七五三で男の子3歳はお祝いするの?やるならいつ?袴とスーツの違いなども紹介

七五三のお祝いって女の子の場合3歳と7歳が一般的ですが、男の子の場合5歳だけの地域と3歳と5歳の地域があります。

住んでいる地域やご両親の考え方などを考慮してやるかやらないかを決めるのが一般的です。

この記事では、男の子3歳はお祝いをしてはいけない地域があるのかどうかや、やるならいつからなのかについて紹介した後、着るものについても紹介します。

七五三で男の子3歳はお祝いすべき?地域による違いなど

七五三って初めてやる場合には色々とわからないことがあって迷ってしまいますよね。

3歳の男の子がいるご家庭でもお祝いをするのかしないのかで悩む方は多いです。

もともとの意味からいうと、3歳では「髪置の儀」といって、髪を伸ばし始める儀式になります。これは男女が対象です。

ですので3歳の男の子が七五三をするというのは一般的です。

関西など多くの地域で普通に行われています。関東では古くは5歳だけという考え方でしたが、最近は3歳もやる地域も増えているようです。

ですが、地域によっては男の子が3歳で七五三をやる所があるということを全く知らない人が多い地域もあります。

そういう場所で生まれ育った方は、男の子が3歳で七五三をやることに違和感を覚える方もいます。

このような理由から旦那さんやご両親の考え方を聞いておくのが間違いない方法でしょう。

ただし、そういう場合でもお祝い事なのでやってはいけないということはなく、広く一般的にやられているという理解で大丈夫です。

ちなみに5歳の場合は、「袴着の儀」といって男の子が袴を着ける儀式なので男の子が対象になります。

スポンサーリンク

七五三を男の子3歳がやるならいつ?

以前は数え年で3歳(つまり2歳児)の時にやられていましたが、今は満年齢で3歳の時にやる家庭が増えています。

ですのでどちらでも構いません。

ただ数え年で2歳の場合じっとしていることが難しく、慣れない服を着てイライラしたり泣いたりする子が多いです。

写真も泣き顔になったりするので、ある程度しっかりした満年齢3歳でやる方が、色々と進めやすいかと思います。

七五三の時期は11月15日ですが、10月から11月15日までの間でお参りされる方がほとんどです。

かなり混みますが、この間の土日で友引や大安を選ばれる方が多いです。

お子さんがイライラしないために、写真を前撮りされる方も多いですが、前撮りの時期は早くて4月に始まり9月末くらいまで続きます。

お参り当日の写真撮影はかなり大変で混み合うので、前撮りはおすすめです。服のレンタル料金も当日分は割引になったりします。

七五三で男の子3歳の場合、袴とスーツはどっちがいいの?

袴でもスーツでもどちらでもいいのですが、何点か知っておいた方が良いことがあります。そのあたりを解説していきます。

3歳はイヤイヤ期でもあるので、できれば動きやすい服を着せてあげるという視点も大事になります。

まず着物の場合ですが、「羽織袴、行灯袴(あんどん袴)、被布」などがあります。

羽織袴は5歳の「袴着の儀」で着るのが一般的で、3歳には少ししんどいと思います。

行灯袴(あんどん袴)はトイレにも行きやすい形なので3歳の男の子の七五三に選ぶ人は多いです。

また女の子で主流だった被布も、最近は男の子バージョンがでていて人気になっています。

 

なんせかわいいですからね。男の子の被布は3歳でしかきれないので、個人的には被布がおすすめです。

スーツの場合は、カッチリしたものよりポリエステルの入った軽いものや伸縮性のあるものを選んであげてください。

特にスーツの場合ですが、大きさが合っていないとかっこ悪くなります。すぐに合わなくなるものなので、スーツならレンタルがいいかと思います。

このように羽織袴は5歳が主流ですが、行灯袴や被布、スーツなどはどれを選んでも問題ありません。

まとめ

初めて七五三をやる場合には色々と迷いがあると思います。

その年齢では1回しかない儀式ですので、しっかり準備していい写真が撮れるようにしておきましょう。

普段とは違う服を着ているわが子をみて、親もテンションが上がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です