戌の日の安産祈願はいつどこにお参りするの?初穂料の相場やマナーも

待ちに待った妊娠、何とか元気な赤ちゃんで生まれてほしいですよね。

そこで気になるのが戌の日(いぬのひ)の安産祈願ではないでしょうか?

いつ頃かな~なんて思っていると過ぎてしまいますので、正しく把握しておきましょう。

また気になる初穂料の相場やマナーのことも紹介します。

そもそも戌の日(いぬのひ)とは?

妊婦さんは妊娠5ヶ月頃になると不安定な妊娠初期を乗り越えて多くの方が安定期に入られます。

この安定期に入られた5ヶ月目から数えて最初の戌の日に、腹帯(岩田帯とも呼びます)を締めて母体と胎児の健康を祈願する日本独自の習わしがあります。

戌の日の安産祈願として知られていますこの風習について一緒に学んでいきましょう。

戌の日の安産祈願はいつするの?どこに行けばいいの?

日本には、犬は多産でお産が軽いとの理由から、縁起を担いで戌の日に安産祈願をする風習があります。

12支の戌が由来で「戌の日」がいつかはネットで検索できますが、妊娠5カ月近くになった定期健診の際に産婦人科の担当医や看護師さんに聞いても教えて下さると思います。

安産祈願をしてくださる神社・お寺はたくさんあります。妊婦さんやご家族のご意向もおありでしょうからお好みで選んでください。

有名どころもありますが妊婦さんの体調を考えてあまり遠方にならないほうがいいかもしれません。

 

安産祈願は常時受け付けてくれるところが殆どですが、戌の日と大安、週末や祝祭日が重なると混みあいますので待ち時間が長くなることもあり得ます。

六曜(大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅)はさほど気になさらなくてよいでしょう。

また戌の日当日にお参りできるのが理想ですが妊婦さんの体調や一緒に参拝される方の都合にあわせて日取りは調整しましょう。

戌の日の安産祈願の初穂料の相場はいくら?

安産祈願の当日まずは受付にて申し込み用紙に記入します。

初穂料は忘れていませんか?

のし袋に、出来れば筆ペンで上段に「初穂料」と書き、下段は夫婦連名または名字のみを記入します。

肝心の料金は5,000円から10,000円が相場です。はっきりと金額を謳っている神社・お寺もありますのでHPなどで確認しておきましょう。

出かける前に用意して出来れば袱紗に包んで持参しましょう。

戌の日の安産祈願に関するマナー

諸々の事情で妊婦さん当人がお参りに行けない場合、代理人の参拝を受け付けている神社・お寺もあります。

代理の方が行かれる場合、妊婦さんの出産予定日、ご夫婦の氏名、住所、生年月日等の情報が必要です。詳細は実際にお参りされる神社・お寺に確認してくださいね。

また郵送での御祈祷を受け付けてくれる神社・お寺もありますので問い合わせてみて下さい。

スポンサーリンク

服装は?腹帯(岩田帯)は持参する?

妊婦さんの体調が安定していてご自身で参拝なされる場合、特にドレスコードはありません。正装の方もいらっしゃいますがほとんどが平服です。

ワンピース等お腹を締めつけないものが無難でしょう。季節や天候を考慮して防寒や暑さ対策をお忘れなく。

階段が多いところもありますので歩きやすい履物、そして時間に余裕を持って出かけましょう。

戌の日をめどに腹帯(岩田帯)をしよう

戌の日をめどに腹帯(岩田帯)を巻く風習がありますが、これは一つには妊婦さんのおなかがだんだん膨らんできてバランスを崩しやすくなるのを防ぐ目的があります。

また今までと違って膨らんだお腹と自分の認識する物との距離に差が出て思わぬところでお腹をぶつけないとも限りません。

極端に激しい動きはなさらないと思いますが、腹帯をまく事でたとえお腹をぶつけても胎児への衝撃を和らげる役目もあります。

もちろん防寒やおなかをより安定させる機能も果たします。巻き方はネットで紹介されていますので参考になさってください。腹帯をすることは窮屈なイメージがありますが、実際巻いてみるとその安定感や腰の負担の軽さを実感できますよ。

 

帯を巻くのが面倒だなと言う方はマタニティガードル等簡易なものがでていますので活用してみて下さい。

布の素材によっては冬場はよくても夏場は蒸れる等の弊害もあるかもしれません。ご自身の体質にあったものを選んでくださいね。

肝心の腹帯(岩田帯)はどこで買う?

百貨店のマタニティコーナーには置いてあります。今は通販でも買えます。便利になりましたね。

また産婦人科によっては販売してそこで巻き方も教えて下さるところもあるようです。

ところで腹帯(岩田帯)は誰が用意するのでしょうか?

以前は妊婦さんの実家で用意したり、縁起物と捉え親子代々使用する習慣もあったようですが現在では核家族化が進み、妊婦さんご本人がご自身で用意されることも少なくありません。

戌の日までに予め用意出来れば腹帯(岩田帯)を身に着けて安産祈願に出かけましょう。

 

持参してお祓いしてもらいたい場合、物によっては神社でお祓いできないことがありますので予め確認してく必要があります。

神社で買い求める予定の方は予めそこで販売しているかどうかを確認してから出かけましょう。また神社によっては祈祷の後の記念品に腹帯が含まれる場合もあります。お祓いしていただいた腹帯は帰宅してから巻きましょう。

まとめ

戌の日の安産祈願という日本独自の文化。犬の多産、安産にあやかり生まれた風習です。取り入れるか否かはもちろん個人の自由です。

また初産の場合多くの妊婦さんが戌の日の安産祈願に行かれますが、経産婦さんは上のお子様が小さかったりで行けないケースもあるようです。

妊婦さんの体調を最優先して妊娠期間を過ごして下さいね。無事の出産を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です