夏に猫が寝てばかりなのは夏バテ?食欲がなく元気がない場合どうする?


猫は、犬に比べてはるかに暑さに強いと言われています。

でも、そうは言っても生き物ですから、暑い室内に閉じ込められていたら夏バテや熱中症になることだってあります。

暑さを言葉で訴えられない猫だけに飼い主が、夏バテのサインを見逃さないことが大切です。

そこで今回は、「猫が暑さで体調を崩すとどのような症状がでるのか?」「食欲不振で元気がない時にどう対処すればよいのか?」についてまとめてみました。

猫の夏バテのサイン

グルーミングに熱中している

グルーミングとは、猫が下で自分の毛を濡らしながら毛づくろいをすることです。

夏の暑い日にグルーミングをしているのは、少しでも唾液で体温を下げようとしている事も考えられます。

動作が鈍く息が荒い

動きが敏捷な猫も体調が悪い時には、体力を消耗しないようになるべくじっとしています。

さらに、いつもよりハアハアと苦しそうに呼吸をしている場合は、高熱が出ており熱中症になっているかもしれないのでかなり危険です。

食欲不振・嘔吐・下痢・尿が少ない

特に高齢の猫になると夏バテで胃腸や消化器が弱ってしまうことが多いです。

  • 食事の量がいつもより少ない時
  • 食べても吐いてしまうのが数日続く場合
  • 極端におしっこが出ない
このような症状がある時には、脱水症状になっている可能性もあります。

日頃から猫ちゃんを観察していて「いつもと違うな…」と思った時や上記のような症状が見られた時には、獣医師さんに早めに診せましょう。

特に、「よだれが出ている時」や「泡を吐いている時」には早急に医師に掛かって下さい。

大変危険な状態です。

食欲がない時の食事はどうするの?

ウエットフードを与える

実は、猫はあまり水を飲みません。

「水分が足りてないかも!」「脱水症状かな?」と思った時には、いつものキャットフードをウエットフードにしてみましょう。

いつもの食事と違うと猫ちゃんによっては、口すらも付けないこともあります。

そのような時には、ウエットタイプの猫缶のエサでしたら好んで食べる子もいるようです。

猫用のスポーツドリンクを飲ませる

スポーツドリンクは、栄養成分がたっぷりと含まれているので疲労解消に優れています。

夏バテや熱中症により体内で不足した塩分やミネラルを補給できるので、食べ物が取れない時にもおススメです。

水をこまめに飲める環境を作る

室内の複数の場所に水飲み場を作ってあげて下さい。

気が向いた時にすぐに水を飲めるようにしてあげることも、気まぐれな猫ちゃんにとっては大切です。

夏バテや熱中症に可愛がっている猫ちゃんがなってしまったら、お世話も大変ですし心配でたまりません。

そうならないためにも暑くなったら何らかの対策が必要です。

スポンサーリンク

猫ちゃんの夏バテ防止策

室内の温度管理をする

夏場はエアコン代をケチらずに、猫ちゃんのためにも積極的に冷房を使いましょう。

そうは言っても、あまり温度が低すぎるのも体調を崩す原因です。

温度は28度とし自動設定を利用して下さい。

また、サーキュレーターやエアコンを使うとより空気の循環がよくなります。

ただし、いたずら好きな猫ちゃんですから扇風機などをいたずらしてケガをしないように工夫して下さい。

ドアは開けっ放しで!

猫を観察していると分かると思いますが、暑さが厳しい日は自分で涼しい過ごすやすい場所を選ぶ本能が備わっています。

冷房を使っていない時には、猫が自由にどこにでも行けるようにドアを開けたままにしておきましょう。

猫専用のクールグッズを使う!

留守中に室内ですこしでも快適に過ごしてもらうために、アイスベッドドーム型やクールマットを陽の当たらない場所に置いておくと、猫ちゃんも大喜び間違いなしです。

まとめ

猫の可愛さは、ちょっと気まぐれ屋さんな所です。

なのでご飯を食べないと「気が向かないのかな…。」ぐらいにしか思わず、体調の悪さに気付くのが遅れる飼い主さんも少なくありません。

そうなっては猫ちゃんもかわいそうです。

日頃から愛猫の様子をこまめにチェックして「夏バテかも?」と感じた時には、早め早めに対処して下さい。