暑い夏の犬の夏バテ対策!留守中にぐったりするけどエアコンは必須?


GWも明けて本格的な夏ももうそこまでやって来ています。

そんな暑い季節だからこそ気を付けないといけないのが、犬の夏バテです。

「えっ!ワンちゃんに暑さ対策なんて必要ないでしょう…。」と思っていませんか?

犬だって生き物ですからなんらかの夏バテ対策が必要なのです。

そこで、今回は愛犬の暑さ対策や留守中のエアコンの必要性までしっかりと見ていきましょう。

犬の夏バテ対策にエアコンが必要なの?

結論から言うと必要です。

窓を閉め切ったまま冷房なしの室内は、灼熱地獄化します。

そんな中にいたら犬だって最悪なケースだと生死に関わることもあるのです。

それに、犬と人間では体の構造も違います。

犬は、ハアハアと舌を出して息をすることで体温の熱を下げているのです。

つまり、この時点で人間よりも体温を調整する機能が劣っています。

汗を流すことで体温を下げる汗線「エクリン線」がキーポイントです。

人間はエクリン線が全身にあるので、体温を調整しやすいと言われています。

一方、犬は肉球などの体のほんの一部分にしかエクリン線がありません。

最近の夏は、地球温暖化の影響もあり気温が非常に高いです。

さらに、日本の夏は湿度も高いので閉め切ったままの状態だと、愛犬の健康に悪影響をもたらすこともあります。

エアコンを上手に使い、飼い主が不在の時でも犬が快適に過ごせるように心掛けて下さい。

そこで、留守中に愛犬を暑さから守る上手なエアコンの利用の仕方について見ていきましょう。

留守中のワンちゃんのための上手なエアコン活用方法

エアコンの温度があまり低過ぎても体調を崩す原因となります。

外出する前にエアコンを28度にし自動運転に設定しておきましょう。

洗面所やダイニングのドアを閉めておくと冷房の効率が、グーンとアップします。

ここで気をつけないといけなのが「陽の当たる窓際ですとエアコンを掛けても気温が上昇しがちということ」です。

遮光カーテンをしっかりと閉めておきましょう。

エアコンと一緒に扇風機やサーキュレーターを併用すると、空気の循環が良くなり早く室内が冷えます。

また、屋外に朝顔やゴーヤでグリーンのカーテンを作ると部屋全体が日陰になるので、涼しさもアップするのでおすすめです。

犬用のクールグッズ

犬用冷却ジェルアイテム

シートタイプと首に巻き付けるタイプがあり、使いやすいので愛用されている方も多いと思います。

しかし、好奇心旺盛なワンちゃんですと、かじって誤飲してしまうケースもあるのです。

獣医さんによっては「危ないから利用しない方が良い。」と指摘する方もいます。

アルミ冷却版

アルミ製なので誤飲防止になります。

上に乗るだけで体温を効率良く下げられるので便利ですが、ワンちゃんによっては使いたがらない子も多いようです。

クール素材の洋服

なんと犬用にも汗を素早くキャッチし、体感温度を効率良く下げてくれる洋服があります。

犬用の冷却アロマスプレー

ワンちゃんにアロマなんてオシャレですね。

暑い時にたっぷりとスプレーするだけで、クールダウンできるので1本あると便利でしょう。

さらに、ワンちゃんが夏バテしている時にはどのような症状が出るのでしょうか?

スポンサーリンク

犬の熱中症の危険なサイン


  • 歩き方がよぼよぼしている
  • 食欲がない
  • 下痢や吐気がある
  • 熱がいつもより高い
  • 息がいつもよりも過度にハアハアしている
  • おもらしをしている
  • よだれが出ている
以上のような症状が見られた時には、熱中症にかかっているかもしれません。

「水を飲ませて様子を見よう。」と安易に考えずに早めに獣医師さんに診せて下さい。

熱中症をそのまま放っておくと、「筋肉のけいれん」「意識がなくなり反応がない」という状態になり、最悪のケースですと命を落とすこともあります。

熱中症までいかなくとも「軽い夏バテかな?」と感じた時には、次の3つを行う良いです。

  • 犬用のスポーツドリンクや経口補水液を与える
  • 食事にウエットフードをあげる
  • 脇の下、内股、頭などの太い血管が走っている部分を冷やす

まとめ

犬は、私達人間に比べて体温調整するのが下手な動物とされています。

留守中に何時間もエアコンを付けっぱなしにしておくと気になるのは電気代ですが、愛犬の命のほうが大切です。

エアコンや扇風機(サーキュレーター)、犬用のクールグッズを上手に併用して今年の夏も元気に愛犬と乗り切りましょう。