スーツって毎日着るけど汗かいたらどうする?匂いや塩・汗抜きについて


暑さが厳しい夏、スーツ姿のサラリーマンは辛いですね!

当然、スーツも汗でぐっしょり状態になってしまいます。

毎日着るスーツだけに「クサイって思われていないかなぁ…。」と周囲の反応も気がかりです。

そこで、夏場のスーツのお手入れ方法についてご紹介します。

スーツの汗のお手入れをしないのはダメ!


疲れてヘトヘト状態で帰宅した後にスーツのお手入れなんて面倒臭いって思う方も多いでしょう。

そんなことよりも冷たいビールが飲みたいですね!

しかし、汗を含んだままのスーツをそのまま放置すると

  • 型くずれ
  • 臭いがしみつく
  • しみ汚れ
などの原因となります。

さらに厄介なことは、スーツは気軽に洗濯機で洗えません。

だからと言ってクリーニングに出しても汗汚れは、落ちにくいと言われています。

また、スーツをクリーニングに頻繁に頼むのは、生地を傷める原因となるようです。

そこで、自宅でできるお手入れ方法をいくつか見て行きましょう。

夏場のスーツの上手なお手入れ方法

帰宅したらすぐにハンガーに掛けること!

スーツ用の木製の肩の部分がしっかりとしたハンガーを使って下さい。

クリーニングに出した時に付いてくるハンガーですと肩くずれを起こしてしまいます。

さらに、シワ防止と通気性をよくするために前ボタンは開けっ放しにしておきましょう。

なるべく室内の風通しの良い場所に吊るして下さい。

毎日ブラッシングをする

「スーツを1日着たくらいでそんなに汚れないだろう?」と思っている人も少なくありません。

しかし、スーツを丸一日着用するだけで

  • ほこり
  • におい
  • 皮脂汚れ
  • 湿気
がしっかりと染み付きます。

そのままにしておくと、梅雨時にカビが発生する原因にもなるので、ブラッシングを毎日しっかりと行いましょう。

ブラッシング方法

最初は、軽くトントンとほこりを浮き上がらせるように衣類用のブラシで叩きます。

埃が浮き上がって来たら上から下に向けてブラッシングするだけです。

汗染み&ニオイ取りは!濡らしたタオルで吹く

皮脂汚れ、汗を取り除くために、ぬるめのお湯で濡らしたタオルをしっかりと絞ってポンポンと叩くように軽く拭き取りましょう。

汗腺がある首、脇の下、背中は特に入念に行って下さい。

ゴシゴシとタオルをこすりつけてしまうと生地を傷める原因となるので気を付けましょう。

しかし、お手入れしても「ニオイが落ちない!」ということも多いです。

そこで、汗臭さを落とす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スーツの手軽な消臭方法!

  1. スチームアイロンをかける
    ニオイがきつい部分にたっぷりとスチームアイロンを掛けて下さい。
  2. 浴槽の蒸気でニオイ対策!
    お風呂の蒸気の中に、ハンガーに吊るしたスーツを約1時間ほど放置しておくだけで大丈夫です。
  3. 霧吹きでシュシュ!
    アイロンなんて面倒、シャワー派だらか浴槽にお湯を張らないという方もいるでしょう。そんな方は霧吹きにぬるま湯を入れて、ニオイの気になる部分にスプレーするだけで大丈夫です。

いずれの方法も最後にハンガーに吊るしたスーツを扇風機の風にしっかりと当てましょう。

扇風機で送風することでニオイの原因が、散ってくれます。

深夜遅く帰って来てそんなことをしている暇がないという方もいるでしょう。

そんな多忙な方は、消臭スプレーもおすすめです。

スーツにおススメの消臭スプレーは?

ファブリーズMEN

男の五代臭「たばこ・加齢臭・焼き肉・汗・体臭」をしっかり除去できます。

しっとりとするくらいスプレーすればオッケーなのでとても手軽です。

公式HP

リセッシュ 除菌EX

スプレーするだけで汗臭さを24時間予防できる便利グッズです。

すでに付いてしまったニオイを消臭し、汗染みを防ぐ効果まであります。

天然成分でできているのでお子さんがいる方でも安心です。

公式HP

いずれもスーパーやホームセンターで手軽に購入できるので1本用意しておくと便利です。

まとめ

家庭でできる「スーツの消臭対策と汗染みの除去」についてご紹介しました。

女性の私から見ても毎日スーツのお手入れをするのは、とっても大変そうです。

三日坊主で終わってしまう方も多いと思います。

でも、職場の女性陣に「○○さん臭うよね。」と言われてしまったらかなり恥ずかしいです。

男の身だしなみの1つとして、ちょっぴり頑張ってスーツのお手入れを習慣付けてみましょう。