浴衣の右前と左前はどっち?男女の違い|浴衣が透ける場合の対策も紹介


これから暑くなると、お祭りや花火大会と楽しみなイベントが目白押しです。

そんな時にぜひ着たいのが、浴衣!

彼に女子力をアピールする絶好のチャンスです。

でも、着慣れない浴衣だけに「左右どちらを前にすればいいの〜?」なんて方も多いのではないでしょうか?

そこで男女の浴衣の着こなしや透け対策についてご紹介させて頂きます。

浴衣は右前・左前どっちが正解なの?


左側の身ごろが前になるように着るのが、浴衣の正しい着方となります。

左前を上にするのは、男女共に同じです。

どうして左を前にするかというと、昔、武士が切腹する時に着用した白装束を右側を前にして着ました。

そこで「右前=縁起が悪い」ので左側を上にして浴衣や着物は、左側が上になるように着るのです。

日本人ですから、しっかりと浴衣の着方を覚えておきましょう。

ポイントは、

  • 左の手の着物が右側の上に重なる
  • 女性の場合は、洋服と反対になる
  • 鏡で見た時に襟部分が「y」になっている
ということです。

この3つの部分を頭に入れておくと、温泉などに宿泊して浴衣を着る際にも困りません。

紛らわしい「右前」のお話についても見ていきましょう。

右前で着るという話しもあるけど…?


実は、私も母から「着物や浴衣は右前で着る」と言われていました。

また、実際に着付け教室でそのように教わる方も多いです。

しかし、この場合の「右前」は意味が違います。

「右前 → 右側の身ごろを先に着付ける」ということです。

勘違いしている方も多いので確認しておきましょう。

浴衣が透けないようにするには?


白地はもちろん、濃い色であっても生地の厚さによっては透けてしまいます。

せっかく綺麗な浴衣姿も下着のラインや色、足のラインが見えてしまっては恥ずかしいです。

そんな時には浴衣用の肌着がおススメです。

「肌襦袢と裾よけ」「浴衣用スリップ」の2種類があります。

肌襦袢、裾よけは、袖や裾の長さが長めのものがおススメです。

短いものですと微妙な感じで透けてしまうのでイマイチ効果が期待できません。

長いと歩いた時にちら見えしてかっこ悪いと感じる方は、レースをあしらったかわいい物もあるのでそちらをおススメします。

いずれも透け対策だけではなく、汗をしっかりと吸い取ってくれる効果もあるので準備しておくと毎年利用できて便利です。

しかし、これだけではまだ透け対策は不十分なのでもうひと工夫必要となります。

白の浴衣に白の肌着を身に付けてしまうと「まだ透ける」ということが多いためです。

そのような時には肌に近い「モカ色」や「ベージュ色」の下着を身につけましょう。

浴衣に限らず、白いTシャツなどを着る際にもやはり肌に近い色の下着を選ぶのと同じです。

楽天ショップで販売している「ゆかたインナーモカ」は、購入された方達から「透けにくい」と好評です。

ゆかたインナーモカ

ただし、生地の薄い浴衣の場合にはモカ色が透けてしまうということもあるようです。

また、綿絽(めんろ)生地の浴衣もブツブツと細かく開いているので濃い色の下着はかえって目立ちます。

この辺は、若干難しい部分です。

また、下着のラインが気になる際にはつなぎ目や縫い目のない「シームレスタイプ」を選んで下さい。

そうするだけで肌との境目が分かりづらくなります。

浴衣用の肌着を買わなくても代用できる?


年に一度しか着ない浴衣のために専用のインナーを買うのは、もったいないという方はキャミやブラトップでも、もちろん代用可能です。

ただし、その際には浴衣の襟から下着が見えない襟ぐりの大きめなものをインナーとして着用して下さい。

この時に「首の後ろ側も見えていないか?」を確認することを忘れずに!

裾よけもシンプルなペチーコートで代用できます。

ただし、ペチコートってポリエステル素材のものが多いのでどうしても汗を吸収しづらく不快感があることも…。

コスパ的には普段使いのものをうまく使って済ませてしまいたいです。

しかし、浴衣専用の物は素材が綿のものが多くサラッとしているので、暑い夜でも快適に過ごせるという点で断然購入することをおススメします。

まとめ

年に一、二度しか着る機会もないだけに、浴衣を着る時って分からないことも多いと思います。

しかし、一度着付けを覚えてしまうと着物などと違い自分で手軽に好きな時に着られるので便利です。

ぜひ、お気に入りの浴衣を着て夏の思い出をたくさん残して下さいね♪