要らなくなった香水の捨て方!瓶や中身はどう処分するのが正解?


香水には様々な種類があるため色々な香りを集めているうちに増えていきます。

また、人からプレゼントされることも多いためギフトとしても人気があります。

ですが、もらったものが好みではなかったり、古くなってきた香水は処分に困るものです。

いらなくなった香水はどのように捨てたらいいのか、香水の中身や瓶の捨て方についてご紹介していきます。

香水に使用期限ってあるの?


部屋を掃除していると昔使っていた香水が見つかることがあります。

プレゼントでもらって取っておいたものだったり、昔使っていた古い香水となると「これって大丈夫かな?」と不安になるものです。

香水の使用期限は明記されていないことが多いですが、未開封状態で3年品質維持の条件のもと香水は製造されているため、目安として未開封状態であれば3年ということになります。

開封状態であれば、およそ1年が目安となるでしょう。

判断が難しい場合は、見た目の変化と香りに注目してみましょう。

液の品質がドロッとしている場合劣化が考えられ、香りが以上であれば使用しないことです。

香水の中身はどう捨てたらいいの?

香水がいらなくなった時、香水をどのように処分していいのか悩むものです。

香水は中身を捨てて容器は分別して捨てなければいけません。

液体のため中身を台所に流そうと思う方も多いですが、台所に流すことはおすすめできません。

なぜなら、香りが部屋に充満してしまうからです。

香水の中身の正しい捨て方とは、ビニール袋にキッチンペーパーやティッシュ、いらない布を適量入れ香水を染み込ませることです。

布などを入れることで袋から液が漏れるのを防ぎます。

袋はしっかりと縛り、新聞紙で包んだりジップロックで密封することで更に液漏れを防ぐことができますよ。

あとは燃える日のゴミとして出すのですが、ゴミの日まで日数がある場合は置いておく場所に注意が必要です。

部屋に置いておくと香りは充満してしまうため、ベランダや庭などに設置したゴミ箱がいいでしょう。

スポンサーリンク

香水が開かず中身を出せない時は?


香水がスプレータイプで開かないものでも中身は捨てて処分しなければいけません。

そのため香水ボトル自体、開封する必要があります。

作業する時は床やテーブルが汚れないように新聞紙をひくといいでしょう。

香水は手についてしまうとなかなか匂いがとれないため、ゴム手袋や軍手を使用します。

容器とスプレーがつながっている金具部分にマイナスドライバーを差し込みこじ開けます。

また、隙間にニッパーで切り込みを入れるとスプレーを簡単に取り出すことができます。

瓶の蓋が開かない時は蓋が開かない時に便利なオープナーの使用もおすすめです。

香水を処分する時は、必ず窓を開けて換気をしましょう。

換気をしなかった場合、匂いが充満し気分が悪くなることがあるためです。

香水の瓶はどうやって捨てたらいいの?

香水の瓶の捨て方は、まず中身を捨てた時に瓶には液体が残っていることもあるため軽く水洗いしましょう。

解体した容器はスプレー取り付け部分は金属、プラスチック部分はプラスチック資源ゴミ、香水瓶は瓶やガラスの資源ゴミに分別します。

香水丸ごと捨てるということはできないため、アルコールを含む中身と容器はしっかりと分別しましょう。

自治体により飲み物が入っていた瓶と化粧品の瓶は一緒にできない場合があります。

市町村により分別の仕方に多少差があるため住んでいる地域の分別方法に従いましょう。

いらなくなった香水は活用できる?

いらなくなった香水を捨てる前に活用できるということを覚えておきましょう。

お気に入りだった香水は、そのまま捨ててしまうのは勿体ないと感じてしまいますよね。

使用期限が過ぎていても香りに変化がなければ活用することができます。

ドラックストアで簡単に手に入るワセリンに香水を適量たらし、よく混ぜるだけでそのまま部屋に置くと芳香剤になります。

香水にはアルコールが含まれているため、拭き掃除として活用することもできます。

ブランドの香水であればリサイクルショップが買い取ってくれるお店もあります。

香水買い取り専門業者などもいるため、捨てる前にリサイクルも考えてみましょう。

まとめ

プレゼントでもらったり買ったりで増えてしまった香水。

なかなか使わず古くなって処分を考えた時、処分の仕方に悩むものですが香水はしっかりと分別する必要があります。

中身をしっかりと捨ててから分別方法に従いゴミ出ししましょう。