お歳暮やお中元をビジネスで もらった時のお礼状の書き方!宛名や例文紹介

取引先からのお歳暮やお中元を頂いたときに、お礼状を書きますよね。

早くお礼を伝えなきゃと思っても、どう書いたらいいか。先方に対して失礼がないか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなお歳暮やお中元を頂いたときのお礼状の書き方やポイント、ビジネスマナーをご紹介します。ビジネスシーン以外でも役立つこと間違いなしですよ。

お礼状で気を付けるポイント

●お歳暮やお中元を頂いたら、2~3日以内にはお礼状を出しましょう。
●基本的には、封書に縦書きで手書きをすることです。
●無事に届いたことを知らせる役割もあります。
●送って頂いたことと共にその心遣いにも感謝の気持ちを述べましょう。
●どんなお礼状を出すかによって、これからの円滑な関係が築いていけるかが決まるといっても過言ではありません。
●相手がもらって嬉しいお礼状になるよう心掛けましょう。
●最後には誤字や脱字をチェックしましょう。

電話やメールでお礼はマナー違反?

親しい間柄であれば、取り急ぎ電話でお礼を述べてから、お礼状を送るという方法もあります。

しかし、電話のみの連絡はビジネス上、あまり良い印象を与えません。

またメールなら、すぐに感謝の気持ちを述べられますが、絶対に避けましょう。

基本はお礼状を出すことがビジネスマナーの基本となります。

お礼状はハガキでもいいの?

基本は封書が望ましいとお伝えしましたが、はがきでも構いません。大切なのは、素直に感謝の気持ちを述べることです。

できるだけ早く感謝の気持ちを先方に伝えるかが重要なのです。もし気になるようでしたら、はがきで失礼しますなどの一言を付け加えると良いでしょう。

お礼状は縦書き?横書き?

かしこまった文章を送るときは縦書きが基本になります。横書きは親しい人に贈る場合に使われます。

目上の人に贈る場合には縦書きにしておいた方が無難でしょう。

基本的なお礼状の書き方・構成

例文の前に全体的な構成についてお話します。

①宛名書き

(例)株式会社 ○○○
代表取締役 ○○○○様

必ず代表者の名前を書くようにしましょう。役職名は名前の前に書きます。

②頭語

書き始めの言葉になります。拝啓・謹啓・前略などの言葉を指します。頭語に対して結語を文末に書くことが決まっています。

③時候の挨拶

季節を表わす言葉です。

スポンサーリンク

お中元なら「盛夏の候、梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか」などの言葉です。

お歳暮なら「寒さ厳しき折などその季節に応じた言葉」でつなぎます。

あまり事務的にならないようにすることが大切です。自分の言葉で季節を表わす言葉を書くことも間違いではありません。そのほうが好感を持たれやすく、親しみを感じてもらえることでしょう。

しかし、目上の方に出すものなのであまりにくだけてしまうのは避けましょう。

④お礼の言葉(本文)

お歳暮やお中元を受け取ったときに感じた気持ちをつづります。堅苦しくなりすぎず、素直に感じた嬉しい気持ちを伝えましょう。

その方が先方もお礼状を受け取ったときに、気持ちが伝わりやすくなると思います。

⑤先方を気遣う言葉

送って頂いた感謝の気持ちだけでなく、先方への心遣いを必ず述べましょう。

くれぐれもご自愛くださいませ、ますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申し上げますなどの言葉でしめましょう。

⑥結語

頭語と結語は、1セットになっていますので、頭語で書き始めたら必ず結語を書きます。

敬具・謹白・草々・かしこが結語にあたります。

「拝啓には敬具」、「謹啓には謹白」、「前略には草々」という言葉を使用します。

これは、必ずセットになっていますので、勝手に変えて使ってしまうことがないように気をつけましょう。

女性の場合、頭語が前略を使用したならば、結語にかしこと書くこともあります。

もし、頭語と結語を省略する場合には文末に「お礼まで」や「取り急ぎお礼ののみで失礼します」などの言葉を書きます。忘れないよう気をつけましょう。

⑦差出人の名前と日付

お礼状を書いた日付と差出人の名前を書きます。差出人の書き方は、宛名の書き方と同じです。

お礼状の例文を紹介

それではお歳暮の場合とお中元の場合の例文を紹介します。

お礼状の文例(お歳暮)

株式会社 ○○○○
代表取締役 ○○○○様

拝啓
寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このたびは、心温まるお品をお送りいただきましてありがとうございました。
早速、社員一同で有難く頂戴いたしました。
年末のご多忙の折かと存じますが、皆様どうぞご自愛くださいませ。

まずは書中にてお礼申し上げます。
敬具

平成○○年○月○日
株式会社 ○○○○
代表取締役 ○○○○

 

お礼状の文例(お中元)

有限会社 ○○○○
代表取締役 ○○○○様

謹啓
毎日、厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

平素は格別のご厚誼を賜り、深謝申し上げます。

さてこのたびは、お心のこもったお品を頂戴し、ありがとうございました。
いつもながら温かいお心遣いに恐縮に存じ、感謝申し上げます。
これからもご信頼にお応えできますよう誠心誠意努力を重ねてまいります。
何卒ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

ますますのご健勝と貴社のご繁栄を申し上げます。

謹白
平成○○年○月○日
有限会社 ○○○
代表取締役 ○○○○○

 

まとめ

お礼状の書き方の基本を覚えておけば、いざというときに必ず役に立ちますよね。ビジネスシーン以外にもお中元やお歳暮を贈ったり受け取ったりすることもあると思います。

親しい間柄ですと、電話やメールで伝えてしまいがちです。この機会に手書きで感謝の気持ちを伝えてみることも新鮮味があって素敵かもしれませんね。

しっかりビジネスマナーを身に着けて、先方に好感を持ってもらえるよう努力を重ねていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です