下駄を履いたら足の裏や指・かかとが痛い!それぞれの対策は?


かわいい浴衣を着て花火に行きたいけれども下駄って痛くて苦手だな…という方も多いですね。

足が痛くなってしまうとせっかくの花火も楽しません!

そこで、下駄を履いた時の足の傷みの対策を部位別に詳しく見ていきましょう。

下駄を履くと足の裏やかかとが痛い場合!

靴の時と同じように歩いていませんか?

草履や下駄を履いた時には、歩く際にちょっとしたコツがあります。

それは、足の指先に重心をおくことです。

重心の位置を前にすることで足への負担を和らげられます。

「下駄を履くとかかとが痛くって辛い…。」という話しは、比較的良く聞きます。

なぜなら、下駄の場合は、かかと2cmほど出して歩かざるを得ないからです。

普通に歩くとどうしてもかかとが痛くなってしまいます。

足裏・かかとの痛みを予防するためには、歩き方を事前に練習しておくといいですね。

しかし、出先で痛くなってしまうこともあります。

そんな時には、「足豆対策シート」や「足裏保護パッド」を使いましょう。

また、足裏のすべりが良くなるように「ベビーパウダー」を叩いておくといいという声もあります。

さらに、鼻緒部分が当たって痛いという方もとても多いようです。

こちらも対策方法がいくつかあるので見てみましょう。

鼻緒が辛い方必見!

痛みの原因はいくつかあります。

鼻緒の部分の素材をチェック!

下駄の値段もピンからキリまであります。

確かに、安いのはお財布に嬉しいですが、足には厳しいです。

なぜならば、高い下駄の鼻緒は綿が入れられているので、ソフトな肌触りで痛みも出にくいと言われています。

しかし、安いものは紙や段ボールを丸めて入れたものが多いので、どうしても痛くなってしまうのです。

鼻緒の先端まで指を入れていませんか?

前のめりで歩かないと行けない上に不安定なので、どうしても鼻緒をしっかりと指で挟み込んでしまいます。

しかし、これも痛みの原因となるのでやめましょう。

鼻緒の部分は少し余裕を持たせて指を入れて下さい。

さらに歩く時も、ももを軽くも上げて歩くと下駄特有の「カラン〜♪」と音がして粋な上に痛み対策にもなります。

他の対策方法としては次の通りです。

鼻緒の部分をあらかじめ揉み解しておく

具体的には、鼻緒の付け根の部分を持ってぐぐっと上に引っ張りましょう。

手のひらを鼻緒の部分に入れて同じように上に持ち上げます。

さらに、鼻緒を左右に広げておくと履いた時の窮屈さも軽減できるのでおススメです。

太い鼻緒の下駄を選ぶ

紐が細いと指先にそれだけ力が入ってしまいます。

太いものの方がしっかりと支えてくれるので選ぶ時に頭に入れておきましょう。

2cm以上の太さがあるものを選ぶと大分違います。

鼻緒にロウソクを塗っておく

ロウソクを使うこと鼻緒と皮膚のスレが解消されます。

絆創膏を使う!

これが一番手っ取り早そうです。

あらかじめ親指と人差し指の部分に目立たない肌色の絆創膏を貼っておきましょう。

鼻緒の方にも当たりそうな部分に、細く切った絆創膏を付けておくと間違いありません。

最近では、草履や下駄を履き慣れない方が多いので以下のような製品もあります。

スポンサーリンク

痛くならい下駄もある!

ピドヒール下駄

人間工学により作られた足が痛くなりにくい下駄です。

ヒールが高めで前部分が低いので、自然と前に重心がかけやすいスタイルに仕上がっています。

ウエッジソールサンダル

浴衣に合う和テイストの物もあり、可愛く普段使いもできて便利です。

こちらもソール部分が高いので歩きやすいでしょう。

まとめ


靴と昔ながらの下駄では、歩き方がそもそも違うのです。

それに、今の人は脚力も弱いのでより痛みやすいと言われています。

花火大会のために歩き方を変えるのは、ちょっと難しそうなので…。

ここは、便利グッズや痛くならない下駄を購入してみるしかなさそうですね。

ちょっぴりお値段はしても足を痛めてしまっては大変なので、しっかりと足に合うものを選びましょう。