夏の夜に湿度が高くて蒸し暑い!汗で気持ち悪く寝苦しい場合の対策は?


ムシムシと湿度が高く暑い夏!

夜ベッドに入っても寝苦しくって睡眠不足という方も多いです。

そんな皆さんに、暑い夏の夜に快眠できるコツをいくつかご紹介させて頂きます。

しっかり眠って暑い夏を乗り切りましょう!

蒸し暑い場合には体内の温度を下げる!

入浴する

人間は眠りに入る際に、副交感神経が優位になります。

これによって体内の温度が下がり眠りに付くことができるのです。

そこでぬるめのお風呂に入って体内の温度を下げると良いでしょう。

入浴により

  • 心身共にリラックスし汗が落とせる。
  • 血行が良くなり副交感神経が働きやすくなる。
  • 入浴後に体温が下がるので入眠作用がある。
と効果バッチリな上に体にも優しいです。

「湯船に入るとより暑くなりそうで嫌だな…。」という方は、夏用入浴剤を使ってみて下さい。

夏用入浴剤の主成分は「重曹」なので、体の余分な皮脂汚れを落とせてスッキリします。

保冷剤を利用する

冷やしておくだけですぐに使えるので保冷剤もしっかり活用しましょう。

首の後ろ、脇の下、ふとももを通っている動脈に保冷剤を当てると効率的に体内の温度を下げられます。

ただし、冷え過ぎも良くないので使う際には、タオルでくるみましょう。

寝苦しい場合の室内の温度対策!

エアコンを上手に使いこなす

よくTVで「熱中夜になるので寝る時は、切りタイマーを使い2時間ほど28度でエアコンを使うと寝やすいですよ。」と言っています。

しかし、エアコンが切れた後はどうでしょう。

窓を閉め切っているので室温が、上昇しはじめます。

あまりにも外気温度が高い日ですと、夜間に熱中症になりかねません。

大変危険です!

エアコンを使われる際は、

  • 風量を弱設定にする。
  • 28度〜29度と高めに温度設定し夜通し付けておく。
  • エアコンの風が直接体に当たらないようにする。
ということに気を付けましょう。

扇風機で乗りきる!

「エアコンって苦手!」という方も意外と多いです。

そんな人には、「扇風機」や「サーキュレーター」もおススメ!

室内のム〜ッとした空気を循環することでお部屋の温度も下がりやすくなります。

ただし、寝ている自分の体に風が、当たらないように使いましょう。

スポンサーリンク

快眠グッズを使う

「ほど良いひんやり感が気持ちいい♪」と機能性冷感寝具も人気です。

そこでいくつか商品をご紹介させて頂きます。

  1. 温度調整機能付きバッドシーツ
    バッドシーツの中のマイクロカプセルが、余分な熱を吸収します。
    寝る際に敷くだけで皮膚表面温度を31度〜33度に調整してくれるのです。
    中でも「アウトラスト」素材のシーツが話題となっています。
  2. 掛け布団も冷感グッズを!
    掛け布団ももちろん冷感素材を使ったものがおススメです。
    シーツと一緒に使うことでひんやり感もアップします。
  3. 枕もクール化!
    たくさんの血液が集まる頭を冷やすことで、体内温度を効率良くクールダウンできます。
    最近では、枕カバーにも冷感タイプのものがあるので利用してみてはいかがでしょう。
さらに「塩枕」もおススメです。

塩には熱を取り除く作用があるので、塩で作られた枕でしたら頭も早く冷えます。

肩こりや頭痛を解消させる効果まであるので、気になる方は一度使われてみてはいかがでしょう。

パジャマを見直す

ポリエステル素材のパジャマだと、どうしても熱がこもりやすいです。

汗をかいた時にベタついて不愉快!

これでは、快眠なんてほど遠いです。

パジャマを選ぶ時には、コットン素材のものを選びましょう。

サッカー生地のものですとより涼しいです。

日頃から眠りやすい環境作りをする

室内に熱がこもるのは、日中の日差しが原因です。

「遮光カーテン」や「すだれ」を使うとかなり暑さも違います。

もちろん、家にいる時には寝室の窓はカラッと開けておきましょう。

まとめ

夏場は、どうしてもクーラーに頼ってしまいます。

しかし、あまり体を冷やすのも自律神経が乱れ、夏バテの原因です。

クーラーをうまく使いつつ、いくつかの方法を上手に組み合わせて熱中夜でもぐっすり眠れる環境を作って下さい。