【2017】神戸ルミナリエの期間や点灯時間・アクセスやホテル情報など

全国各地で行われているイルミネーションですが、その中でも今回は今年で23回目を迎える「神戸ルミナリエ」を取り上げます。

2017年の開催期間や点灯時間、またアクセスやホテル情報など知っておきたい情報を紹介していきます。

神戸ルミナリエについて

「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災(1995年1月17日)の起こった平成7年12月から毎年開催されているイルミネーションです。

大震災の犠牲者の霊魂を慰めしずめるための「送り火」として、また、都市の復興と再生への希望と願いをこめて始まりました。今では、来場者数300万人を超える神戸の観光名所になっています。

ルミナリエとは祭礼などのために使われる照明器具・照明技術のことで、イタリアが発祥の地とされています。色とりどりの電球で装飾された、様々なデザインの構造物が芸術的な空間を作り出します。

2017年「神戸ルミナリエ」の開催期間

「神戸ルミナリエ」の今年の開催期間は12月8日(金曜日)から12月17日(日曜日)までの10日間です。

昨年より開始が1週間ほど遅くなったため、12月17日までされています。それでも残念ながらクリスマス前に終わってしまいますが、是非この期間中に恋人はもちろん、家族・友達と足を運んでみてはいかがでしょうか。

2017年「神戸ルミナリエの点灯・消灯時間

今年の点灯・消灯時間は例年と同じく、下記のようになります。

平日 18:00~21:30
金曜 18:00~22:00
土曜 17:00~22:00
日曜 17:00~21:30

大混雑でトイレも大変なので、近づく前にトイレは済ませておきましょう!

2017年「神戸ルミナリエ」の開催場所とアクセス方法

例年と同様、兵庫県神戸市中央区の旧外国人居留地および東遊園地で開催されます。

元町駅付近から東遊園地に向けて一方通行なので注意してください。

上の地図から下の地図まで歩く感じになります。ですので電車で行くのが圧倒的におすすめです。

 

車で行かれる方の場合の駐車場情報、飛行機・電車・バスで全国各地から神戸市内へのアクセス方法を紹介します。

電車でのアクセス方法

新幹線の場合は、新神戸駅で下車してください。神戸市営地下鉄に乗り換え、1つ目の駅の三宮で下車して徒歩5分、JR三ノ宮駅から東海道山陽線でJR元町駅に到着します。駅の南側から会場にアクセスできます。

バスでのアクセス方法

全国各地から神戸までの高速バスが運行されています。神戸市の高速バスのターミナルは、JR三宮駅に隣接する「ミント神戸」の1階です。

飛行機でのアクセス方法

神戸市の神戸空港をご利用ください。札幌、仙台、茨城、羽田、長崎、鹿児島、那覇の各空港から神戸空港まで、ANAまたはスカイマークが運航しています。

空港からJR元町駅までは次のようになっています。

神戸空港
↓徒歩10分
神戸新交通・神戸空港駅
↓ポートアイランド線上り17分
神戸新交通・三宮駅
↓徒歩6分
阪急・神戸三宮駅
↓神戸高速線下り4分
高速神戸駅
↓徒歩5分
兵庫・神戸駅
↓JR東海道山陽線上り2分
JR・元町駅

 

車の場合のおすすめの駐車場情報

大変混雑する「神戸ルミナリエ」公共交通機関のご利用をお勧めしますが、小さなお子さんや、お年寄りと一緒なので車で行きたいという人もいると思います。

「神戸ルミナリエ」の会場は神戸三宮元町のど真ん中。期間中だけでなく、ビジネスマンや観光客で普段から渋滞している場所です。会場の近くの駐車場は、よほど運がいい人意外は諦めたほうがよさそうです。

点灯時間が18:00ということもあって、あまり近くまで行くと、「神戸ルミナリエ」への来場者だけでなく、帰宅ラッシュの渋滞にも巻き込まれる可能性も大です。

スポンサーリンク

そこで、元町駅から1駅くらい離れた駐車場の利用が、無難だと思われます。期間中は駐車料金が普段より高くなっているところもあります。ショッピングセンターなどと提携している駐車場も多く、お買い物や、飲食をすることによって、数時間無料で駐車できるところもあります。

【ハーバーランド付近の駐車場】

このような駐車場に少し早めに着くようにして、提携しているお店でご飯を食べてから「神戸ルミナリエ」に向かえば、駐車場代もお得になるかもしれませんね。

上記地図付近に何か所も駐車場はあります。一駅分離れてはいますが、それでも混みますので早めにいくことをお勧めします。

神戸ルミナリエ入場料金と募金について

入場料金は無料です。

しかし、収入の減少傾向が続く近年、財政的に厳しい状態に置かれ、継続開催が難しくなっています。このような状況をふまえて、1人100円の会場募金を行っています。

集まった寄付金は、「神戸ルミナリエ」の作品制作・会場の警備・イベントの運営に利用されます。神戸の冬の風物詩として23年間続けてきた「神戸ルミナリエ」がなくなってしまうのは寂しい限りです。

神戸ルミナリエ組織委員会では今後も継続して開催できるよう、皆様からの協賛金・募金を募っています。興味のある方は、公式サイトの「募金について」を是非ご覧ください。

神戸ルミナリエに行くときのおすすめホテル情報

神戸市内には豪華な5ツ星ホテルから、節約旅行者のためのユースホステルまで、様々な観光客に対応した宿泊施設が多数あります。しかし、毎年300万人を超える来場者がある「神戸ルミナリエ」の期間中は神戸市内だけでなく、その周辺のホテルもすぐに満員になってしまいます。

ホテルを予約しないで行って、当日探し回っても、見つからないことがよくあるので、宿泊を予定している方は早めにホテルを押さえておきましょう。

ちょっとリッチなホテル

ちょっとリッチなホテルならオリエンタルホテルやホテルオークラ神戸がおすすめです。

【オリエンタルホテル】

【ホテルオークラ神戸】

安めでキレイなホテル

安めでキレイなホテルがいいなら、ホテルヴィアマーレ神戸かホテルトラスティ神戸旧居留地がおすすめですよ。

【ホテルヴィアマーレ神戸】

【ホテルトラスティ神戸旧居留地】

 

神戸ルミナリエのお問い合わせ先

さらに詳しい情報を知りたい人は、「神戸ルミナリエ」公式サイトのhttp://kobe-luminarie.jp、または、神戸公式観光サイトにアクセス
してみてください。

電話でのお問い合わせは、開催期間直前に設置される神戸ルミナリエ運営事務局(078-391-6371)まで。

まとめ

2017年「神戸ルミナリエ」の情報をご紹介しました。

行ったことのある人も、今年初めての人も30万個の電球で施された装飾に息を呑むこと間違いありません。

屋台もたくさん出ているので、12月の寒い夜、屋台のあったかい食べ物を買って食べ歩くのも楽しみの一つです。今年も「神戸ルミナリエ」を楽しんでください。