人生に疲れた10代がこれからの人生を楽しむコツ!気持ち次第で変えられる


10代という若さでも人生に疲れたと感じてしまうことがあります。

特に10代のうちは集団生活が多いので、人間関係が得意ではない人にとって悩むことが多くなります。

人生に疲れたと感じた時、もう楽しめないと諦めるのは早いです。

ここでは10代で人生に疲れたと感じる時に楽しめるコツをご紹介していきます。

10代で人生に疲れたと感じる理由とは?


10代は学校や家庭での集団生活が主となるため、一人の時間というのは少なく集団生活が多くなります。

特に学校は集団生活で学ぶ場なので、集団による悩みというのも増えていくものです。

集団の場では色々な性格の人が集まるため、自分とは合わなく感じたりすることで人間関係がうまくいかなくなります。

そして、いじめや仲間外れが起こりターゲットにされると孤独感を感じるようになります。

そうなると、「消えたい」「疲れた」と感じてしまうのです。

また、中学や高校、大学受験へのプレッシャーやストレスというのは大きなもので、受験に関わる悩みも深いものです。

就職活動も周りはほとんど決まっていく中、自分はうまくいかなければ取り残されているように思い焦ったりやる気を感じなくなります。

特に10代は家族にも話せず一人で抱えこんでいる人が多いため、精神的にも疲れてしまうのです。

また、趣味がなかったりすると暇な時間が多くなったり、人生がつまらないと感じるようになるでしょう。

10代のうちは自立できる立場ではないため、全て自由になるわけではなく禁止されていることも多いです。

自分の気持ち次第で変えることができる?


10代のうちはどうしても世間体を気にしがちになります。

誰かがコソコソ話していると、自分の悪口を言っているのではないか、自分は周りにどう思われているのだろうと考えたくなくても考えてしまうものです。

そして、考えれば考えるほど気持ちは沈んでいき、疲れを感じるようになります。

ここで大切なのは、考え方を変えるだけで人生を楽しむことができるということです。

なぜなら、楽しいかどうかは自分の気持ち次第で変えることができるからです。

周囲と自分を比べるということを10代ではしがちになりますが、比べることはつまらないものと思いましょう。

人はそれぞれ価値観が異なるため、周りと違って当たり前なのです。

周りにとって自分がないものと感じるということは相手も同じことを思っています。

今の自分だからこそ、自分にできることを自分で見つけて、自分自身で楽しむことが大切なのです。

完璧を目指す必要はありません。

完璧ではないからこそ人は成長していけるのです。

「なんで自分はこんなに出来ないんだ」と努力したことを認めないのではなく、「昨日の自分よりよくなった」と考え方を変えるだけで努力した自分を受け入れることができます。

スポンサーリンク

人生を楽しむコツ

視野を広げてくれる読書

人生に疲れてしまうのは視野が狭いということです。

自分はもう楽しめないと諦めてしまうのは早いです。

まずは自分の視野を広げるために、できることを実践しましょう。

人生に疲れた時、おすすめなのは読書です。

読書をすることで多くの人の考えに触れることができます。

本には様々なジャンルのものがありますが、本には人の感情というものが描かれているため読む人に「想像力」や「こういう考え方もある」という視野を広げてくれるものです。

本は安心感を与えてくれて、あなたの味方になってくれます。

趣味を見つける

趣味があるとその趣味を楽しんでいる時間や、その趣味のことを調べている時間さえ楽しく感じます。

なにより、気分がリフレッシュされるためストレス解消、疲労も回復されるでしょう。

疲れたと感じる時は気分を癒すことが大切です。

やりたい事に挑戦する

ノートに自分のやりたいことを書き出すことで、やりたいことを見つけやすくなります。

その後は、やりたい事を整理してその事に挑戦してみましょう。

やりたいことに挑戦してみることが楽しむためのコツになります。

色々なことを挑戦していくうちに、自分が楽しいと思えるものが見つかるでしょう。

思いきりストレスを発散

受験へのストレス、人間関係のストレスなどはしっかりと発散させることが大切です。

声を出すカラオケはストレス発散に効果的です。

また、身体を動かすジョギングや散歩、スポーツなどもいいでしょう。

まとめ


人生楽しいかは自分の気持ち次第で変えることができます。

そのため心が疲れてしまった時に、気持ちを変えて行動するだけで狭かった視野も広げることができます。

趣味のない方も、まだまだ楽しめることはたくさんあります。

色々なことに挑戦して、自分が楽しいと思う瞬間を見つけましょう。