未使用の油の捨て方!賞味期限切れなど未使用でもシンクに流すのはNG


未使用の油ってどうやって捨てればいいのか良く分からないですよね。

未使用ならシンクに流してもいいのか?など疑問もあるでしょう。

ここでは未使用の油の正しい捨て方について紹介します。

油はシンクに流しちゃダメ!その理由を教えます


毎日炒め物に揚げ物にとよく使う油。

ついつい特売の日に買いすぎたり、ギフトでたくさんもらったりして棚の奥にしまいこんでいたら、賞味期限が切れてしまったなんてこと、皆さんも経験があると思います。

油も液体だし、シンクに流しちゃえば大丈夫と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は油はシンクに流してはいけないのです。

シンクに流したものは排水溝を通り、配水管を流れ下水へと流されていきます。

しかし、油をシンクに流してしまうと、配水管に油がこびりつき固まってしまいます。

そして、やがてどんどん固まった油が溜まると、配水管が詰まる原因になるのです。

それならば固まらない程度、少しだけなら大丈夫なのではと思いますが、そうではありません。

下水道に詰まる可能性もありますし、なにより下水道処理施設に多大な負担がかかるので、絶対に流さないようにしてください。

自宅で安全に処理する方法


自宅で処理する場合、にし種類の方法があります。

新聞紙などに吸わせて捨てる方法

使用するのは牛乳パックか、スーパーでもらえるポリ袋です。

ポリ袋を使用する場合は穴が開いていないことを確認し、さらに二重にしておくと安心です。

牛乳パックの中やスーパーでもらえるポリ袋の中に、水を含ませ丸めた新聞紙やキッチンペーパーを詰め、その中に油を注ぎます。

中の紙に水を含ませておくと、自然発火の防止になります。

染み込んだのを確認したら牛乳パックの場合はガムテープで、ポリ袋の場合は輪ゴムできちんと口を閉じて捨ててください。

牛乳パックやポリ袋を用意するのが面倒だ、といった方にお勧めなのはトイレットーペーパーに吸わせる方法です。

トイレットペーパーを水に含ませ、大きな容器にあけた油の中に入れるだけです。

様子を見て足りないようでしたら、ロール数を増やしてください。

油を固めて捨てる方法

油を大きな鍋やバケツなどにあけて、市販の油凝固剤を入れて固めて捨てることができます。

油凝固剤がない場合は油と同量の小麦粉や重曹、片栗粉を入れても凝固剤の代用になります。

ただ、自宅で捨てる場合はひとつ注意点があり、夏場は油が自然発火してしまう恐れがあります。

処理が終わったら、できるだけ速やかに捨ててしまうことをお勧めします。

スポンサーリンク

捨てるだけじゃない!油のリサイクル方法

回収してもらう方法

不要・使用済みの油を回収してくれるスーパーやレストランがあるのはご存知ですか?

スーパーであればイオン、生協(コープ)、レストランですとびっくりドンキーが回収しています。

方法は簡単で、油をペットボトルなどの容器に移し、専門の回収ボックスへいれるだけです。

ただし、お住まいの地域の店舗で回収していない場合もあるので、念のため確認してから持っていきましょう。

自宅でリサイクルする方法

自宅でリサイクルする方法としては、油で簡単にアロマキャンドルを作ることもできます。

  • 油 200ml
  • 凝固剤(市販されている油凝固剤か、なければ蝋燭を溶かして作った蝋60ml~70mlを使用します)
  • タコ糸
  • 空き瓶
  • 割り箸(割らないで使用します)
  • 砕いたクレヨン
  • お好きなアロマオイル
  • ペーパークリップ
これらを材料に、簡単に作ることができます。

作り方の手順としては、

  1. 油を80℃前後まで温め、砕いたクレヨンを入れて溶かす
  2. 凝固剤を入れ、軽くかき混ぜる
  3. 火を止めて60℃まで引かし、アロマオイルを入れてかき混ぜる
    ※この時温度が高すぎると香りが飛んでしまい、低すぎると油が固まってしまいますので注意です。
  4. クリップにたこ糸の端をくくりつけ、空き瓶の底に入れる
  5. そして割っていない割り箸でタコ糸をはさみ、タコ糸が真ん中に垂れ下がるように調整し、割り箸をビンの口の上に渡す
  6. 油を空き瓶に移す
  7. 油が冷えて固まったら、割り箸を取り除いて完成
お子さんの夏休みや冬休みの自由研究として、一緒に作るのもお勧めです。

まとめ


今後は油が余った場合は、様々な方法で処理できますね。

ぜひ、ご自分にあった方法で油を処理してみてください。