ハロウィンのかわいい猫メイクのやり方| アイラインや口はどうする?

ハロウィンには可愛い仮装をしてイベントに参加したり、ハロウィンパーティを楽しみたいですよね。

せっかく可愛く仮装をしたのなら、メイクにもこだわりたいですね。普段なら出来ないようなメイクをして、ハロウィンを楽しみましょう。

1番身近でかわいい猫メイクのやり方をご紹介します。簡単な猫メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

猫メイクのポイント

まず猫メイクの重要なポイントは、アイメイクです。アイメイクを美しく繊細に仕上げるには、跳ね上がった目尻のラインが重要です。

あとはひげや鼻、口元で個性を発揮させることで周りと差をつけることが出来ます。

マストアイテム

●リキッドアイライナー(黒)
細く美しいアイラインを書くため、細めでにじまないタイプがおススメです。

●アイラインペンシル
ペンシルを使ってアイラインをぼかすと肌により馴染みやすくなります。

●つけまつげ
普通のつけまつげでも十分ですが、イベントらしさを出すなら飾りのついたタイプも目立ってかわいいと思います。

●コンシーラー
アイラインや鼻・ひげなどが際立つようにコンシーラーを上手に使ってマット肌を作り上げましょう。

●口紅
口紅やリップの色によっても、印象が変わってきます。ピンクなど明るい色なら可愛い系、ワインレッドなど深みのある色ならセクシー系になります。

 

持っていたらよりグッドなアイテム

●アイシャドウ
お持ちのアイシャドウでも良いですが、ピンクなどのカラーアイシャドウを使うと印象が変わります。

●アイラインペンシル(白)
黒のラインに白のラインを重ねるとより際立ちます。

●チーク
お持ちのチークを使用しても良いですが、普段より鮮やかな色を使ってみるのも良いでしょう。

●ラメ・3Dラメ
夜のイベントではキラキラと輝き、とても華やかな印象になります。

 

まずは基本の可愛い猫メイク

猫メイク初挑戦の方は、派手すぎるメイクは気が引けてしまうのではないでしょうか。

せっかくのハロウィンには、猫メイクを可愛くしてみたいなら、まず基本の可愛い猫メイクを楽しみましょう。

いつものメイクにひと手間加えるだけで、可愛い猫に大変身しますよ。

① まずは基本のメイク
アイホールに薄いベージュのアイシャドウを塗ります。ベースメイクは、ピンク系の下地を使い、血色良く仕上げましょう。つやが出るファンデーションがおススメです。ベースメイクが崩れないようにしましょう。

② アイライン
目頭から目尻にかけて黒のラインを引いていきます。ペン先の細い黒のリキッドアイライナーを使うときれいに引くことが出来ます。まつげの間を埋めていくように、丁寧に引いていきましょう。

③ キャットライン
目尻から緩やかなカーブを描きながら、少し眺めのキャットラインを描きます。
カーブが鋭角すぎると、きつい印象になってしまうので気をつけましょう。左右のバランスも大事です。少し長めに強調するくらいがちょうど良いです。

④ 綿棒で細かく調整
ラインの先端に向かって細くなっていくよう綿棒で調整しましょう。細く長いきれいなラインになるように微調整してみてくださいね。

⑤ ピンクのアイライン
黒のアイラインが描けたら、ピンクのリキッドアイラインを重ねていきましょう。黒目の上辺りからラインの先端に向かって細く描きましょう。黒のラインにピンクが重なることによって、とても柔らかく可愛らしい印象になります。部分的に重ねたりするとオシャレに仕上がりますよ。

⑥ マスカラ
上下にたっぷりとマスカラを塗って、目の大きさを強調したほうが猫っぽく仕上がります。もっとボリュームを出したい方は、つけまつげを使いましょう。

スポンサーリンク

⑦ ピンクのアイシャドウ
下まぶたの中央にピンクのアイシャドウを置きます。パウダーチークでも代用できます。これで、格段に可愛さがアップします。

⑧ チークとリップ
ピンクのクリームチークをほほの上に点々となるように置き、指で伸ばしていきます。少し濃い目でも大丈夫です。好みで調節しましょう。最後にピンクのリップを塗って完成です。

 

メイクと一緒にヘアアレンジとして、髪の毛で猫の耳を作ってみるのも可愛いですよ。簡単な猫耳ヘアの動画を参考にしてみてくださいね。

本格かわいい猫メイク

本格派のかわいい猫メイクに1度は挑戦してみたいという人もいるでしょう。

でもハロウィンのために、高いメイク道具を買いたくないという理由から諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな人には100円ショップをおススメします。100円ショップにも便利で使えるメイク道具がたくさん揃っていますよ。お手ごろ価格でゲットして、本格かわいい猫メイクをマスターしましょう。

 

① ファンデーション
厚塗りすぎるかなと思うくらい、しっかりと塗ることがポイントです。明るめのファンデーションが肌をよりきれいに見せてくれますよ。塗り終えたら必ずティッシュを顔全体に乗せて両手でしっかりと押さえてくださいね。とてもマットな仕上がりになり、肌への密着度がアップします。

② まゆげ
普段通りで大丈夫です。髪の毛の色に合わせて自然な眉を描いてください。

③ 目元
ジェルアイライナーを使用します。これは、筆にジェルをつけながら使うタイプです。伸びやすくとても使いやすいです。にじまないのでパンダ目になるのも防いでくれます。まぶたを持ち上げながらラインを少しずつ引いていきましょう。目の形に沿っていくことがポイントです。目頭には、跳ね上がるようにキャットラインを長めに引きます。そして、目頭から太目のラインを引いていき、目尻を囲むようにつなげましょう。

④ 鼻
こちらも目元と同様のジェルアイライナーを使っていきます。まずは、小鼻や鼻先を塗っていきます。両小鼻を塗ったら鼻先につなげていきましょう。全体的に丸み帯びた感じで描くと可愛く仕上がりますよ。鼻の形や全体的なバランスを見て調整しながら描いていきましょう。

⑤ 口元
鼻先から上唇にかけて太目のラインを引いていきます。口角を引き上げるようにつなげて引いていきましょう。上唇の中央を丸く塗ると猫っぽくなります。

⑥ アイシャドウでグラデーション
ブラウンやグレーなどの入った4色パールアイシャドウを使っていきます。アイシャドウを塗ることによって、黒のラインが顔に馴染みます。まず目元がグラデーションになるように塗っていきます。鼻先の塗りつぶしたところにもアイシャドウを塗ってぼかしていきます。鼻下はグレーのアイシャドウでラインをなぞると、より自然に際立ちます。アイライナーでひげやひげ穴を描いてグレーのアイシャドウでぼかしてください。額や鼻の下に白のハイライトをうっすらのせると、全体的に立体感がアップします。

⑦ 仕上げに
つけまつげと猫耳カチューシャをつけたら完成です。

ファンデーションで唇の色を消すと、より猫っぽく仕上がります。またアイシャドウやアイラインは、使う色によって印象が全然違います。

なりたいイメージに合わせて選んでみてくださいね。

まとめ

ハロウィンはイベントが盛りだくさんで、可愛い仮装をして出かけたいですよね。猫の仮装をする人は多いですが、せっかくならメイクで人と差をつけたいと思うのではないでしょうか。

メイクによって印象がガラリと変わってきますので、ハロウィンに向けて自分に合うメイクを研究してみましょう。

100円ショップには色とりどりのカラーアイシャドウがおいてありますから、なりたいイメージに合わせてチェックしてみるのも良いですね。可愛い仮装と簡単猫メイクで、楽しいハロウィンの夜を過ごしましょうね。