浴衣が防虫剤や汗のにおいで臭い!効果の高い消し方は?恥ずかしい思いをしないために


久々に浴衣を着ようと箪笥から出してみると、防虫剤や汗の匂いがしみついていたなんてことありませんか?

これでは、せっかく楽しみにしていたお出かけも思う存分楽しめません。

そのような浴衣の臭いをしっかりと消す方法をご紹介させて頂きます。

臭いの程度別に見ていきましょう。

防虫剤の臭いの程度が軽い場合

「ちょっと防虫剤の臭いがするかな?」、「まだ着て行くまで時間があるからなんとか間に合いそう」という時は、陰干ししましょう。

ハンガーに浴衣を干して日中カラッと晴れた日の夜に二、三日ほど外干しして下さい。

蛍光灯の下、昼中に日向に干すのは色焼けの原因となるので絶対にしてはいけません。

また、梅雨時だと外干しできないことも多いです。

そのような時には、日の当たらない室内の場所に干して扇風機やサーキュレーションで風の通り道を作ってあげましょう。

しかし、外に干してもどうしても臭いが取れないことも多いです。

そのような時には、どうすば良いのか見ていきましょう。

防虫剤の臭いがしつこい場合

臭いがひどい時には、洗うのが一番手っ取り早いです。

木綿やポリエステル素材の浴衣でしたら自宅で手軽に洗えます。

ただし、絞り浴衣は特殊な加工が施されているのでクリーニング専門店にお願いしましょう。

洗い方は、洗濯機で洗えるものは表示通りに洗って大丈夫です。

柔軟剤を最後に使うと「クタ〜」っとなりハリがなくなってしまうので絶対にやめましょう。

手洗い表示の時は、面倒ですが慣れてしまえば簡単です。

  1. たらいやシンクに水を張って洗います。お湯を使わずに水で洗うのがポイントとなりますので覚えておきましょう。
  2. お湯の中に中性洗剤を入れ短時間で手際良く押し洗いします。長い間水に漬けてしまうと色落ちしてしまうので気を付けて下さい。
  3. 2〜3回水を替えてよくすすぎます。
  4. 洗濯機の脱水に1分程かけまましょう。通常の洗濯物よりも脱水時間がはるかに短いのは、長く脱水してしまうと生地が傷んでしまうためです。
  5. 脱水が終わったらすぐに着物ハンガーに掛けて陰干ししましょう。この時にできるだけシワを伸ばしておくと、アイロン掛けが楽に済みます。
  6. よく乾かしたら糊を使いアイロン掛けをしましょう。

ファブリーズはダメなの?

陰干しをして臭いを取る際に、ファブリーズをするとより効果があるという話しもあります。

しかし、シミや黄ばみの原因となることもあるので控えた方が無難です。

また、浴衣を着ていて汗臭くなることもありますね。

そこで、今度は「浴衣の汗対策」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

浴衣の汗・汗臭さ対策

  1. 着る前にシャワーを浴びておくこと
    浴衣を着る前にすっきりと体を清潔にしておくだけで臭い対策になります。
  2. 浴衣の襟をきつくしないこと
    浴衣の襟をカチッと合わせてしまうと首回りが、暑苦しくなり汗をかきやすいです。
    また、見た目にかっこわるく粋に見えません!襟周りは、大き目に開けてすっきりさせましょう。
  3. 肌襦袢や専用のインナーを着ること
    浴衣用のインナーは、木綿素材でサラッとしており肌触りがとても良く汗も吸収してくれます。汗ジミ対策にもなるのでぜひ活用しましょう。
さらに、浴衣を着る前に「わきが用クリーム」を脇の下に塗っておけば完璧です。

汗で流れしまうと困るので汗に強いタイプを選びましょう。

女性から人気のある「わきがクリーム」

ラポマイン

  • 臭いの原因を97%カット
  • 赤ちゃんでも使える無添加タイプなので肌の弱い人でも安心
  • 90日間全額返金保証付きなので合わなければ返却できる

公式HP

デオラボ

  • 臭い原因菌の殺菌力は、なんと99%以上!
  • ミントの香りで清涼感もある
  • 初回購入者は、全額返金保証付き

公式HP

クリアネオ

  • お肌に優しい無添加なので敏感肌、乾燥肌の方でもOK
  • ベタ付かずにさらっとしている
  • 使用何日後でも返金保証
公式HP

着用した後始末も大切!

箪笥にしまう際には、二、三日陰干しして臭いや水分を取ってからしまいましょう。

理想としては、着用後は、洗濯をしてアイロンで糊付けをした後に無臭の防虫剤を入れたタンスに「たとう紙」に包んでしまうのがベストです。

「たとう紙」は、呉服屋店および文具店で販売しています。

まとめ

浴衣を着る予定がある場合には、早めにタンスから出して臭いやシミ、虫喰いがないかチェックしておきましょう。

また、しっかりと汗対策をしておくと着終わった後のお手入れも楽になります。

臭い対策をしっかりと行って彼やお友達と楽しんで来て下さいね。