埃っぽい部屋の原因と改善方法!これだけやれば空気がキレイになる


掃除を怠ったり空気の入れ替えを適度にしないと、自然と埃っぽい部屋になってしまいますよね。

できることならば、毎日きれいな状態の部屋で過ごしたいものです。

それに埃っぽいと健康にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

それではどうすればよいのか?改善方法を、説明していきたいと思います。

埃っぽい部屋の改善方法!

根本的な原因である繊維質の物を減らそう

埃は服や本、カーペットのような繊維質のものから出て来ます。

ですので、そういったものの量を減らすことが一番良い対策なんですね。

服の整理

洋服の細かい繊維が原因で、埃がたまりやすくなります。

服が多いところほど、埃もたくさんたまってしまいます。

それにより、埃っぽい部屋になってしまうのです。

洗濯し終わった服をタンスやクローゼットにすぐ収納することが、埃を減らすためには大切です。

その他にもタンスにしまったままで、あまり着ない服は整理をするように心がけましょう。

繊維が多い服が長い時間おいてあると埃は増えますよね。

そうなると何もしてなくても繊維同士が固まってしまい、埃っぽくなってしまいます。

このような状態の部屋に長くいると、人によってはアレルギーやハウスダストといった影響で体調が悪くなってしまうことも考えられますね。

また、サイズがあわないものや流行外れの服などは、処分するなり買取業者にひきとってもらうことをお勧めします。

本や雑誌を置きっぱなしにしない

買ってきた本や雑誌を読み終わると、つい床においてしまうことありませんか?

置きっぱなしにしたままで、次々に重ねておいてしまうと本からも埃が出てきます。

紙製品からほこりが出るって意外ですよね。

また、そういった本周辺には埃も溜まりやすくなります。

とっておきたいものは、本棚にいれるなどして収納するようにして下さい。

それに本を重ねたままだと、上からの重力により本自体も曲がってしまいます。

その他にも読み終わり不要になった本は、定期的にまとめて処分するようにしましょう。

スポンサーリンク

どうしても出てくる埃を取り除く方法

日にちを決めてその日時に必ず掃除する習慣をつけよう

家の中には、いろいろな家具用品が置かれてますよね。

例えばリビングならば、ソファや本棚。寝室は、ベッドやタンスなど。

こういったものは、掃除をするとき移動せずそのままの状態であることが多いでしょう。

だからといって1つ1つ移動させるのは、重労働になりかねません。

そういった家具用品の狭い隙間や、布団などの繊維から少しずつ埃がたまっていくのです。

初めは小さい埃ですが、何日も放置していればだんだん大きくなっていきますよね。

なので、そうなる前に掃除機をかけるようにしましょう。

つい面倒だと思ってしまうこともあると思いますが「〇日は掃除機をかける日」と予め予定を立てておけばよいのです。

そうすれば、よっぽど急でない以外は他に予定をいれることもないでしょう。

ですので、気持ちに余裕をもって掃除することができますよね。

予定を立てることで、かけたくないという不快な気持ちが少しは和らぐかと思います。

空気清浄器を活用しよう


埃を減らし、なおかつ空気の循環をよくしてくれる空気清浄機を使うのも一つです。

空気清浄機と一言でいっても、いろんなタイプのものがありますよね。

部屋の片隅におくものから、カプセルのような形のものまで。

使う部屋にあうものを、選ぶようにしましょう

空気清浄機の利点は、たくさんの埃を一気に集めることが出来ること。

そのためたくさん埃がある部屋は、空気清浄機を使うことで手っ取り早くそして時短で部屋の中をきれいにできます。

お子さんが小さい場合や空気が良くないと感じる場合には、空気清浄機を利用することでだいぶ改善すると思いますよ。

まとめ


部屋の埃の原因と改善する方法について、紹介させていただきました。

空気を入れ替えたり掃除機をかけるだけでは、根本的な原因を取り除いていないので、またすぐに埃っぽくなってしまいますね。

服や本などを整理をしつつ、定期的に掃除をすることが大切です。

暑くなったり寒くなってくると、エアコンを使うことが増えます。

その影響で、窓を開けない日が増えてきているのではないでしょうか?

朝や晩といった少しでも風があるときを利用して、空気の入れ替えをするように心がけて下さいね。