キッチンの換気扇の掃除方法! 重曹とクエン酸と小麦粉ならどれが効果的?

毎日使うキッチンですから、汚れが溜まるのも当然ですよね。油汚れにホコリが混ざって、ギトギトの落ちにくい汚れがこびりついている換気扇。

長年、放置してしまうと掃除するのも億劫になりがちですよね。

そんな換気扇の掃除が簡単にできる方法をご紹介します。

換気扇の汚れが溜まると大変なことに!

油汚れにホコリが加わり、落ちにくい汚れがどんどん蓄積していきます。そんな状況を放置しておくと、様々な危険や影響を及ぼすことになります。

●油汚れをエサとしてカビが繁殖
●汚れによってファンが重くなり、余計な電気代がかかる
●料理の蒸気で、汚れが下に落ちてくる危険性
●酸性の汚れがファンを腐食させてしまう

換気扇の掃除は、3~6ヶ月に1回は行った方が良いそうです。落ちにくい汚れにそんなに頻繁にはやりたくないですよね。

でも汚れを簡単に落とせる方法があったら、どうでしょうか。

換気扇掃除の準備や基本の掃除方法|注意点は?

まず、換気扇の掃除を始める前には3つのことを準備しましょう。

1、床に新聞紙やビニールシートを敷く
油汚れが落ちて、床が油汚れでギトギトになるのを防ぎます。白い壁を汚したくない場合は、壁も必ず保護しましょう。

2、足場を作る
よじ登って換気扇掃除をすることは、危険ですし不安定です。踏み台や安定した椅子をおきましょう。掃除がよりしやすくなります。

3、電源プラグを抜く
プロペラファンの場合、掃除中に回りだしたら危険ですよね。確認してから作業を行いましょうね。

 

【基本的な掃除方法と注意点】

準備が出来たら、ゴム手袋をはめてフィルターやファンを外していきます。

タオルやキッチンペーパーにアルカリ性の洗剤を染み込ませて1時間ほど放置します。

そして拭き取り、水拭きをしてから乾拭きをする方法が基本の掃除方法ですね。

油汚れやアルカリ性の洗剤で手荒れを起こしてしまう恐れがあるので、必ずゴム手袋を着用しましょう。また換気扇は電化製品です。水をたくさん吹き付けてしまうと故障の原因にもなるので、注意しましょう。

重曹を使って効果的に掃除する方法と注意点

重曹は、100円ショップでも簡単に手に入れることができます。お料理やお掃除に何でも使える万能素材ですよね。

重曹には工業用・医療用・食用の3種類があります。使うときは、必ず用途を確認しましょう。

工業用の掃除や洗濯に使えると書いてあるものを使用してください。用途によって質や純度が違うため、掃除には不向きのものもあるためです。

重曹はどんな汚れでも落としてくれるのですが、アルミ素材や大理石には使えません。アルミの素材に使用すると黒ずんでしまいます。大理石に使用すると、重曹の粒で傷つけてしまう恐れもあります。

これらの点に注意して重曹を使ってお掃除をしてみましょう。

スポンサーリンク

重曹の正体は、炭酸ナトリウムです。弱アルカリ性なので、酸性の油汚れを中和し、汚れを浮かしてくれるというわけです。汚れに合わせて重曹を使い分けると良いでしょう。

●重曹スプレー
水500mlに対して重曹を大さじ2杯入れます。キッチンペーパーに含ませて放置します。

●重曹ペースト
重曹3に対して水を1加えます。スプレーでも落としにくかった汚れに対応します。ひどい汚れの上にのせて放置します。

●重曹クレンザー
重曹40g・食器用液体洗剤大さじ4杯・酢大さじ1杯です。最強アイテムです。これでどんな汚れも落ちるでしょう。放置することでより落ちやすくなります。

 

また重曹にはこんな使い方もあります。

重曹を水に溶かし沸騰させると、炭酸ソーダという強アルカリ性に変化します。50℃程の熱湯に入れて溶かしてもできます。

熱湯10ℓに対して重曹1カップの比率で作ってください。フィルターやファンを外し、バケツで一晩つけおきするだけです。

つけおきしたあとは、炭酸ソーダをキッチンペーパーにスプレーして10分ほど放置すると、簡単に汚れが落ちます。細かい汚れは歯ブラシや割り箸を使ってくださいね。

重曹よりもアルカリ性が強くなりますので、ゴム手袋やメガネをするなどして安全を確保しながら行ってください。

クエン酸の活用法と注意点

クエン酸は、弱酸性でアルカリ性の汚れを落とすのに適しています。

クエン酸は単独で使用するのではなく、重曹と併用することで十分な効果が期待できます。

重曹を振りまきアルミホイルでこすると、白く跡が残ります。そこへクエン酸スプレーを拭きかけ、拭き取るとツルツルのピッカピカになりますよ。

クエン酸のスプレーは、水10mlに対してクエン酸を小さじ1~2杯入れてくださいね。アルカリ性の重曹に対して、酸性のクエン酸が中和させてくれるというわけです。

クエン酸スプレーを使用する際は、塩素系の洗剤と一緒にしてしまうと、有害な塩素ガスが発生してしまい危険ですので、注意してくださいね。

小麦粉で掃除する方法と注意点

小麦粉も油汚れを簡単に落としてくれます。汚れの上に小麦粉をふりかけ、30分放置します。その後ゴム手袋でこすってください。

すると、小麦粉が油を吸ってポロポロと落ちてきます。最後にスポンジでこすってきれいにして出来上がりです。

ただ小麦粉を使用する際は、注意が必要です。周りが小麦粉だらけになってしまうので、必ず新聞紙を敷くことです。敷いておかないと換気扇掃除の後の床掃除が面倒になります。

他にも金具やねじの隙間に入り込むこと恐れがあります。ゴム手袋を着用しないと爪に入ってしまうなどの手間もあります。

そして使用した後、小麦粉をそのまま排水溝に流すと、つまりますので、新聞紙に包んで捨てましょう。

重曹とクエン酸と小麦粉ならどれが効果的?

どれも油汚れを落としてくれ、身近なところで手に入りやすいです。しかし、小麦粉は先ほどご紹介したように、1番手間がかかると思います。下手したら掃除が二度手間になってしまうこともあるでしょう。

作業がとても簡単なのは、やはり重曹ではないでしょうか。つけておくだけで汚れを浮かしてくれたり、とても効率的にお掃除ができると思います。それに加えて、クエン酸スプレーを使うとよりキッチンがピッカピカになって気持ちが良いですよね。

完全なる装備が必要になりますが、重曹を炭酸ソーダに変化させて掃除するのも、長年こびりついた油汚れをきれいに落としてくれるでしょう。

また市販にセスキ炭酸ソーダというものもあります。水500mlに小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダ溶かして、スプレーとし使用するのも効果的かもしれませんね。

まとめ

ご紹介した換気扇掃除の方法を覚えておけば、厄介な換気扇掃除が簡単になるのではないでしょうか。

なかなか掃除したくても出来なかったことが重曹を使えば、簡単に油汚れを落とすことができます。

換気扇掃除以外にも重曹は様々な掃除に活用できますから、ご家庭にあると、とても便利ですね。

汚れが落ちれば、とても楽しくお掃除をすることができますよね。重曹とクエン酸で、快適なキッチンになるよう年末の大掃除だけでなく、日頃からお手入れをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です