線香の本数に関するマナー!仏前やお墓・お盆などで違いはある?


各宗派ごとによって仏壇やお墓に使うお線香の本数は、違います。

また、亡くなってからどのくらいになるのかによっても異なるようです。

そこで、日本人として最低限知っておいて欲しいお線香の本数についての基本的なマナーを見ていきましょう。

お線香の本数はお盆の時は違うの?


お盆だからと言って本数の違いはありません。

お線香の本数は、宗派によって違います。

ただし、49日が過ぎる迄はどの宗派も1本だけお線香を仏壇やお墓にあげます。

なぜ49日なのでしょう。

それは、亡くなった人は49日の間、あの世とこの世をさまようと昔から言い伝えられているからです。

ここでお線香を何本も使うと、どちらの道に進めばいいのか分からなくなってしまいます。

そのため1本だけあげて「あの世に行くみちしるべ」を教えてあげるのです。

そして、49日後を過ぎてはじめて各宗派の決まりに従った本数をあげます。

49日後のお線香の本数の違い


宗派によって本数だけでなく「1本をそのままあげる」「2本に折って使う」という違いもあります。

具体的に宗派ごとの仏壇へのお線香のあげ方をご紹介します。

  • 日蓮宗・曹洞宗・臨済宗
    お線香を折らない状態で1本だけ使います。
  • 浄土真宗・浄土真宗本願寺派・浄土真宗大谷派・日蓮正宗
    2本に折ったお線香を仏前にあげます。ただし、お線香や香炉の大きさによって線香を3本に折ることもあるので気を付けましょう。
  • 真言宗・天台宗
    折らない状態のお線香を3本使用します。
  • 浄土宗
    1〜3本で具体的に何本という決まりはありません。
自分の家でしたら「○○宗派」と分かりますが…。

他人の家となると「どこの宗派の檀家さんなのか?」と分からないので、何本お線香をあげれば良いのか悩やんでしまうでしょう。

そんな時には、お家の方に「不躾な質問で申し訳ありません。どちらの宗派でしょうか?何本お線香をあげさせて頂けばよろしいのでしょうか?」と聞いてしまうといいです。

しかし、どうしてお線香の本数って宗派により違うのでしょう。

豆知識として見てみましょう。

スポンサーリンク

お線香の本数の違いに意味ってあるの?

お線香をあげることで

  • 自分の身に付いた穢れを浄化し心身を清める
  • 亡くなった方が仏様となりあの世に無事にたどり付けますように
  • 仏様と心を通わせる機会を作る
という意味が込められています。

  • お線香を1本を使う
    一心に手を合わせることから1本だけで良いという考えに基づいています。
  • お線香を2本使う
    阿弥陀仏と釈迦仏の2尊を敬う気持ちからと言われているのです。
  • お線香を3本使う
    「身・口・心」の3つを、「仏・教え・僧侶」の三宝を供養するという意味が込められています。さらには「貪・愚・痴」の三毒の穢れを払い、心身を清めて仏様と向き合うという意味もあるようです。

お墓参りのお線香の向きなど決まりはあるの?


お墓参りの時にお線香をあげる所が、香立て・香炉とお墓により違います。

私の子供の頃は、1本香立てに差していました。

しかし、雨などで濡れてお線香が立ち消えすると縁起が悪いという理由から屋根付きの香炉が主流となりました。

この香炉にお線香を入れる時に「左or右向きのどちらで置けばいいのだろう?」と悩まれる方もいるでしょう。

炎のついた方をどちらの向きにしなければいけないという決まりは、ないです。

ただし、最初に入れた方と同じ向きにするという部分は、気をつけないといけません。

まとめ

宗派によりお線香の本数が違うことが分かりましたね。

しかし、大切なのは気持ちです。

マナーだけを守ればいいという訳ではありません。

仏壇やお墓にお線香をあげる際には、「近況報告を心の中ですること」「感謝の気持ちを伝えること」も忘れずにしましょう。