スマホで花火をキレイに撮るコツ!アプリや撮り方など【まとめ】


「インスタに綺麗な花火の写真を載せるぞぉ〜!」と思ってもいざとなるとうまく撮影できないことって多いですね。

そこで、スマホで花火をきれいに撮影するポイントをまとめてみました。

スマホで花火をキレイに撮るための事前準備

早めに会場に行ってベストな撮影場所を確保!

どんなに写真撮影に慣れている人でも場所が悪かったらおしまいです。

写真を撮る際に邪魔となる「樹木」「背の高い人」がいない場所をゲットしましょう。

また、花火の打ち上げ場所から風北になるスポットを選ぶことも大切です。

なぜなら、煙がすごくて目が痛いなんてことになったら写真どころではありません。

ピントを固定すること

夜間撮影は、シャッタースピードが遅くなるのでちょっと動くと手ぶれの原因となります。

必ずピントをしっかりと合わせたら動かないようにして下さい。

スマートフォン専用の三脚を使う!

最近では、スマホ用の三脚も販売されています。

固定して撮影できるので手ぶれ防止となり便利です。

スマホで花火をキレイに撮る方法

  1. ISOを調整しておくこと
    ISO(アイエスオー)とは、光をどのくらい取り入れるかということです。高く設定すると明るい画像になる反面、画質が荒く汚いというデメリットもあります。逆に感度を低くすると暗い写真となりますが、画像がクリアーとなる良い面もあるのです。メインとなる花火をきれいに撮影するためにISOは、一番低い数値100で設定しましょう。100にできない場合は、お手持ちのスマホの最低値にして下さい。
  2. HDRモードをオフにすること
    花火のように動くものを撮影する時のブレを防止するためです。
  3. ズーム機能は使用しないこと
    花火を大きく見せたい場合には、撮影後にトリミング加工した方が断然きれいに見えます。
  4. フラッシュ機能は効果なし!
    夜だからフラッシュを使う方もいます。しかし、この機能を利用してもなんのメリットもありません。それどころか、電池を消耗してしまうだけです。
  5. 連写モードを使う
    打ち上がるタイミングに合わせてシャッターを押してもイマイチなんてことも…。
    そこで連写機能を使いましょう!奇跡的にすばらしい写真が撮れる事もあります。
  6. 花火モード・夜景モードを使う
    機種により異なりますが、「花火・夜景」モードが搭載されているスマホの場合には事前に設定しておきましょう。
  7. 明るさ調整をマイナスにしておく
    せっかく撮影しても花火の部分が、白くぼやけてしまうことってありますね。マイナスに明るさをしておくだけで白飛びを防止できます。
  8. ホワイトバランスを太陽光に設定する
  9. 花火が夜空に開く前にシャッターを押す
    シャッターを押しても撮影までに数秒タイムラグができます。花火が開くと同時に撮影をしてもせっかくのベストタイミングをのがしてしまうことに…。気持ち早めにを心がけましょう。

さらに、便利なアプリもありますので早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

アプリ機能を利用しよう

iPhoneの場合

Androidの場合

まとめ


スマホの写真撮影機能もかなり性能が上がっています。

せっかくいい機能が付いているのですから、これを機会にぜひ利用してみましょう。

また、一瞬の間に打上がりパッと消えてしまう花火ですでから、撮影に慣れている人でもベストショットを撮るのは難しいと聞きます。

となると素人の私達には、かなり難関そうですね…。

なので、できるだけ枚数をたくさん撮ってお気に入りの写真を選ぶ方が早いと言えます。

いざ写真を撮ろうと思ったら「電池切れだった…」ということがないように気を付けましょう。

頑張って記念に残る花火の写真を撮影して来て下さい。