カリマーのリッジ30 タイプ1(旧型)の口コミ!使ったのでレビューします

登山やトレッキングを趣味としている人なら知っているであろうカリマーのリッジ30のタイプ1というザックの旧型を購入したのでレビューします。

口コミをお探しの方の参考になれば幸いです。

カリマー リッジ30 タイプ1の旧型を購入した理由

新型は丸みをおびていて天蓋が大きくなっているのですが、旧型は新型に比べてベルトが付いていてアクセントになっていて見た目のかっこよさがあります。

天蓋にベルトがあることでテン泊や小屋泊をするときにも使えるシートを装備することもできます。

重さは新型に比べて200gほど重いですが、今の時代、見た目は機能性に勝るとも劣らず商品を選ぶ人にとってとても重要な判断要素となっています。

カリマーのリッジはカラーバリエーションも豊富で老若男女が抵抗なく使用できるザックだと思います。

カリマーのリッジ30 タイプ1の背面

背面を見てみるとパッドが体にフィットしやすいように配置されていて実際背負って歩いていても一体感があり背負い心地がとてもいいです。

登山をしているとどうしても汗をかいてしまい背中の蒸れに嫌悪感を抱いていましたが、メッシュなので蒸れが少なく、それが解消されて心地よく山を歩けます。

背面長の調整はできませんが、タイプ1とタイプ2で背面の長さが違うので自分にあった方を選ぶと良いです。

私は以前背面長調整のできるザックを使用していましたが結局カリマーのリッジを背負ったときのフィット感に感動してこちらを愛用しています。

カリマー リッジ30 タイプ1の旧型のサイドポケット

スポンサーリンク

サイドポケットには500mlのペットボトルがすっぽり入るくらいのサイズになっているのでザックを下ろさなくても出し入れが簡単にできます。

両側についているので片方に飲料、もう片方に食料や手袋、日焼け止めなど出し入れをよくするものをいれておくこともできます。

カリマー リッジ30 タイプ1の旧型のウエストベルト

ウエストベルトは骨盤を包み込むように大きくクッションもよく作られていて私はそのフィット感にも惹かれました。

今までウエストベルトのクッションが薄く、腰で重さを支える感じがあまり実感できず、骨盤が痛くなることがありました。

しかし、こちらを使用してからは腰と肩でザックの重さを分散している感じがして体との一体感をとても感じられます。

そしてウエストベルトにある左右のポケットも魅力的です。

私は飴やチョコなどの行動食の軽食を入れたり、デジカメを入れたりしてかなり重宝していますので収納に関してこのポケットがなかったらと思うと恐ろしくなります。

天蓋も使いやすさに優れている

天蓋には収納箇所が二箇所ついていて、一箇所は天蓋を開けなくても直接外から収納スペースにアクセスすることが可能になっています。

そこはメッシュになっていて何が入っているのか内側からもわかるようになっていて、内外部からアクセス可能なので便利です。

天蓋のスペースは新型のヘルメットが収まるのに比べたら特に大きくもなく帽子ひとつが入るくらいの広さになっています。

まとめ

日帰り登山には不自由なく大きすぎずまさに最適なザックです。

収納も形も申し分なくて私はかなりおすすめです。

素材も頑丈で価格も特別高くないので一度お店で背負ってフィッティング感に感動して、山を歩いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です