大晦日の由来|家での正しい過ごし方や年越しそばの正しい時間など

みなさんは大晦日をどのように過ごしていますか。おうちでゆっくりする人、年末年始にかけて旅行に行く人、帰省する人それぞれですよね。

本来、大晦日をどのように過ごしたら良いかってあまり知られていないですよね。実際に正しい過ごし方があるんです。また大晦日には、年越しそばを食べる人が多いと思いますが、食べるべき時間があります。

大晦日の正しい過ごし方や年越しそばを食べる時間など詳しく紹介します。

なぜ12月31日を大晦日と呼ぶの?

「大晦日」と呼ぶようになったのは、もともと「晦日(みそか)」という言葉からきています。

「晦(みそ)」は旧暦の月の動きと大きく関係をしていて、月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉なのです。

旧暦では月の満ち欠けが暦で決まっていました。新月を1日として、月が隠れる「晦」がおおよそ30日であったことから、毎月30日を「晦日」と呼ぶようになりました。

月によっては、その月の最終日が30日でないこともありますが、すべて「晦日」と呼んでいるのです。

そして1年の締めくくりである最後の日に「大」の字をつけて「大晦日」と呼ぶようになりました。

また30歳のことを「三十路(みそじ)」と呼びますよね。漢字は異なりますが、これも30日を「晦」と呼ぶことから来ているのです。

昔の大晦日は何をしていた?

大晦日の歴史はとても古くからあり、平安時代ごろから残っています。昔の大晦日は、お正月に歳神様(としがみさま)を迎えるために準備をする大切な日だといわれていました。

歳神様とは、豊作物に実りをもたらすとされる神様のことで、大切にすることで食料に不自由なく暮らすことができると信じられてきました。歳神様はそれぞれの家庭にやってくるので、家を代々守ってくれる先祖の霊だといわれていたようです。

昔は1日が夜から始まり、朝まで続くといわれていたので、大晦日の日暮れから新年の始まりとされていました。歳神様を迎えるため、大晦日の夜から元旦までずっと起きて待っていました。

もし待たずに寝てしまうと、女性の場合はしわや白髪になるといった言い伝えがあり、人々は恐れていたようですね。今はそのような風習は残っていませんが、歳神様をお迎えするということだけは引き継がれています。今も残っている風習を知り、未来へと引き継いでいってほしいですね。

大掃除はいつまでに終わらせておく?

大掃除は1年間の汚れを落とし、心地の良い新年が迎えられるように行いますよね。この年末の大掃除も歳神様を迎えるための準備の一つなのです。

歳神様は汚いところを嫌います。掃除がされていない家庭には、歳神様はやってこないといわれているからです。大掃除をすると気持ちが晴れやかになりますし、良い運気も呼び寄せられそうな気がしますよね。

大掃除はいつからいつまでに終わらせれば良いのでしょうか。

だいたいクリスマスが終わった辺りから、少しずつ掃除を始める人が多いのではないでしょうか。本来は12月13日から大晦日までに終わらせるのが良いといわれています。

クリスマスが終わらないと年末の大掃除をする気分にならない人も多いですよね。大掃除を一気に終わらせることは大変ですから、できることから少しずつ手を入れていくことをおススメします。

もし年末までに大掃除が終わらず、お正月にはお客さまが見えるからといって、お正月に大掃除をしてはいけませんよ。なぜなら、せっかくお正月にやってきた歳神様を履き出してしまうことになるからです。絶対に年末までに大掃除は終わらせておきましょう。

大晦日にお正月飾りを飾っても良いの?

やっと大晦日に大掃除が終ったからといって、お正月飾りを飾っていませんか?大晦日にお正月飾りを飾ってはいけないといわれています。

スポンサーリンク

「一夜飾り」といって、とても縁起が悪いといわれています。また29日も「9=苦しみ」といわれていますので、絶対に飾ることはやめましょう。

お正月飾りは、玄関の掃除が終わったら飾るようにすると良いですね。一般的には28日や30日に飾っている家が多いですよね。

またこのお正月飾りも歳神様がやってくる目印になります。お正月飾りがないと素通りしてしまうといわれているので、気をつけましょう。

大晦日になぜ年越しそばを食べるの?

昔から何気なく大晦日にはそばを食べますよね。大晦日に年越しそばを食べないと無事に年を越せないなどといわれていました。

年越しそばは「今年1年の厄を断ち切る」という意味が込められています。特にそばは、他の麺類に比べて切れやすいといわれているのです。うどんや中華麺では代わりにはなりません。

そばは昔から身体に良いものとされ、体内に溜まった毒素を出してくれると思われていました。健康な身体で新年を迎えられるようにと、始まった風習なのです。

他にもそばは細く長く伸ばして作ることから、健康や長寿の願いも込められていました。そしてそば粉を丸めたものを、金粉を集めるために使われていたことから、金運が良くなるようにとの願いもありました。そのため昔の人は、縁起をかついで食べていたとされています。

年越しそばはいつ食べるのがベスト?

大晦日に食べるのであれば、絶対にこの時間帯と決まっているわけではありません。しかし、せっかく1年の厄を払い落とし毒素を出してくれるのですから、年越しの瞬間に食べることが良いでしょう。

その足で初詣に行けば厄を払い落としたばかりなので、運気を身体の中に取り込み幸運を引き寄せられることから、とても縁起が良いと考えられています。

地域によっては元日にそばを食べたり、そばの代わりにうどんを食べたりする風習が残っているところもありますよ。

除夜の鐘をつく

大晦日の夜のことを「除夜」とも呼んでいます。そのことから「除夜の鐘」と呼ばれているのです。

現在でも大晦日の夜から元日にかけて、人の煩悩(ぼんのう)の数である108回をつくことが知られていますね。

煩悩とは心身につきまとう一切の欲望で心をかき乱すものです。食欲や睡眠欲など108個あるといわれており、人間の感情が動かされ時には苦しみ悩むものだとされているのです。

同じ数である108回つくことによって、煩悩を消し去り清らかな心で新年が迎えられることができるといわれています。

大晦日の夜はゆっくりお風呂へ

昔からお正月は、開運のためにお風呂に入らないといわれています。今でも元日に入らないとしている人もいます。

そのため、大晦日はゆっくりとお風呂に入ると良いでしょう。大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯」と呼んでいます。

大晦日のお風呂には、天然塩一つまみとお酒を一合入れると身体が浄化されるといわれていますよ。

お酒を入れると、とても身体が温まりますのでぜひやってみると良いでしょう。ついつい長風呂をしてしまい酔っ払ってしまったり、のぼせたりしないように注意してくださいね。

今年の反省と来年の抱負

除夜の鐘は人間の煩悩の数である108回つくといわれていますね。今年中にできなかったことや反省点108個を書き出してみると良いですよ。108個も反省ばかり思い返すのは大変そうですが、今年を振り返ることによって来年の抱負も浮かんでくるでしょう。

何気なく年を越すのではなく、今年の反省を生かして来年はもっと有意義な年になるよう行動できると良いでしょう。

昔の大晦日は家族全員が集まって過ごすことが当たり前でしたが、今では旅行やカウントダウンイベントなどに出かけ、その機会が減ってしまっていますね。

1年の締めくくりの日は家族が揃って1年を振り返り、のんびりと過ごすことも良いかもしれません。

また大晦日になって慌てないように、計画的に大掃除をしてお正月飾りを飾り、歳神様を迎えて良い運気を呼び込めるようにしましょう。