風呂カビ撃退のカビキラーの使い方!なかなか落ちない場合や放置時間について

お風呂の床・壁・天井・排水溝の周り・ゴムパッキンについた黒いカビ、気になりますよね。

カビは見た目が悪いだけでなく健康にも大きな被害を与えます。そんなお風呂のカビ退治の味方、カビキラーの正しい使い方をみていきましょう。

カビキラーの間違った使い方に要注意

カビキラーはジョンソンから発売されているカビ取り剤です。主成分は、次亜塩素酸ナトリウムで、0.5%入っています。

トイレ用洗剤などの酸性の洗剤とアルカリ性のカビキラーを混ぜると、有毒ガスが発生して大変危険なので、他の洗剤との混合は絶対にしないでください。

カビキラーで風呂のカビがなかなか落ちない理由

あなたはカビキラーを正しく使っていますか?

お風呂掃除のときに、シャワーで壁や天井などを濡らしてから、カビキラーをシュッシュッと、噴きかけている人。それ、大間違いなんです。

水をかけてからカビキラーを吹きかけると、効果が半減、または全く効果が出ないという状態になってしまいます。カビキラーを使うときは、表面をしっかり乾かしてからにしましょう。

石鹸かすなどの、他の汚れがひどい場合は、あらかじめ、お風呂用洗剤などで汚れを取り除き、完全に乾燥させてからカビキラーを使用してください。

カビキラーの放置時間

基本的には20分から30分となっています。しかし、カビ汚れがひどい場合、放置時間を長くすることによって、カビが取れる場合もあります。

カビを殺してくれるカビキラーは私たち人間にとっても体に良いものではありません。カビキラー利用中にずっとお風呂の中にいるのは避け、使った後は、十分に水ですすいで、その後しっかりと換気してください。

壁についたカビの落とし方

スポンサーリンク

まず壁を拭いて、しっかりと乾燥させてください。それから、カビキラーを吹きかけます。

しかし、壁に吹きかけた泡はすぐにたれてきてしまいますよね。そうすると、いくら放置しても全く意味がありません。そんなときはカビキラーを吹きかけて、その上からサランラップをしてください。

20分~30分放置した後、シャワーなどで水をかけ、しっかりと洗い流してください。

またタイルの目地についたカビは、100均などで売っている紙紐・紙テープを使います。洗面器にカビキラーの液を少しためて、そこに紙紐を入れ、染み込ませます。

それをタイルの目地に貼り付けて、紙紐が自然に乾燥して剥がれるまで、30分くらい放置してください。その後スポンジでこすり、水で洗い流します。

ジェルタイプのカビキラーもあり、泡タイプよりはたれるのが遅いですが、カビがある部分に完全に密着するわけではありません。ラップを使ったやり方のほうが確実だと思います。

天上についたカビの落とし方

まず、柄つきのスポンジを用意してください。そのスポンジにカビキラーを吹きかけて、天井に塗ります。そのとき、ゴシゴシとこする必要はありません。

20分~30分放置してから、ぬれ雑巾などで拭き取るか、ジャワーなどで洗い流しましょう。

ゴムパッキンについたカビの落とし方

ゴムパッキンについたカビは一番厄介者です。一度カビが深く根付いてしまうと、完全に落とすのはほぼ不可能になってしまいます。

「カビが生えてきたなぁ」と思ったら、できるだけ早めに掃除するようにしてください。落とし方は基本的に壁の場合と同じですが、ゴムパッキンの場合は紙紐の変わりにキッチンペーパーを使います。

完全に乾燥した状態のゴムパッキンにカビキラーを吹きかけて、キッチンペーパーを細長く切ったものを貼り付けます。その上から、さらにカビキラーを吹きかけて20分~30分放置してから、シャワーなどで洗い流してください。

床や排水溝のピンクの汚れ

毎日こまめにお風呂掃除をしても、気がつくと床や排水溝の周りにピンク色のぬめりのようなものが付いていることがあります。

これはピンクヌメリといってカビの一種で、普通の黒いカビより成長スピードが速く、放置するとどんどん拡大していきます。

スポンジなどでこすれば目には見えなくなるのできれいになったと思いがちですが、菌が残っている場合が多く、またすぐ発生してしまいます。ピンクヌメリの元になっている菌から退治するにはカビキラーを使ってお掃除をすることをお勧めします。

カビを落としたのにまだカビくさい場合

お風呂の床・壁・天井・排水溝の周り・ゴムパッキン、全部きれいにカビを落としたのに、まだカビ臭い場合は、浴槽の下をチェックしてみてください。

浴槽の側面のパネルを外してみましょう。びっくりするくらい汚れていることが多くあります。髪の毛などがたまっている場合は、それを取り除き、カビキラーを全体に吹きかけてください。

吹きかける表面積が広い場合は、電動式のカビキラーもあるので、試してみる価値ありです。1回レバーを引くだけで、後は電動で吹き付けをしてくれます。20分~30分放置してから、水で洗い流しましょう。

まとめ

お風呂に生えたカビは見た目だけでなく、私たちの健康にも大きな影響を与えます。カビが目で確認できる状態になった時点で、既に大量のカビ胞子が出ていると言います。

締め切ったお風呂場で、カビ胞子を吸い込むことによって病気になってしまうこともあります。カビを撃退して気持ちよくお風呂に入れるよう、日ごろからできるだけこまめに、掃除をするように心がけてくださいね。