁がある、どんなご利益があるかによって社寺を選んでも問題ありません。

初詣の混む時間っていつなの?

年明けと共に初詣に訪れる人は多いですよね。ニュースでも紹介されていて、あまりの人の多さに行きたくないと思う人もいることでしょう。東京近郊の人気の神社やお寺の混む時間の目安をご紹介します。

 

明治神宮
大晦日23時~元日3:00 / 三が日8:00~16:00

成田山新勝寺
大晦日23時~元日4:00 / 三が日9:00~15:00

川崎大師
大晦日23時~元日3:00 / 三が日8:00~15:00

浅草寺
大晦日23時~元日3:00 / 三が日10:00~17:00

鶴岡八幡宮(鎌倉)
大晦日23時~元日3:00 / 三が日9:00~17:00

スポンサーリンク

 

だいたいどこも同じような時間帯が混んでいますね。特に11:00~13:00お昼の時間帯も大変混雑します。この時間帯を避ければ多少混雑を回避することができるでしょう。

三が日は特に出店も多くにぎわっています。出店を楽しみたいのなら、三が日に混雑覚悟で行くしかないです。三が日以降は出店が減ってくるところもあります。

特に気にならないのであれば、4日から仕事始めになる人も多いので、日程をずらすことも考えてみてはいかがでしょうか。

またどうしても元日に初詣を済ませたいという人は、早朝を狙っていくのも良いかもしれません。元日は年明けと共にお参りをして深夜に帰ってしまう人が多いですし、初日の出を見に行く人もいるでしょう。

早朝の6時ごろであれば、まだ混雑する時間帯ではありません。早起きに自信のある方は、出かけてみても良いかもしれませんね。

初詣は何回行っても良いの?

家族や友達、会社で初詣に行くという人も多いのではないでしょうか。新年の旅行ツアーで、パワースポット巡りを楽しむという人もいると思います。何回も初詣に行くと欲張りをしているような気がして、神様も願いを聞いてくれないのではないかと心配に思う人もいるでしょう。

実は初詣は何回も行って大丈夫なのです。神社によってご利益が違いますよね。家内安全、無病息災、学業成就、商売繁盛、良縁祈願などさまざまですよね。何にご利益のある神様なのか、ちゃんと調べてから行くようにしましょうね。

どうせなら多くの幸運を引き寄せたいですよね。

喪中だったら初詣にいってはいけないの?

喪中だからといって初詣が禁止されているわけではありません。知っておきたいのは喪中と忌中の違いになります。喪中は故人の喪に服する期間のことです。忌中は亡くなった日から49日間はいろいろな行事を避ける期間になります。

忌中の場合は新年のあいさつ回りや初詣は避けたほうが良いでしょう。50日以降に行くようにしましょう。11月14日以降だったら元日が忌中になります。もし喪中でも気になるようでしたら初詣を避けたり、軽く済ませたりして対応しましょうね。

そもそもなぜ初詣に行くの?

お正月は歳神様とお迎えする大切な行事なのです。歳神様とは今年も耕作物が豊作になるようにお願いする神様のことです。歳神様を大切に扱うことで、食べ物に困らず、暮らしていけると信じられ昔から神棚に祭ってきました。その歳神様をお迎えするために、年末には大掃除をして、門松や鏡餅などのお正月飾りを飾るのです。

歳神様とは別に近所の神社には、氏神様という神様がいるのです。同じ地域に住む人々のことを見守ってくれている神様です。昔からお正月には近所の氏神様を参拝するのが一般的でした。去年無事に過ごすことができた感謝の気持ちと今年も家族みんなが健康で幸せに暮らしていけるようにお願いしていたということです。

最近では近所の神社ではなく、有名な神社に足を運ぶ人が多くなりましたよね。これは、鉄道会社が鉄道を使って有名神社に初詣に行こうというPRが関係しているのです。これが氏神様とは関係のない神社に参拝するようになったきっかけだといわれているのです。

初詣の由来って?

初詣は、もともと「年籠り(としこもり)」と呼ばれていました。家長(世帯主)が1年の祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて、氏神様のいる近所の神社の社に籠っていたとされています。やがて「年籠り」が大晦日の夜を表わす「除夜詣」と元日の朝を表わす「元日詣」に分かれていきました。

この「元日詣」が今の初詣の原型となり、受け継がれているとされています。

江戸時代末期ごろまでは、氏神様に参拝したり、家から見て恵方にあたる社寺に参拝したりすることが一般的でした。恵方とはその年の干支に基づいて吉となる方角のことです。「恵方参り」とも呼ばれていました。毎年恵方は変わりますので、毎年参拝する社寺が変わっていたということになりますね。

また2月の節分にも「恵方巻き」といって決まった方角を向いて食べる習慣が今も残っていますよね。これにも恵方が大きく関係していますよね。

まとめ

初詣の意味や由来について知っておくと、去年とはまた違った初詣を味わえます。有名な神社やお寺に参拝するのも良いですが、昔の人がしていたように氏神様に去年の感謝の気持ちと今年1年の幸せを願うのも良いですね。

素敵な1年を迎えられるように、歳神様と氏神様の両方に感謝をしながら過ごしていきましょう。