七五三の初穂料の相場は?のし袋の書き方や種類・マナーの事など

お子さんの成長をお祝いする大事なイベント七五三。神社に納める初穂料はどれくらい?のし袋はどう書いたらいいの?など分からないことがたくさんあって、困りますよね。

大事なイベントだからこそ、恥をかかないようにスマートに行いたいところです。

この記事では初穂料の相場やのし袋の書き方・マナーについて詳しくご紹介します。

初穂料とは?

そもそも初穂料ってどういう意味があるのか知っていますか。

初穂料は、神様への捧げ物のことなのです。昔はお金の代わりに、農作物を「初穂料」として神社に納めていました。

秋に収穫された稲穂・野菜・果物・魚などを神様に捧げ感謝し、お願いしていたことが語源になっているそうです。

 

神社に納めるものには、「玉串料」も聞いた事がありますよね。「初穂料」との違いをご存知でしょうか。

「玉串料」は神社で行う冠婚葬祭でかかった代金を神社に支払うときに使います。特にお葬式のときに使うことが多いので、晴れの日には向かないのです。

そもそも玉串とは、神社の祭壇の前に飾られている榊の枝に紙垂(かみしで)という白い紙をつけたもののことを言うのです。

 

今度神社に行ったら確認してみましょう。誰もが見たことがあるものだと思いますので「あぁ、あれのことか」と納得するでしょう。

初穂料の相場っていくら?

七五三の時に納めるのは初穂料ですが、相場は5千円からという神社が多いかと思います。5千円から1万円の範囲内でしょう。

神社によって初穂料を明確にしているところもあるので、HPなどで確認してみましょう。

お祓いの内容によって初穂料が違ってくることもあります。お祓い後にお守りや御札を分けて下さるなら、1万円。お祓いのみなら、5千円包むと良いとされています。

また初穂料を渡すタイミングは、七五三のお祝いを申し込むときです。

受付をしている社務所で七五三詣申込書を記入し、提出する際に渡しましょう。もちろん申込書を取り扱っていないところもありますが、必ず受付のときに渡してくださいね。

のし袋の種類はどんなものがある?

スポンサーリンク

のし袋には、水引が蝶結び・あわじ結び・結切のタイプがあります。

今回は水引が紅白の色で蝶結びのタイプを使いましょう。その中でも、中袋がついているものが良いです。

また結切のタイプは、婚礼慶事用に使うもので、絶対に解くことが出来ない固い結びで、何度もあってはならないお祝い事に使うとされているので注意しましょう。

のし袋への書き方

まず使うのは、万年筆か筆ペンを使用すると良いでしょう。ボールペンでも間違いではありませんが、この機会にマナーとして揃えておくのも良いと思います。

のし袋の表書き

まず水引を境にして中央上に「初穂料」と書きます。

もちろん印刷されているものもあります。そして水引の中央下に子どもの名前をフルネームで書いてください。

中袋

表中央に「金 ○○円」と納める金額を漢数字で書いてください。一万円なら「壱萬円」と書きます。ただし五千円の場合、その法則で行くと「五阡円」となるのですが、「五千円」と書いても間違いではありません。

裏左下には、住所と世帯主の氏名を縦書きで書きます。このときも漢数字を用いるのですが、通常使う「一」や「二」を使用して大丈夫です。

お金のマナー

結婚式のご祝儀には、新札を入れますよね。七五三の初穂料はどうでしょうか。

ピン札でも少し折れた札でもどちらでも問題ありません。もし気になるのであれば、新札を用意したり、ご家庭で低温のアイロンを軽く当てれば、多少のシワなら綺麗に伸びるでしょう。

包み方に決まりってあるの?

お札に人物が書かれている面が表になるように中袋へ入れましょう。表にしてお札を取り出したときに、人物の顔が1番に出てくるように入れてください。

中袋に封はする?

封はしてもしなくても大丈夫です。特に決まりはないので、糊付けや「〆」と記入しなくても問題はありません。

もし兄弟が一緒に参拝する場合は?

連名で一つののし袋にまとめてしまうのも可ですが、もし気になるようであればそれぞれ別々ののし袋で用意していった方が丁寧かもしれません。

そもそも七五三のお祝いはいつ?

七五三は、その名前の通り7歳・5歳・3歳でお祝いする行事です。女の子が7歳と3歳で男の子は5歳でお祝いします。

11月の七五三の時にまだ誕生日が来ていないお子さんは、どうすれば良いのでしょうか。数え年で同学年の子と同じようにお祝いするのか、満年齢でお祝いすればいいのか迷ってしまいますよね。

その答えは、数え年でも満年齢でも間違いではありません。家庭の自由なのです。

しかし、七五三の時にその年齢になっている子に合わせ、数え年でお祝いした方が友達のお母さんに色々と困ったことを相談できるなどメリットがありそうですね。

参拝する神社の決め方

基本的には、近所の神社で参拝するようにしましょう。氏神様と呼びます。

子どもが生まれ育った地域や近所で、七五三の年齢まで無事に成長することができた感謝を伝えるのです。そしてこれから先、無事に成長することを見守ってくれるようにお祈りしましょう。

また近所の神社のほうが移動も少なく、子どもにとって負担にならないで済むでしょう。着物を着ているし、いつもと違う環境ですと、子どもが飽きてしまったり、ダダをこねてしまったりすることもあるので注意が必要です。

まとめ

七五三のいろいろなマナーを知っておくと、いざというときに恥をかかずに済みますよね。お子さんのことも考えて、スムーズにお祝い事ができる神社を選びましょう。

有名な大きな神社だと七五三のシーズンは大変混み合い、お子さんだけでなく大人も疲れ果ててしまいます。

お子さんの成長を祝う大切な行事ですから、素敵な思い出にしたいですよね。直前で慌てることがないように、事前の準備や確認を行っておくことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です