顔が脂でベタつきやすいけど何が原因?サラッとするための対策5つ


「顔が脂でベタベタしてメイクのノリが悪い〜!」と感じることってありますね。

夏場になると汗をかくので余計に顔もテカリがちです。

そこで、ベタつきの原因とサラサラ肌を手に入れるための方法を紹介します。

顔が脂でベタつく原因

加齢

30代半ばを過ぎると女性ホルモンの分泌量が、少しずつ低下していきます。

その結果、体内の中で女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなり、皮脂の分泌が活発化されるためです。

間違ったスキンケアー

「最近お肌が脂ぽい。」とオイリー肌専用の基礎化粧品に変えるのも要因の1つです。

オイリー肌用の化粧品は、サッパリとした肌心地で人気があります。

しかし、保湿成分が足りず乾燥肌をまねくこともあるのです。

乾燥肌になると、肌のバリアー機能が活性化し「保湿しないといけない!」と皮脂成分を過剰に分泌させてしまいます。

基礎化粧品を使う時には「自分の肌が本当にオイリー肌なのか?」をアドバイザーにチェックしてもらい購入しましょう。

生活習慣の乱れ

  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • ストレス
これらの原因により、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

その結果、肌トラブルに悩まさせることも多いです。

食生活の乱れ

揚げ物、ポテチ、ハンバーガーを好んで食べていませんか?

どれも油たっぷりです。

油脂食品ばかり食べていると、お肌も油ぽくなります。

過剰な洗顔もNG!

顔がベタベタするからと1日に何度も洗顔していると必要な脂まで洗い流され、乾燥肌になってしまいます。

前述しましたように、乾燥肌になると逆に皮脂の分泌量を増やしてしまい「オイリー肌」の原因となるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

肌のベタつき対策

洗顔に気をつける

洗顔の仕方1つでお肌の状態もかなり違って来ます。

以下の事に気を付けて洗顔しましょう。

  • 1日の洗顔回数は朝晩の2回までにすること。
  • 洗顔料はしっかりと泡立てて使うこと。
  • 熱いお湯で洗わないこと。
    ぬるめのお湯(32度程度)を使いましょう。
  • タオルで吹く時は、ゴシゴシこすらない。

お肌のケアーをしっかりとする

お肌の脂ぽさに気付いた時には、皮脂の分泌量をコントロールしてくれる「ビタミンC誘導体」が入った基礎化粧品を使いましょう。

脂ぽいからと化粧水だけで済ませしまう方も少なくありません。

しかし、そういう時だからこそ美容液、乳液をしっかりと使用して下さい。

食生活の改善

偏った栄養は、お肌に深刻なダメージを与えかねません。

「穀物・野菜・タンパク質・果物・きのこ・海藻・豆類」をバランス良く摂取しましょう。

へルシーな上に上記の栄養素を効率良く頂ける和食がおススメです。

また、オイリー肌になるからと油を全く取らないのはいけません。

油を摂取しないとお肌が、逆にぱさつく原因です。

年齢により違いがありますが、女性の場合は1日55gまでは許容範囲とされています。

規則正しい生活習慣

1日の生活スタイルを整えるだけで自立神経のバランスも良くなり、女性ホルモンの乱れも改善されます。

特に睡眠時間は、6〜8時間しっかりと取りましょう。

なぜなら、就寝中にホルモンが体内で作られ分泌されるためです。

就寝前1時間以内は、スマホやPCを見ないようにしましょう。

これらの端末から発生するブルーライトの刺激で、眠っていても睡眠が浅くなってしまうためです。

ストレス改善

ストレス社会とさえ言われる現代だけに、ストレスがない人はほぼいません。

そこで発想を転換して、ストレスを発散し溜め込まないようにしましょう。

例えば、

  • 休日は趣味に没頭する。
  • 友達に話しを聞いてもらう。
  • ショッピングに出掛ける。
などするといいです。

また、どうしても改善されない時には、環境をガラリと変えてみてはいかがでしょう。

ストレスは、お肌だけでなく心も体もダメージを受けるので、早めに何らかの対策をすべきです。

まとめ


お肌をサラサラにするためには、日頃の生活習慣を見直し改善しましょう。

憧れのサラッと肌になるには、ちょっぴり遠回りに感じられるかもしれません。

完全にオイリー肌が治るまでには時間が掛かるかもしれませんが、根気よくケアーすることが大切です。