お守りの処分方法!自宅で燃えるゴミでいい?神社に返却すべき?

お守りを処分したいと思った時、神社にお守りを返すべきか自宅で燃えるゴミとして処分していいのか、悩んでしまう経験はありませんか?

今回は意外とわからないことが多い、お守りの処分方法についてまとめました。

お守りはいつまで効果があるの?処分すべき時期とは


まず処分方法の前に、お守りの有効期限について解説していきたいと思います。

実は、お守りの有効期限は1年間とされています。

その理由は1年が経つとお守りにホコリや汚れがつき、綺麗好きな神様や仏様はいなくなってしまうと言われているのです。

ただし古くなったお守りを持ち続けると、何か悪い事が起きる、なんてことはありません。

お気に入りのお守りや大切な人からいただいたお守り等、処分するには忍びないお守りは、大事に持っていていただいて大丈夫です。

できればいただいた寺社に返納を


お守りはそのお守りをいただいた神社やお寺に、返納(お守りを返すこと)をするのが基本です。

お寺や神社には、お守りを返納できる専用の箱が置かれています。

「古札収所」「古札受付」と書かれた場所です。

この時、返納の箱の近くに賽銭箱がある場合もあります。

そういった場合は返納料として、100円程度を納めましょう。

お守りを収めた後は、必ずご加護をいただいた感謝とお礼をしましょう。

「1年間お守りいただきありがとうございました」とお伝えしてくださいね。

遠方の寺社でいただいた場合

遠方でいただいたお守りは、現地に返納しに行くのは難しいですよね。

その様な場合は、いくつかの方法がありますのでご紹介します。

郵送する

返納先のホームページを確認したり、返納先の寺社に電話を掛け、郵送での返納を認めているかどうかを確かめてから郵送しましょう。

郵送の場合はお守りの送り方、お賽銭についても寺社によって違いがありますので、その点についても確認が必要になります。

返納する際には「お守りのお陰で1年間無事に過ごさせていただきました。返納にお伺いさせていただければよかったのですが、住まいが遠方の為郵送にて失礼させていただきます。お手数お掛けしますが、お焚き上げをよろしくお願いいたします」と言った手紙を添えると、受け取った寺社の方も快く受け取ってくださるはずです。

他の寺社で返納を受付けてもらう

必ず返納をお願いする寺社に連絡を取り、「〇〇にある××神社で買ったお守りを、そちらに返納してもよろしいでしょうか?」と確認を取る様にしてください。

自己判断で他の寺社のお守りを勝手に返納箱に入れるのはマナー違反になります。

お焚き上げに持っていく

毎年1月15日前後に、正月飾りを焼く行事が開催されています。

地域によってはどんと焼き、左義長などと呼ばれているようです。

お正月飾りとともに、お守りもお焚き上げしてもらいましょう。

返納する際の注意点

お寺でいただいたお守りを神社に返納したり、逆に神社でいただいたお守りをお寺に返納するのは、絶対にやってはいけないことです。

なぜかというとお寺は仏様を祀り、神様は神社を祀っている為です。

もし、自分の持っているお守りがお寺なのか神社かお寺かわからない場合は、お守りに書かれた名前を見てみてください。

  • 〇〇神社、大社、神宮
    神社です。
  • 〇〇寺、寺院
    お寺という意味です。

くれぐれも返納の際は、間違えないよう気をつけていただいたいと思います。

スポンサーリンク

自宅での処分方法は?そのままゴミ袋に入れても大丈夫?


どうしても忙しくて返納に行けない場合は、自宅で処分することも出来ます。

自宅で処分する際は、以下の2点を用意します。

  • 白い半紙
    半紙がない場合は白い封筒でも大丈夫。ただしコピー用紙はNGです
  • 粗塩
    海水を煮詰めたもの。精製塩は使用できません。

これらを使い、きちんとお守りを清めてから処分します。

間違ってもお守りを清めず、そのまま燃やせるゴミ袋に入れて捨ててしまうことだけは避けるようお願いします。

具体的な処分方法

自宅での処分方法は簡単で、お守りを半紙に包みます。

白い半紙にひとつまみの粗塩をかけ、半紙ごと燃やしてしまいましょう。

残った灰は水に流すか、土に埋めてください。

ただし、燃やす際は庭先で燃やすようにしましょう。

目安としては花火ができる広さの庭であれば問題ありません。

安全のため、水を張ったバケツを要しておくと安心です。

家の中やベランダで燃やすのは大変危険ですので、絶対に家の中やベランダで燃やさないようにしてください。

燃やすのに抵抗がある方や、燃やすことのできない環境にお住いの方は、可燃ゴミとして捨てることも出来ます。

机に白い半紙を広げ、塩を左にひとつまみ、右にひとつまみ、最後に左にひとつまみ振りかけます。

最後に半紙でお守りを包み、燃えるゴミとして処分しましょう。

燃えるゴミとして処分する時は、できればお守りのみをゴミ袋に入れて捨てるのがいいです。

まとめ

お守りはなかなか捨てるに捨てられず、溜め込んでしまっている方も多いのではないかと思います。

これを機に、期限が切れてしまったお守りを返納してみてはいかがでしょうか?