クリスマスプレゼントのサンタの靴下の作り方! 手作りで簡単に作る方法

クリスマスの朝、枕もとの靴下に入っているプレゼントを見つけて大喜びしたものです。

そんなサンタの靴下が手作りできたらかわいいなと思いませんか?

クリスマスの飾りつけとして、引っ掛けておくのも良いですよね。

簡単に手作りできる方法をご紹介したいと思います。

サンタの靴下を作る前に用意するもの

まずは材料を揃えてみましょう。ご家庭にあるものでも十分活用できると思います。

●布
基本的には、プレゼントが入るサイズが確保できれば、何でも大丈夫です。綿やキルティング、フェルトなどご家庭にあるもので構いません。フェルトや厚い生地の布を使うと、温かみが出るし、靴下のボリュームも出て可愛く仕上がるかもしれませんね。そしてクリスマスカラーである赤や緑を使うと、サンタの靴下らしくなるのでおススメですね。

●型紙用の用紙
靴下の形を書くときに必要になります。どんな紙でも良いですが、厚紙だと印をつけるときにやりやすいかと思います。コピー用紙であれば、まち針で布に固定することもできますね。

●ひもやリボン
サンタの靴下をぶら下げる用に使います。どんなものでも大丈夫ですが、靴下の布の色に合わせるとオシャレになるかもしれません。また太めのひもやリボンを用意した方が丈夫に仕上がりますよ。

●ミシンか縫い針、刺繍糸など
布や作りたい雰囲気に合わせて選んで行きます。もし靴下の布がフェルトであれば毛糸でわざと見えるように、フチを縫っていくのも可愛いかもしれません。

●レース、ビーズやボタンなど
手芸やさんに数多く取り揃えてありますよね。今は100円ショップでも可愛い飾りを取り扱っているので、チェックしてみると良いでしょう。靴下に飾り付けをすると、華やかになりますね。雪だるまや雪の結晶など、小さなオーナメントをつけるのも可愛くていいですね。

 

フェルトを使ったかわいい靴下の作り方

子どもの時、女の子であれば、1度は作ったことある懐かしいものを発見しました。

フェルトを使ったハート型の小物入れです。

とても簡単に作れるので、子どもの時に作った人も多いのではないでしょうか。

このハートの小物入れの編み方を応用して、かわいいサンタの靴下を作ることが出来ますよ。

まずは、フェルトを使ったハートの小物入れの作り方をチェックしよう

ハートの小物入れの作り方をまず解説します。これができたらサンタの靴下への応用は簡単です。

材料は、フェルト(赤・白・緑)、A4サイズのコピー用紙、まち針、糸と針、裁ちバサミ、チャコペン(鉛筆でも可)です。

フェルトは、大きめのサイズのものが100円ショップでも手に入るそうですよ。

 

<作り方>
①A4サイズのコピー用紙で型紙を作ります。切ったり折ったり少し複雑なので、動画を見ていただければ、とても分かりやすいと思います。

② 型紙を半分に折ったフェルトに当てて、動かないようまち針で止めます。チャコペンで模っていきます。型紙を外し、2枚重ねになったフェルトが動かないようにまち針を付け替えます。

③ 裁ちバサミで裁断してください。印に沿って切り込みも入れます。

④ チャコペンの跡が残っているので、フェルトを裏返します。

⑤ 赤と白のフェルトで①~③までの行程を行ったら、交互になるように潜らせたり、穴に通したりして編んでいきます。1番端の印をつけたところから順番に進めていきます。

⑥ 最後は、形を整えます。

⑦ ひもは、赤・白・緑のフェルトを1cmの帯にします。その3本を固定しみつあみを作ります。持ち手となる部分に表から縫いつけたら完成です。

スポンサーリンク

フェルトを利用したサンタの靴下の作り方

上記の小物入れを応用して、いよいよサンタの靴下作りです。ハートの小物入れの作り方をマスターすれば、簡単に作ることができますよ。

材料は上記と同じものに加えて、サンタの靴下の口のところにつける白のフェルト帯2枚と飾りがあれば大丈夫です。

 

<作り方>
① A4サイズのコピー用紙で型紙を作ります。ハート型小物入れの時とは、赤フェルトのサイズが異なりますので、ご注意ください。

② 型紙をフェルトに当てて、まち針で固定します。チャコペンで模り、切り込みの印を書きます。型紙を外しフェルトにまち針を付け替えます。

③ 裁ちバサミで裁断します。切り込みも入れます。

④ ハート型小物入れ同様編んでいきます。

⑤ ここから靴下の形に、3箇所縫っていきます。ブランケットステッチというものを使います。動画で詳しいやり方を説明しています。このとき浅く縫っていくことで、靴下が大きく出来上がり、大きなものも入るようになります。

⑥ 靴下の口の部分に白のフェルト帯を両面テープでつけます。

⑦ ハート型の小物入れでも登場したみつ編みしたひもを取り付けます。

⑧ 最後に飾り付けをして完成です。

 

赤と白のフェルトがとてもクリスマスらしく、温かみのあるサンタの靴下ですね。

ハート型小物入れの作り方を覚えておけば、様々な場面で役立ちそうです。

手縫いがちょっと苦手な方に・・・

かわいい手作り靴下を作ってみたいけど、お裁縫は苦手だという方も多いですよね。

まだ諦めるのは早いと思います。昔は糸の通し方などミシンの使い方は難しいと思われていましたよね。しかし最近では苦手な人でも扱える優しいミシンがいっぱいあります。

この機会にチャレンジしてみては、いかがでしょうか。

手芸屋さんに行くと色々な色や柄の布が売っていますよね。クリスマス柄の可愛い布で簡単にクリスマスの靴下を作りませんか?

↑はイメージになります。

材料は、布・ミシン・糸・リボンやひも・レースやボタン・ビーズなど飾り付けたいものがあれば十分です。

① 型紙を靴下の形に切ります。

② 布に型紙を当ててチャコペンで模ります。

③ 裁断する時、縫い代の部分を1~2cm余分に切ると良いでしょう。布を半分に折ってまち針で止め、2枚重ねにして切るのもいいですが、ずれてしまったり不安なら1枚ずつ切りましょう。このとき2枚が鏡になるように切ってください。まったく同じだと縫い合わせたときに、どちらかが裏返しになってしまいます。

④ 布2枚をまち針で止めて、ミシンで縫っていきます。

⑤ ひもやリボンをつけ、レースやボタン、ビーズなどで飾り付けをしたら完成です。ボンドや両面テープを用いると、とても簡単にできますよ。

手作りのものは、とても温かさや優しさを感じることができて素敵ですよね。おうちの飾りとして、クリスマスツリーの隣に、サンタの靴下をぶら下げておくのもかわいいかもしれませんね。かわいい飾りがあると、よりクリスマスらしさが増してクリスマスパーティも盛り上がりそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です