名刺の渡し方やもらった名刺を置く場所!そしてしまうタイミングを解説


ビジネスマナーとなる名刺交換。

名刺交換は相手に印象を与える大切な場面になります。

そのため、しっかりとした名刺交換のマナーを知っておく必要があります。

名刺を渡す時どのように渡したらいいのか、もらった時にしまうタイミングやもらった名刺を置く場所などご紹介していきます。

名刺の正しい渡し方


名刺を渡す時は、あらかじめ名刺入れを手元に用意して、すぐに名刺を渡せるように準備しておく必要があります。

いざ渡すという時にモタモタしていては、相手にいい印象を与えることはできません。

名刺をポケットや財布から出すことはマナー違反になります。

名刺入れはしっかりとマチがあり、ネイビーやブラック系の色で自分の名刺と相手の名刺を分けて収納できるものがおすすめです。

名刺は切らさないように常に予備の名刺入れを持ちましょう。

目下の人が目上の人に順番に渡していくのが基本になります。

目下の人というのは、お金を受け取る方や訪問者などです。

自分の名刺に折り目や汚れがついていないか、事前に確認しておきましょう。

名刺交換は、双方が立った状態で行います。

机やテーブルなどを挟んで行うのは失礼になります。

そのためテーブル越しに手を伸ばして名刺交換を行うということは避けましょう。

自分が渡す時は、名刺は自分の胸の位置に差し出し挨拶をしながら両手で名刺を渡します。

この時ポイントとして、自分の指で名刺を隠していないか確認することです。

また、自分の名刺を相手が読みやすいようにするということも確認しましょう。

相手が先に名刺を出してきた時は「恐縮でございます」と言って名刺を受け取りましょう。

複数人いる場合は役職が上の人から交換します。

若手は一番最後に渡すのがマナーです。

挨拶の仕方は「株式会社○○営業部の△△と申します」と自己紹介しましょう。

お互い同時に名刺を差し出している時は、お互い右手で差し出します。

左手で受け取り、受け取ったらすぐに右手を添えましょう。

受け取る時は「頂戴致します。よろしくお願いします」と言い受け取ります。

名刺を頂いた時に「○○様ですね」というと丁寧に感じます。

珍しい名前の場合は、この時にしっかりと確認しておきましょう。

もし名前などのフリガナが書かれていない時には、相手に一言断りを入れてから記入することです。

名刺を置く場所と、しまうタイミングについて?

頂いた名刺はすぐにしまわずに、商談が終わるまでは置く場所として机の上に置いておきましょう。

机の上に直に置くのではなく、名刺入れの上に置きます。

複数で名刺交換の場合は、自分の左前に相手の席順に合わせて並べておきましょう。

これは誰がどの名刺をくれたのかわかるようにするためです。

左に置くのは右側にお茶が出されるケースが多いと言うことと、メモを取る時に右手を使うためです。

最も目上にあたる役職の方の名刺は名刺入れの上にのせます。

頂いた名刺は、絶対に財布に入れないということに注意しましょう。

名刺をしまうタイミングは、相手がしまってから一礼をしてしまいます。

基本的には商談が終わる時になるでしょう。

打ち合わせ中にしまうのはマナー違反ですが、書類などが多くやり取りしずらい場合はひとこと断りを入れて名刺入れにしまいましょう。

スポンサーリンク

名刺を切らしてしまった時の対処法は?


名刺交換の時に名刺を切らしてしまった場合は、社に戻り詫び状を添えて郵送します。

忘れてしまった場合も忘れたとは言わずに「申し訳ございません、ただいま名刺を切らしておりまして」と伝え、後日こちらから名刺を送付することを先方に伝えます。

先方から次回で構いませんと言われた時は、次にお会いした時に渡します。

送付する時は詫び状を添えて、できれば速達で送付しましょう。

なるべく相手に会ったその日に郵送できるようにします。

宛先は手書きで記入することで丁寧さが感じられます。

名刺を切らすことや忘れるということは失礼にあたるため、余裕も持って名刺入れとは違う場所に数枚入れておくことをおすすめします。

名刺交換での注意点


両手で差し出された名刺を片手で受け取るということは相手に不快感を与えます。

また、受け取った名刺を忘れて帰ったり相手の名刺をメモ代わりに書き込むことも失礼です。

自分の名前が難しい読み方の場合は、しっかりと名前を覚えてもらえるように読み仮名を入れておきましょう。

まとめ

ビジネスマナーである名刺交換は、しっかりと対応しなければ相手に嫌な印象を与えてしまいます。

そうならないためにも名刺の渡し方や置き場所、しまうタイミングをしっかりと覚えておきましょう。